‘2014/12’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2014年12月13日 横浜勉強会

2014/12/13

事例1

  • 『なるようになる。思い悩むのところが吉』
  • 子犬がうまれる光景を見せられたのですが、意味は教えてもらえませんでした。
  • 『心を静める時間が足りていません。もうすこしゆっくりと生きましょう。』
  • 『新年前半は内に、後半は外に活動しましょう。』
  • 『餅は餅屋。(たとえあなたが得意でも)商売している人に任せることです。』

 

事例2

  • 『(怒るのも)家族らしくて良い。』
  • 『もうしばらくは、家族をあじわわせてあげて下さい。』
  • 『元気な内にいくつか趣味を広げましょう。』
  • 『上半身を使わないと肩こりが治りません。』
  • 『あれや、これやと楽しいことがあるのに勿体ない。』

 

事例3

  • 『ストレス・・・寝るに限る』
  • 『悪目立ちします。慎重に。』・・・組織って、上部の方針に沿った改善提案(組織全体の利益追求)は善ですが、上部の方針が見えない段階で、(構成員一部の利益追求)をすると、組織にとっての悪と見なされかねません。「弱いものを助ける」というのは一見美得なようでいて、全体を顧みないと迷惑な存在となる。今のあなたがそうだというのではありませんが、「そういう奴だ」と思われることは極力避けるべきですよね。
  • 『未来を信じて、不安に負けない。考えるだけ損。』・・・不安を抱いている間は不幸です。未だ起こらざる事に心神を傷つけないように。

 

事例4

  • 『ストレス・・・大声で発散する』
  • 『年が変われば気持ちも切り替えて、今を楽しむように心掛けましょう。』
  • 『心配しても始まらない。』・・・災難て、逃げれば追いかけてくるものです。立ち向かってこそ味方も現れるのですが、逃げている人を見れば、たいていの人は我先に逃げ出し、間違っても身代わりを買って出る人は現れません。いやがれば無理強いされて逃げることも出来なくなる一方、進んで行うものが力及ばずと降参したなら、許されるか、助けがでるか・・・苦労は生き方について回るかもしれません。

 

事例5

  • 『(思い通り行かぬのも)まあ、仕方がない。』
  • 『(巧い方法がないか)先生方に尋ねて回る。』・・・せっかくの環境を活用しなくては。

 

事例6

  • 『躾で心に傷を残すよりは、自業自得。』・・・かわいそうですが。試練の時です。
  • 『(あなた自身が)よい子であるよりも(今は)怒りんぼ。開き直りましょう。』
  • 『自分が欲しがったものをとやかく言わない。思い通りにならないのはいずれも同じ。たとえ苦労が多くとも、罰を与えているので話し、いずれは報われる。』・・・ハイリスク ハイリターン。
  • 『一年二年では分らなくとも皆少しずつ大人に近づいていきます。目先のことで怒らず、長い目で見ましょう。人はそれぞれ異なる時計を持っています。』
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研イベントリスト
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト