‘死を惜しむ’ タグのついている投稿

死別の悲しみ

2006/12/01

2006年12月01日


たとえば、あなたが誰かから延々と愚痴を聞かされているとする。苦痛ではあっても、あなたは耐えて聞き続けるだろう。だが、愚痴話に忍耐は通用しても、生理的欲求には敵わない。……中座してトイレに行こうとした途端に罵声を浴びせられる。

「私をおいて逃げるのか!!」

いやな話に誠実に付き合っていたのに、トイレに行くだけで詰られるのか? それはあまりに不誠実な態度ではないか!!

・・・・・・・・

または、たまたま耐え難い出来事があって、いつも愚痴を聞かされている友人にこの時ばかりは聞き役を変わってもらい、つい自分の愚痴をこぼした時に……

「ああ嫌、愚痴なんて聞きたくないわ!!」……と拒絶されたら?

今まで散々愚痴を聞かせておいて、自分は聞きたくないなんて、身勝手じゃないか!!

・・・・・・・・

『自分もつらいが、相手にも余裕がないのだろう。』……理性はそう受け止めることができても、感情が収まらない。もっともこの場合は、興奮物質であるアドレナリンが体内を駆け巡って、行動的になっている、つまり何らかの発散を必要としている生理状態というだけなのだが、ほとんどの人はこの状態を『正義の怒り』と解釈して報復することを正当化してしまう。

まあ、その腹立ちは別な話題として脇に置くが、少なくとも自分が誠意をつくしている相手が、不誠実な態度をとるのはとても裏切られた気がして、それまで抱いていた好意がいっぺんに吹き飛びかねないものだ。

そうであろう? 誠意をつくすのは相手にも誠意を期待するからだ。たとえ相手が裏切っても自分は誠意をつくすというのは、人としては立派な態度かもしれないが、大人が子供を接するかのような視点であって、つまり相手を見下している。……やむをえないかもしれないが。

話が回りくどくて申し訳ないが、私がここで指摘したいのは、

好意があればこそ、相手を強く嫌う状況も生じる。ということだ。

たとえば、嫌いな相手が(いたとして)、延々と愚痴をこぼしているとする。それは面倒ではあっても、また、顔に出すことはできなくても、同時に愉快なことではないか? 敵の敵は味方なのだから。つまり、嫌いな相手ならば苦にならないが、好む相手から受けると、耐え難い苦痛があるのだ。

そして、自分が不快に思うことなら、他の誰かにそれを味合わせないようにすべきであろう。

・・・・・・・・

よんどころのない事情があって、立ち去らざるを得ない……後ろ髪引かれる思いである。離れがたい気持ちは同じであるし、できればそのまま残りたい気持ちもあるのに、残された者が嘆き、悲しみ、苦悶する。

去らなければならないことに、自分自身が泣きたいのに、残された者が泣き叫んでいては、まるで立ち去ることを詰られているようではないか。

好まずとも……去らねばならぬのである、なのにどうして行く先の無事を祈ってくれないのか? 残され、別離を嘆くものから見れば、行く先などというのは想像もつかないかもしれない。だが、行く者にとって、行く先とは目の背けようのない現実なのである。

人は現実を目にすれば覚悟が生じるが、現実から目を背けたい人はいくら泣いても覚悟は生じない。つまり、行く者と、残される者との間には大きな認識の差がある。

・・・・・・・

論じてきたのは他でもない。「死別の悲しみ」の害である。

嘆いて何が悪いか? それが人情ではないか。・・・・・・確かに。だがそれがどれほど身勝手な人情であるのか。

逝く者から見れば失われる肉体よりもはるかに永続性のある、つまりはより実感のある現実が、死後の世界であるのに、残された者どもは死者を哀れむのである。本当に哀れなのは、行く先の豊かさを知らずに生きている人間であるのに。

・・・・・・・

もっとも、あの世の現実以前に、この世で身勝手さの報いを受けるかもしれないが。


老衰・死の準備

2006/11/16

ペットの安楽死

2006年11月16日


老衰で死に瀕している、ペットについての相談を受けた。……何とかしたい。それが情である。だが、老いは巻き戻すことが出来ない。長生きさせようとするのは、つまり、老衰の苦しみを長引かせるということだ。

……引き留めるな。と私は思う。情は解る。だが、老いは巻き戻せないという理を理解すべきである。少なくとも現実と妥協すべきだ。

生きているものはいずれ死ぬ。死したるものはいずれ生まれくる。変化は自然であって不変こそが不自然だ。だが、人は不変を求める。永遠を求める。自然に反して不自然を尊ぶ。その不自然さこそが苦しみの源泉であるのに。

生は苦である……それがすべてではないが、それが現実でもある。

愛情を注ぎ、幸せを願っていればこそ長く幸せに生きてくれと願う。だが、それが本当の優しさであるのか? 相手のことを思っているのか、それとも相手に執着をしているのか?……と、私は問題提起する。

すると、次の問題が生じる。

老いて苦しむだけのペットに何をしてやれるのか?……安楽死という選択はどんなものであろう。

……老衰の苦しみは人生に伴う責任の内である。無駄な苦しみはせずとも良い。だが、責任を逃れは苦しみは来世に持ち越すことになる。

そもそも、野生動物は老衰に至る前に寿命が尽きる。人に飼われているペットは安逸な日常の代償として老衰の苦しみを味わうのである。……生のツケ、長生きのツケを支払うのである。支払えるのはまだ幸せだ。いずれ支払わなければならないのであれば。

老いて苦しんでいるペットは哀れむべき存在ではない。苦しんでも死を投げ出さないその生を誇りに思うべきなのである。一生懸命に生きているのに、人は勝手に安楽死などという事を考える。

ペットの安楽死は、話題にしやすい。だが、本当の話題は……人も老いる。誰もが老いる。そして誰もが死ぬのである。


死の準備

2006年11月17日

人はいずれ死と直面する。だが人は、死の何を知るだろう?

私たち心霊家は、死後の生活を研究している。……研究と呼ぶにはあまりに主観的な方法かも知れないが……だが、悲しむべきかな。主観的な研究は、主観的な心に支配されがちだ。

死後の生活の楽しさには関心が向くが、その生活を得るためには死を乗り越えなければならないことを充分に理解している人がどれだけいるだろう?

つまり……死の準備の出来ている人が?

死の準備が出来ている……そう聞いた人がどう受け止めるか?

以前オフ会で、「私は殴られても腹が立たないが……」と言いかけたところ、すかさず参加者から、「じゃあ、蹴っ飛ばしてみて良いですか?」と突っ込まれた。彼は言葉の一部だけで判断を下している。私は殴られるよりも腹が立つことがあると指摘したかったのだ。それは「悪意」である。つまり、悪意無くぶつかったというのであれば、私は腹を立てぬだろうが、悪意があるなら実際に殴られなくても私は相手を敵と見なすだろう。

大抵の人は、相手の行為で善し悪しを判断する。だが行為は結果に過ぎない。人を善くするのも、悪くするのもその心である。そして残念なことに善き動機が悪い結果をもたらすことも無いとはいえない。いや、多くの人々は思わぬ結果に言い訳を飲み込んだ経験を数多く持っているのではないか?

行為や結果で人を見るのは正しい分析法ではない。だが、誰が人の心の真相を判断できようか? 有力な霊媒だからといって……人の心は安易に把握できるような単純なものではないのだ。結局、人は不確実な簡便式検査法に頼らずにはいられないのだ。

死の準備とは、死の恐怖を克服したとか、死後生の知識を充分に得たとか、そういうことを言うのではない。何となれば、怖くないといったところで実際に死に直面して平然といられるかどうか、どう試せるというのだろう? そして死後生の知識が実際に役に立つのかどうか?

座学だけで実技を避けている人ならば、なおのこと、言うに足りぬと思うべきだろう。

・・・・・・・

私のいう、準備とは、死後の生に地上の生を持ち込まぬ覚悟である。

死後の世界でも飲食できる、死後の世界でも娯楽がある、死後の世界でも恋愛できる、死後の世界でも夫婦は一緒だ……地上と一緒だ!、という考え方が死後の準備の無いことを表わす。

郷に入っては郷に従え……あの世にはあの世のライフスタイルがあるはず。だが地上の生き方を持ち込もうというのでは、あの世で軋轢を感じはしないか。

昔は良かった……過去を引きずる。

どうしてあんなことをしてしまったのだろう?……過去を引きずる。

誰も私のことを~~……依存心と責任転嫁。

寂しい……依存心。

まるで境遇に従わないで、不平不満をいう。境遇を生かさずに境遇に殺される生き方というべきだ。これでは変化が不幸に繋がる。……生から死へ移ることで不幸になるなら何のために死語の勉強をするのか。心霊を学ぶのであれば、生から死へ移ることでさらに幸せになるべきではないか。

死後には、死後に相応しい生き方をする。……それが私のいうところの、死の覚悟である。むろん、死の恐怖も乗り越えられるなら乗り越えた方がよいだろう。だが、吃驚するのまで克服するのは、精神的向上というより生理的な故障と見るべきではないか。

だが、死後に相応しい生き方をするどころか、……今現在の地上の生の中ですら「判っているけどなかなか変えられないよねぇ」などと業の深さを言い訳しているのであれば、それは死の準備どころか、生を全うする準備もあるようには見えない。結局、与えられた目的を人生で達成するための、準備段階の生、生きることに慣れるための生を歩む人なのだろう。


愛猫・逝く

2006年11月22日

 

知人の飼い猫が亡くなった。老衰と病気とで弱っていたが、友人の脇で寝ていた愛猫は、友人が目覚めたときには、すでに息を引き取っていたという。

人によっては、「たかが猫」。別な人にとっては、「ペット・ロス」なる大問題に見えるだろう。

読み手の時間を節約するために事前に書くが、当稿は、「ペット・ロス」への癒しは眼中にない。

・・・・・・・・

友人は結局、安楽死を選ばなかった。苦しむ愛猫の姿を見ることはとても辛かったことと思う。だが、努力を尽せば、結果が悪くても後悔は薄い。

「もしもあの時……」という、妄想の余地が少ないからだ。

いや、死別の悲しみよりも、「充分苦しんだのだから、後はゆっくりお休み」という気になるのだろう。

それこそが生である。全ての生き物は死を免れないが、全ての生き物は死ぬために生まれてきたのではない。生きるために生まれてきたのだ……死のその時まで。死ぬために生まれてきたのであれば安楽死も幸福に思えるだろうが……。

なるほど価値観は人の数だけある。だが、スポーツにたとえてみよう。勝ち目がないからと言って試合を放棄したら、その選手は何と評価されるだろうか?

逃げるのも戦略の内? 確かにそうだ。だがそれで観客が集まるか? 少なくともプロスポーツは観客無くして成り立たない。そしてアマチュアスポーツを成立させるためには、他に収入がなければなるまい。

逃げるなら勝手にしろ……無駄に思えても努力するから支える者が表われるのだ。

無駄な苦しみに思えても、懸命に生きている者は賞賛されるべきだ。……いかなる言い分があるとしても、負けと逃げとは評価はまったく異なるのである。

・・・・・・・

だが、友人は、愛猫の死を看取れなかったことを残念に思っているらしい。だが違うのだ。

燃え尽きて逝った者には穢れがない。……くだらぬ比喩ではあるが、度数の残っているプリペイドカードを紛失したとしよう。失えば諦めるほか無いのに、あれがあれば、と、残念に思わずにいられようか? だが、度数が無ければ、プリペイドカードなど、ただのゴミに過ぎず、未練も何もあったものではない。

つまり、寿命の尽きる前に死んだ者には念が残る……残念、つまり未練が残るが、寿命が尽きたものには念が残らぬのである。

未練の残る者であれば、死後に浄化が必要で、供養などを要求するかも知れない。まあ、供養を要求する猫というのは聞いたことがないが……だが、未練がなければ、一体何を必要とするのだろう?

浄化が必要で、誰かの助けなくして死ねぬのであれば、愛猫も飼い主を起したかも知れない。または死にきれずに飼い主が目覚めるまで生きていたかも知れない。……だが、助けを必要としないほどに、穏やかな死に方だったらどうか?

ひっそりと死ぬことは、飼い主に何の義務や責任の無いことの証と受取るべきなのである。

この友人が、以前、お父様を亡くされたとき、随分と長いこと、泣き言を言っていたことを思い出す。お父様も、朝、目覚めたときには息を引き取っていたのだった。

残された者にとってみれば、息を引き取る直前まで何彼と世話を焼きたいのが人情かも知れない。だが、特別な事情のない限り……世話を受けなければ死ねないのは、心霊家にとっていささか面目のない死に方かも知れない。

私は思う。静かに逝けたのは、天の祝福であって、後は何も心配がないという証であると。そういう死別の在り方は、人情として寂しいかも知れないが、無事に送れたことを誇りに思うべきだろう。


泣き喚いて引き留め、愛する者が死んでもなお、いつまでも未練を口にし、仏事に金をかけて愛する者の浄化を祈る……だが未練は相応す。相手の幸せを祈ると言いながら、実は未練で地上に縛り上げている独善的供養は、死者にとって地獄である。


もう一度地上に降りられるなら

2006/11/11

2006年11月11日


ある霊が語る。

 

「もしも、もう一度、地上に降りられるなら。

私は大きな声で歌う。

皆さんありがとう!

私を愛してくれて……

皆さんありがとう!

私と共にいてくれて……」

「私はとても幸せでした。

ただ、心残りは、

皆にもっと『ありがとう』と言いたかった。

『愛している』と言いたかった。

『言葉だけか』といわれても、私に出来ることはそれだけだから。」

「ありがとう。そして、さようなら。」


「ありがとう。そして、さようなら。」――この言葉に違和感を感じる。言葉にすれば単なる挨拶であるが、何か違う。

明白なのは、『また逢いましょう』がない。まあ、私宛のメッセージであるというなら、再会の意志が無いだけとも言えるが……

彼女は上がっていくのだ。後ろを振り向かずに。

振り向かずに進む、その決意ゆえに、再会の機会が残るとしても、決別の言葉を残したのだ。


どこに在るのが幸せか

2006/11/10

2006年11月10日


神の御許へ、いざ帰らんとする者を引き留める。

神の御許よりも、あなたの許にいる方が幸せだというのか?

さらなる生を祈る先はいずこ?

神の御許へ行くことを拒みながら、その神に祈る。

命は大切なもの……その言葉の蔭に動いているのはエゴではないか?

大切なのは生死にあらずして、それぞれが果たすべき勤めを、その時々に果たすこと。

人の勤めをおろそかにして、生死輪廻の自然を拒む。……そこに罪があるから人は苦しむ。

死が不幸なのではなく、残された人の心に不幸がある。


逝く者を案じる人へ

2006/11/09

逝く者を案じる人へ

2006年11月09日


死したる者は再生するのが自然。

生まれてきた者は帰幽するのが自然なのです。

あなたが案じるその人も、そしていずれはあなた自身も、帰幽とは生まれてきた者が必ず辿る自然の摂理なのです。その自然の摂理に抗おうとするところにあなたの苦悩の源泉があります。いわば、自然の流れに押しつぶされているのが、あなたの苦悩なのです。

老いてもなお、病んでもなお、日々衰えていく肉体に縛り付けられることは決して幸せではありません。執着は、あるべき姿を遅らせるだけのこと、その不自然な在り方が肉体に苦しみを与えます。そして死が遅れればそれだけ再生の営みもまた遅れるのです。

あなたは病む者、老い行く者に同情し、長寿を乞うています。でもそれは、相手の魂をおもんばかってのことではなく、ただ、あなたがその繋がりに執着しているだけのことです。いわば、あなたは相手の魂の居場所、来世の在り方に同情する事を忘れているかのようです。

それぞれの魂には、それぞれの勤めがあり、その勤めを果たさずにはどんなに苦しくても死を選ぶわけには参りません。敢えてそれを曲げようとすれば地上の苦しみの何倍もの償いを、死後に背負うことになります。……ならばこそ、それぞれが果たすべき勤めをきちんと果たせるように助け合うことこそが互いの幸せの道なのです。

別離は悲しい、別離は苦しい、別離は嫌だ……確かにそうでしょう。しかし、あなたにとって心地よい答が、相手にとって最善の答とは限りません。

生き物は皆、老い、そして死んでいきます。そして、再生の気力を失うほど生きることに執着するのは業《カルマ》でしかありません。

人は永遠の生を生きる。ならばこそ、目先の生死よりもその時々の勤めをきちんと果たす、その一つ一つの過程こそが大切になるのです。

しかし、誰かが老い、死ぬその一方で、日々新たな生命も生まれているのです。死に行く者に気取られて、生まれくる命から目を背けては、人として暗いものがあります。


生きる者は死を免れることが出来ない……何のために生まれてきたのか、その理由を探求することなく、ただ生の快楽と苦痛との間を行き来している者は、目前に迫った死を恐れるようになります。果たすべき勤めを疎かにする者は、背後の霊達の支持が得られぬからです。

霊的な孤独こそが、人に不安をもたらします。……魂の孤独と、直面して生きる現代人が、何とも理解しがたい摂理です。


愛別離苦

2006年11月11日

 

人は永遠の生を生きているかも知れない。だが、地上の法や倫理は、人は死ぬことを前提としている。

たとえば、伴侶、または、恋人と死別した場合、新たな恋に落ちることや、生活上の必然から再婚することなどは、果たして心霊学徒にとって適切な態度であるのか。……相手にたいして不実はないか?

地上の関係

結論からいえば、人間、もしくは地上の法、いわば人間関係の分類法は単純・幼稚であって、ありていに言えば実態に合わない。

当人同士が永遠の愛を誓おうが、たちまち離婚するカップルもいるし、大袈裟なことの何もない見合い結婚でも長く連れ添う場合もある。神前で結婚しようが、婚姻届を提出しただけで終えようが、たとえ子供を何人なそうとも……男女の仲は情や都合の結果であって、永遠を保証された特別な関係とは限らない。

霊界でいう結婚とは、(ほぼ……)永遠の関係であるが、地上でいう結婚というのは永遠どころか、わずか百年前後の人生中ですら継続が危うい儚い関係が大半だろう。

「(いわば)神界の政庁」が認めた結婚であるか、そうでないのか……重要なのはその点であって、地上の法の元で認められた結婚ではさすがに判断の役には立たない。

情が絡む

さらに困るのは、地上の人間関係は大部分が情念に支配されている現実だ。たとえば霊的な繋がりがあるとしても、情念の高ぶりを感じることが出来ずにダラダラとした人間関係を続けた挙げ句、相手を失って始めてその価値を知るなどという愚かな流れもあるだろう。

反対に、置き去られてもなお、魂の繋がりのないことに気がつかぬ者もいる。相手の親切と繋がりとを誤解したり、相手の親切を下心と誤解する程度の繋がりもある。

人間の繋がりには様々要素があるわけだが、扱いにくいのは情念である。……いや、情念を重視する人、と指摘すべきか。負けず嫌いであるがゆえに、相手を追い掛けたり、相手を突き放したり。情念を表に出すと、誠実さが失われるのだが、情念の熱い人は往々(いや私の知る限り全て)、誠実さと情念とを取り違えているから困る。しつこいことを誠実と錯覚しているのである。

……いずれにせよ、他と霊的繋がり(つまり永遠の関係)がある人ならば、おそらくは静かにそれを信じようとする。だが、情念が支配するなら激しくそれを信じようとするだろう。……迷惑なほどに。

ケースバイケースだから

ケースバイケースだから、一件、一件について個別に回答しなければならないのだが、面倒なことに霊的繋がりの薄い人ほど情熱的に答を求め、霊的繋がりの強い人は誰かの手を煩わせようとはしないという矛盾がある。

だからこそ、個人的な問い合わせには返事をしたくない。答えなければならないなら、そもそも答は否定的なのである。

発端

伝えて……という声が聞こえる。

「それぞれの道を行きましょう。いずれどこかで道が交わるまで……」

霊的見解

霊的繋がりのある二人なら、因縁は当たり前のように分担を強いられる。当事者の意志とは関係なく……だが、霊的繋がりのない人であれば、一方が二人分の因縁を負担することも多い。

そう、因縁の働き方を見るだけで、神界がどういう立場で二人を扱っているかが見えることもある。その様な場合は、結果よりもむしろ過程が重視される。……言いにくいことだが、一つの試練であってゴールではなかった、そういう恋もあるのだ。実直な人には受け入れがたいことではあるが。

しかし、何事も初めがあり、終わりがある。……試練であるからと言って行き止まりだとは限らない。

大切なのは明日であり、どういう態度で明日に向かうのか、ということだ。


(さらに…)

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
1月 2020
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
2月 2020
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト