‘2015/09’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2015年9月5日 横浜勉強会

2015/09/05

霊査事例1

  • 『首から顎』・・・にコリがあります。冷たい物も多少多いかも。・・・
  • 『のぼせがあります。』・・・だから冷たいものが欲しくなる。・・・『考えても始まらないことは考えない。』
  • その問題は、話し相手が必要ですね。
  • 『あなたは、わりと想いが実らせることの出来る人です。うまく行かぬことは天に任せ、出来ることを実らせていくべきでは?』

 

霊査事例2

  • 『だいぶ眠りが深くなったようです。』・・・『子どもたちは日々、成長しています。』
  • 『後回しにすると、損をすることが多くあります。』・・・まあ、言ってもしかたがないか。
  • 『まだまだ、子供に振り回される日々が続きます。身体を大事に。』

 

霊査事例3

  • 『生活のリズムを直すこと。』・・・『風呂の温度を2~3度下げる。』
  • 『暑さ(寒暖の変化?)で身体のリズムが狂っています。夜更かしを楽しまない。 子供を連れて夜の散歩をしてみたら?』

 

霊査事例4

  • 『作為するとおかえって上手く行かないもの。なしのままに。』
  • 『人間、姿勢一つで繋がるところが変わります。背筋を伸ばして。』・・・『ご自分の健康にも注意を。』
  • 『善い行いの人が「しわせになる」とか「不幸にならない」というのは幻想です。不幸な目にあっても、その先にあるものを目指して前に進む。』
  • 『負けず嫌いのあなたは、競争に心躍り、闘争心が働きがちです。気付かず(自覚せず)に闘争心が働き、人を傷つけることがあるかもしれません。穏やかに。穏やかに。』・・・時として、誰かが折れなければならない時があります。他人であれば関係が壊れてもあきらめが付くかもしれませんが、身内は往々、同じ性癖を持ちつつ、お互いに甘えがあって折れることが出来ないものです。

 

霊査事例5

  • 『安息の日々はいささか遠い。』
  • 『玄関ドアの開く回数が減ると、運気が入るのも減ります。または、人が来ない、人がいないと、家の中に注意が行き届かず、傷みやすく、壊れやすくなる、の意味です。』
  • 『いいたいことがあっても、皮肉はいわない。言葉の棘が必ず我が身に帰ってきます。』
  • だいぶ、腰がお悪いようです。
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
老研イベントリスト
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト