‘2017/08’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2017年8月11日、横浜勉強会

2017/08/11

事例1

  • 『春には春の、冬には冬の過ごし方があります。』・・・人それぞれ。です。
  • 『日々、生活中の修行。』
  • 『(配偶者の家族を)別世帯ではなく、家族という意識を。』・・・遠慮はアダになります。
  • 『遠くで頑張る子を、誇りに思う親もいるし、寄り添って生きる事を楽しみにする親もいる。』・・・内心の不平等感から、悪平等に拘るのでは無く、各々にふさわしい気配りをしましょう。

 

事例2

  • 『性格は身体にも宿る。大声を出すのは、どこかにしこりが生じる。』・・・人間関係にも、自分の身体にも。
  • 『帳尻が合う。それで上々。』・・・考えても仕方のない事をあれこれ考え、不平等だ、不幸だといっても仕方がない。逃げようと想えば、いくらでも逃げられる事を、逃げないのは当事者の覚悟。大切なのはどう応援するかだ。

 

 

事例3

  • 『頑張るよりも、出来る事をちゃんとやる。』・・・無理をして結果が出せないよりも、少しずつ結果を積み重ねていきましょう。

 

事例4

  • 『(周りと)一緒になって、(誰かを)バカにしない。』
  • 『終い(仕舞)に気をつける。』・・・終わりを想定して、物事を始めましょう。頑張ったけど出来なかった、では無く、少しでも結果を出していきましょう。

 

事例5

  • 『身体は動かしながら休む。』
  • 『眠いから寝るのでは無く、朝の良い目覚めの為に寝る。』・・・終い(目覚め)から逆算して睡眠を取るようにしましょう。

 

事例6

  • 『滝の水になったつもりで、腹の中まで水を通す。』
  • 『どんなに世の中が変るとも、人の集まりを「世の中」というのであれば、人のすべきことは変らない。』
  • 『終いを考える。 人はいつまで生きられるか知れぬし、健康でいられるかも知れぬ。だからそこは天に任せて、潔く生きよう。』・・・運命に対して、提案が大切なのです。私はコレが出来ます、という。
  • 『人々に好みはあれど、自分の好みを諦めずに済む幸せ。』
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
老研イベントリスト
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト