‘2016/02’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2016年2月14日 横浜勉強会

2016/02/14

 

事例1

着物(小袖?)を著た女性が見えて、いいます。

  • 『両立は案外何とかなります。』
  • 『日本には沢山の桜があります。遠出をしなくても近くの桜を訪ねて見ませんか?』・・・折角の春です。表に出ましょう。
  • 『春は眠りが浅くなりがち。体調はいずれ落ち着きます。不安に思うより、まずは春を楽しみなさい。』
  • 『自分を信じる道を歩みましょう。後悔を少なく生きる為に。』

着物には「あやめ」の花が描かれていました。

 

 

事例2

・・・もう少しリラックスして。見えにくいです。

  • 『良い、悪い、ではなく、やりとげるか、どうかです。』・・・失敗を恐れるより、失敗を利用する覚悟が大切です。
  • 『あなたにはまだ、伸びしろがあります。素晴らしい事です。』

 

事例3

  • 『怒っても何も解決しません。』・・・叱る時に、怒る必要はありません。
  • 『足らぬは工夫なり。』
  • 『極力、心を穢さぬように生きましょう。現象に心なし。』・・・悪い結果が出たとしても、それが悪意の結果とは限りません。悪い結果を覆す為の努力があなたには必要でしょうが、悪意と戦う必要はありません。

 

 

事例4

  • 『背中の皮膚を鍛えましょう。』・・・暑いのではなく、のぼせています。身体の熱を上手にはき出せるように致しましょう。

 

事例5

  • 『(それは)暖簾に手押し、(報われないからと)熱くなるようなら、最初からやらない。』・・・目的が異なるのですから、あなたがどんなに真摯な態度であろうと相手にはされません。これは、誰が間違っているという話ではありません。
  • 『(皆がやっているのは)イス取りゲームと一緒です。自分がどこに座るかが大切で、全体の事なんて誰も考えていません。』・・・良し悪しはともかく、人にはそれぞれ大事な物があるのです。
  • 『果報は寝て待て』・・・テクニックで巧く行かないなら、後は祈ることしか出来ません。
  • 『説得のタイミング(が大事)しつこくしない。』・・・いくら自分が大事な人であっても、いつも自分の事ばかりを考えているわけではありません。巧くタイミングが合えば良い結果が出るかも。ただし、本当に大事なのは、「自分が大事な人であれば、保身の為にこうすれば良い」、という提案かも。
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
2月 2016
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29EC
3月 2016
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト