‘浅野和三郎’ タグのついている投稿

霊査事例: 2004年7月5日

2004/07/05

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

 「穏やかな一日」と見えます。それは昔からあなたの憧れであり、しかし、手に入れても持てあましてしまう幻想的な願望でした。

 しかし、気がつけばあなたはそれを手に入れています。

 ……整体で教える「肩こり解消法」の一つに、思い切り肩を緊張させ……そして弛める、というのがあります。ほぐそうと一生懸命になるとかえって緊張するが、緊張させて放すと緩みやすい。

 あなたは苦労を無駄にしなかったようです。苦労してからホッとする。それがあなたの穏やかさをもたらしたのです。

 さて、話題は変わります。ご両親から同居を求められても、すぐには回答しないこと。いえ、同居はいずれ必要です。でも、あわてるとあなたが報われない苦労をします。

事例2

 あなたはよく頑張っています。努力は困苦を跳ね返す……しかし、物事には終りがつきものです。人生という一本の絵巻には、初めがあり、終りがあります。そして、あなたの欠点を形作る第一は、全体を見失いがちなことです。

 今を大事にする。それは素晴らしく甘美で、しかし、無益です。最後に笑えなければすべてが不幸になる。……必要なのは霊感ではなく配慮です。くれぐれも全体を見失わぬように。そして、行動は常に最終段階を想定して行うことです。

事例3

 壁が見えます。一見柔らかそうに見えて、でも、あなたには飛び込む勇気がない。問題は自信を損失していることです。あなたは決して無能ではありません。ただ、あなたは自分の生かしどころを間違っている。

 我慢すること、努力すること、それが努力だと思っている。違うのです。楽しむことにこそ実力を十二分に発揮する為の秘策が隠れているのです。

事例4

 あなたは一見不遇です。でも、本当に不遇なのは、あなたの理想です。

 家族を守ること、そして、実力を発揮すること。

 あなたの理想はどちらなのでしょうか? 

 その迷いがいつまでもあなたを煮え切らぬ状況に置いています。このような状況は、非常に、そう非常にあなたにとって不幸です。なぜなら、煮え切らぬ思いが思わぬ逆流を遂げるからです。

 こういう時期には災難が多発します。誰が祟るのでもなく、あなた自身の努力と思いが食い違うからです。

事例5

 人を想うことと、人から想われることは別問題です。あなたがよかれと思うことが相手にとって良いとは限りません。あなたも又食い違いから苦しみや悲しみ、そして別離を生み出しつつあります。

 小知を棄てて大知に生きる。つまらぬ自分に押し込めぬ様になさって下さい。

事例6

 真剣に精神統一しているあなたが見えます。いろいろと、一通り試してやはりあなたは精神統一に帰る。何が何でも心霊の勉強をせよなどとは申しません。あの世のことはあの世で学べばよろしい。ただ、今のあなたが、あの世につまらぬ負債を持ち込まぬようにするために必要なこと。それを学ぶことが大切です。

 偏見をせぬ事、期待をせぬ事、ただ、あるがままに。……そして、無理は続かぬ事と覚悟すること。一年、二年はつまらぬように見えても、十年二十年で考えれば報われます。これは心霊学ではなく、音楽や、料理や、その他諸々に当て嵌まること。

 真理とは、すべてに共通する智慧なのです。あなたが人生を楽しめなければ、心霊学も退屈です。

 「不平、不満は、くだらぬからではなく、良さを知らぬから」……あなたの座右に、この言葉を置いて下さい。


霊査事例: 2004年6月2日

2004/06/02

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


短気な総論

 季節柄、皆さん、身体にストレスが溜まっているようです。休みにはよく遊び、風呂で伸びをして、早めに寝る事です。

霊査事例1

 思い切り息を吐きながら、肩を上げ、息が続かなくなったら、とんと離す。 これをに三回繰り返して下さい。それから自分で肩を揉んでみる。

 柔らかくなっているはずです。大分。

 さらにげんこつで自分の頭をぐりぐりとしてみる。堅くなっているのに気がつくはずです。 しわが増えたとか、白髪が見つかった等と考えるよりも、重大なのが、凝りが抜けなくなった、堅さが戻らなくなったという事なのです。

 ここまではよろしいか?

 年寄りだから頭が固いのではなく、頭が固いから老化が早いのです。むろん、心の柔らかさを大切にしても、身体の老化は完全には止まりません。しかし、その努力は、老いてもなお好かれる人と、老いなくても嫌われる人の差なのです。

 老化を恐れるよりも、愛されなくなる事、心の柔軟を失う事の方が大問題と知って下さい。それに気がつけば、私たちがあなたの何を大切にしているかを理解しやすい事と思います。

霊査事例2

 無駄な努力を棄てる。それを達観などといいます。

 疲れ果てれば否応なく達観しますが、あなたは努力と工夫で達観を遅らせたがります。でも、精神統一の修行とは、疲れ果てる前に達観する事を目指しているとは思いませんか。

 あなたの眼前にはなるほど困苦の森林が広がっているかも知れません。でも、あなたが正しい方向に進んでいるなら、きっと力強い助力が得られる。そうは思いませんか?

 あなたにとって、努力とは、守護霊・祖霊の力を借りない事のようです。

霊査事例3

 ネズミが見えます。あなたの部屋の真ん中で、えさをむさぼっている姿。

 それはつまり、ついつい姑息な生き方の中に大義を見いだそうとしているけれど、実は自分の生活の心配をしているだけという事です。

 勝手に生きて良いというのではなく、もっと胸を張って生きて良いのです。たとえネズミであろうとも、神の被造物に違いはないのですから。

霊査事例4

 あなたの心の中にも、まだまだ沢山の、言い訳が潜んでいます。どんな立派な行為をしても、下手な言い訳がすべてを台無しにしてしまう事もあります。反対に、大きな失敗を言い訳もなく受け止めて評価される事もあります。

 たとえ拙くても最善を尽くす。ほら、あなただって我が子にそういっているでしょう。なぜ自分では出来ないのですか。それではいずれ、我が子と目が合わせられなくなりますよ。かわいい子なのに、その目を見つめられないなら寂しいではありませんか。

霊査事例5

 小声で、早口に、コチョコチョいうのは止めましょう。日常でそういう話し方が多いから、あなたの言葉が背後に注目されないのです。あなたは自分の心を表現する事が下手だと自認しています。そして、その練習方法が見つからずにもいます。

 自分の心を表現する事を棚上げして、自分が目にした事実を言葉にする練習を始めたらどうですか。たとえば、霊査事例さんと一緒に目にした物を短く簡潔にそして興味深く表現する事を競うとか。

 良いコミュニケーションになりますよ。

霊査事例6

 肩こりや疲労を肉体だけのものと思ってはなりません。よほど寝不足でもない限り、幾晩も疲れがとれぬほど疲労する事は人間には出来ないのです。

 あなたの肩こりの原因は、疲労というより、明日への緊張がもたらすものです。自分の苦労を良く分析してみる事です。必ず活路は開けます。


1月14日

2004/01/10

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


 整体術の大家が若い頃、淺野和三郎氏の心霊実験会に参加して、心霊に幻滅したのだとか。

「確かに不思議だ。でも闇夜をボールが飛び回ったりすることで人が幸せになるのだろうか?」

結局、この方は、ご自分の霊能力(表向きは否定している)を健康法の追求にのみ用いた。

 我が師のお嬢さんなども、米国で精神統一会に参加したけれど、余り長くは通わなかったとのこと。私は指摘しました。「背後にこういう霊がついている、等という霊査ばかりではつまらなくなるのでしょう。」……師も不承不承、頷いていました。

 霊なんて観たって幸せにはなりません。背後にどんな霊がついていようが、自分が変わらなければ幸せにはなりません。

 皆様は何を楽しみに心霊を学ぶのでしょうか? 楽しみ方には数限りありませんが、こう分類してみて下さい。自分の外にある楽しみと、中にある楽しみです。そして、外にある楽しみは容易に失われ、中にある楽しみは人が奪うことは出来ません。

 皆様は、奪われぬ楽しみをお持ちでしょうか? それを持たぬ限り、「幸せで楽しい人生」が、実は奪われぬ間の一種の幻想に過ぎぬ事となります。

「精神統一は大切だ、それはよく分かる。でも精神統一が何か、それがよく分からない」

 自分の中に幸せがあるなら、黙って座っているだけの精神統一の中にも楽しみが見いだせるはず。世の中に貧しさを嘆く人は大勢いますが、そういう人たちはみな、心の豊かさを潜在意識の奥深くにしまい込み、欲望の向こうに押しやって苦しんでいるのです。重要なのは精神統一の意義を見いだせないことではありません。自分の中にある幸せを見つけられずに、自分の外に幸せを追掛けているという事実なのです。それで果たして幸せになれましょうか?

 世の中や、家族などに不平不満を募らせる。これらはみな、自分の幸せを外に求めて、報われないからではありませんか。……そのような生き方がいつか報われると思いますか?

 確かに、霊界には無償の奉仕の精神が渦巻いています。しかし、魂同士の連携・感応には共感という必然があります。すなわち、あなたが自分の幸せのために人に奉仕する気持ちがなければ、あなたを助ける霊が働けないのが心霊知識の教える所です。

 すなわち、あなたがより強く助けられたいなら、まず、あなたの内面を磨く必要があるのです。

廬氏より

 あなたはまず、冷たい水で顔を冷やし、心身が引き締まることを待つべきである。

 おもむろに深い精神統一を目指す必要はない。ただ、自分を救わんとする霊達が働きやすいようにエゴを僅かに横にそらせばよいのである。

 ある者は座して救われることに罪悪感を覚え、ある者は自己の悟りを過信する。だが、人一人の力は所詮僅かである。

 私は死して知った。生前の私の心身を満たしていた気力は、私の魂の産物ではなく、私の魂を好む者達の力の結集であることを。あなた方は知らない。あなたの人生があなただけのものであるなら、それは世にもみすぼらしい人生に過ぎぬ事を。あなたの生き方が、志を同じくする魂の集いの場となってこそ、あなたの人生は世に輝きをもたらすのである。

 あなたは救われるのではなく、また救うのでもない。ただ、共に働くのである。そこに罪悪感の働くべき余地はない。何となれば、あなたは社会に寄与し、そして多くの善意があなたの幸せに寄与するからである。あなたの善意がたとえ不純物を混じらせようと、社会全体の善良なる働きに溶けて一体となっていくなら、あなたは恥じる必要もなく、気負う必要もないのだ。

霊査事例1

 あなたは舌足らずなのではない。表現が下手だと己をせめるべきではない。何となれば、世の中に必要とされるのは弁舌ではなく行為である。あなたは生前、行為で人を救うよりも、歌舞や祝詞で人を救わんとしてきた。それは虚飾である。偽善である。あなたは今、本当に必要な方法で世に向けて働くことを求められている。それは制約にも思えるが、あなたの人生の科せられた明白な課題でもある。

 納得が行かぬのは、誤っていた前世のやり方を、今生でも用いようとするからである。無心になって必要なことを行え。あなたは必要な力を持って生まれてきたのだから。

霊査事例2

 あなたは大変に頭の良い人である。だがなぜ、肝腎な事実が見えぬのか。それはただ、あなたがつまらぬ一個の人間の視点の奴隷になっているからである。

 確かにあなたは逼塞している。それは辛い事実である。だが、なにゆえに逼塞しているのか。そこに会社の持つ限界があり、限界とはすなわち弱点である。そして弱点はつけ込んでこそ勝利が得られるのである。あなたは会社の中にあって不平不満を抱いている。だがそれは、会社の持つ弱点に触れずに居てのことではないか。

 会社はあなたよりも大きく強いのだから、あなたが懸命にその弱点をついた所で、会社に押しつぶされるのが落ちであろう。そんなことは分かり切っている。まして、会社がつぶれては意味もない。だが、敵の弱点は勝利の糸口であり、味方の弱点は立身出世の糸口なのである。

 あなたは人に使われて働くことの意義を見失っている。誰もが給料分だけ働けば会社はつぶれてしまうのである。会社が発展するのは、みなが給料以上の働きをしてこそなのだ。たとえ平社員でも社長のつもりで会社を思って悪いはずもない。イヤ、そのぐらいのつもりが無ければ、在籍していても素浪人である。

霊査事例3

 よい。少々、小姑が出ているが、大したことではない。誰もがあなたのことを少し口うるさいと思っているが、誰もあなたを嫌っていない。しかも、気がつけば困った時にあなたの言葉を反芻している。

 もしもあなたの有益さが、みなから感謝されているのならば、その感謝の念であなたの善行はチャラになる。すぐに報酬が得られる仕事は誰にでもやりやすい仕事である。だが、誰もがあなたを必要としているのに、だれもがその事実に気がついていないというのは、あなたはより多くの霊的報酬を受けられるということである。

 強いていうなら、あなたも又、雑念の影響を受けやすい人だ。構わぬ事である。

霊査事例4

 様々な気持ちが去来する。あなたの人生に多くの後悔がつきまとうことは見て取れる。それをいやす言葉を私は持ち合わせない。だが、これだけは事実である。あなたは多くの人から頼られ、また、多くの人から仲間として認められている。●●(事例3)氏へのメッセージにもあるように、自然な有益さは他人からはなかなか評価されないが、しかし、これほど人々の心にしみこむ力は外にないものである。

 あなたの心は善であり、あなたは善を行おうとしている。あなたにとって辛辣な霊的メッセージも訪れただろうが、それはあなたの魂の品性が招いたことではなく、あなたの迷いが招き寄せた、戯言に過ぎない。

 とまれ、より強き善はより強き試練を招く。それは、神の心が険しいが故ではなく、より強き魂が、より激しき試練を求めるが故である。

 挑戦に失敗はつきものだ。だが、一時の失敗はより大きな成功を得るための準備に過ぎない。あなたが不幸と感じるものは、ただ、僅か100年前後の短い期間で物事を判断するからである。

 多くの人は、より些細、より単純な理由で不幸を味わう。あなたの苦悩と努力は決して少ないものではないが、より僅かな苦悩と努力で、世をのろい、神仏を恨む人と比べて、あなたはより自分を信じられるだけ幸せではないか。

 世に、不幸になるために不幸なものは多い。だが、あなたがたは、幸せになるために不幸を得たのである。その不幸は永遠には続かない。共に幸せを掴めなくても、いずれは互いに幸せを得るのである。

霊査事例5

 あなたは懸命に人のために生きる。これほど人のために生きられる者は、世の中にそう多くはない。あなたはその事を誇りに思って良い。あなたの霊界にいる家族達は、実際に誇りに思っているのだ。

 だが、あなたの人生はあなたの為のものである。 あなたはまず、自分の人生を達成せねばならない。

 あなたがもしも、人の為に努力して、結果、自分の運命を呪うなら、それはあなたの努力が間違っていると神に知らしめるようなものである。顧みよ。人の為に尽くして幸せを感じられぬなら、それは善行を施しているのではなく、己が善行を相手に押し売りしているのだ。

霊査事例6

 あなたは今、ささやかな幸せに浸っている。その判断は決して間違えではない。しかし、かつてのあなたならば、今のあなたの幸せを「自己満足」と嘲ったことだろう。

 あなたは有能な人である。それ故に周囲の誰もが愚かに見えて仕方がなかった。結局、その周囲を侮蔑する心が、人並みの幸せを得ても己を惨めにしていたのである。

 今、ようやくあなたは人並みの幸せを楽しむことを覚え始めた。今までのあなたが、当たり前の人を見てもどかしく思えたことを思い起こせば……あなたは人並みの幸せに不平不満が生じるのはむしろ当たり前と理解できよう。それがすなわち、貧乏神と呼ばれる憑依霊である。己が分よりも多くを求めたら、足りないのは当たり前なのだから。

 今のあなたは、あなたにとって認めがたいかも知れないが、しかし、世間一般よりも幸せである。その事実を否定するものは、すべて、その貧乏神の働きである。

 決して争わず、しかし、迎合してはならない。


お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
8月 2019
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
9月 2019
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト