‘2014/06’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2014年6月14日 横浜勉強会

2014/06/14

事例1

  • 『あせるな。手はある。』
  • 『身体を大切に。』・・・焦って自分を追い込まぬ様に。
  • 『問題を解くのではなく、設問者の意図を読み取る。そうしないと応用が利かない。・・・融通が利かない。』
  • 『身体を整えることから始める。体調の悪さはそのまま、準備の悪さと心得よ。すべては禅に通じる。』
  • 『禅病にたとえる。がんばらなければ、と、のめり込むから身体を壊す。粛々とこなしていけば良いものを。』

 

事例2

  • あなたは、暑くなると体調が良くなるようです。
  • 『気持ちを切り替え、(緊張を)吐き出す。すべては未熟な人のなす事。そうすることを常とすべし。』・・・声を荒げても、心を荒げぬ様に。
  • 『成長の手応えを感じているはず。幸せですよ。』

 

事例3

  • 『お腹に力を入れて座りましょう。』

 

事例4

  • 『心配事で胸を痛めぬ様に。アプローチを変えてみましょう。』
  • 『二兎を追うから(注意力が散漫になり)つまらぬウサギを捕まえる。目的を明確に。』

 

事例5

  • 『息が浅い。心配事か?』
  • 『油断は禁物だが、あまり深入りしない。大丈夫。』・・・「大丈夫:不安がない。」が普通の使い方で、まじめな場でこういう洒落は好きではないのですが、後ろがしつこいので念のため。確かにお悩みの種二人は、大・丈夫(一人前の男)ですよね。
  • 『(人が育つには)愛情も大切。手をどれだけ掛けたかが、子供の中に残ります。』・・・
  • 『多少、不安がある方が楽しく生きられます。無理しない様に心掛けるからです。無理する人と関わるのは本当に大変ですよ。』

 

 

事例6

  • 具合がとても悪そうです。
  • 職場は寒暖の差が大きいようですが・・・『低温サウナに入っているつもりで。』・・・・暑い時期に、寒い環境で働くのは体調を崩す元で、やはり、汗をかくべき時には汗を外に出さねば、本来の汗が内攻し、自分が参ってしまいます。私も、いわゆるクーラー病で具合の悪い時には、サウナに入って汗を流し、体調を整えたりもしましたが、休み時間に、暑い外に出て数分ガマンするだけでもかなりの汗が出るはず。その分下着の替えが増えるでしょうが、薬代・病院代を考えたら洗濯物が増える方がお得に思います。
  • 『打ち込むべきことがあり、上手にこなさなければならない。体調管理もその一環。』
  • 『たとえ遅くても、良い変化があったなら、自分を磨いて、それに応えなくては。』

 

事例7

  • 『今更反省しても・・・』・・・と聞こえました。『開き直って、飄々とさわやかに生きるが吉』・・・確かに、周りも戸惑うでしょうし。
  • 『暑いところに出る』・・・長時間でなく、日に数回、数分で良いので、暑い最中に外に出ましょう。日光浴を進めるわけではありませんが、刺激・変化は大切です。
  • 『(文句の相手は?) 外に求めた方が良い』・・・つまりは、外に出よ。と。
  • 『自分の努力(や、気遣い)に見合うほど、人から感謝は得られないが、ささやかな事で大きな恨みを買う事もある。結果を恐れるよりも、ただ、さわやかに生きる様に心掛けましょう。』・・・・物事、作用には反作用が伴うもの、一つの行いも、見る人が変われば、善・悪、いう事が異なります。あなたの今までの行いだって、見方次第、受け取り方次第で、善・悪、様々にいわれましょう。ならば、自分らしく生きるのが何よりでは?

 

事例8

  • 『相手がバカに思えても、正義を振りかざさない。相手の事情を知らずに自らの事情を語るとどんどん溝が深まっていく。』・・・暑さでしょうか? 身体が思う様に動かず、反対に口や、気持ちが過剰反応しているかのようです。そういう時にふっと人間関係を揺るがす様な失言があることも・・・
  • 『人と話をしても、話をしなくても、ストレスになります。何事も適度に、あまり深入りしない様に心がけて。』
  • 『大切にしすぎたのかも。大人になるにつれ、世話が減っていくものだから。』・・・自分の欲するところを知らないと、延々と飢え続けるのです。
  • 『動機が良くても良い結果が出るとは限らないし、動機が不純でも悪い結果とは限らない。(行いの)良し悪し、正義を思うより、その時々で出来る限りを行い、結果については心静かに受け止めましょう。』・・・私たちは魂の修行中である、ならば、もしも失敗もせずに人生の最後を迎えるのが良い人生と思えるのだろうか? 分かち合う人がいなければどんな成功もむなしいく、分かち合うものがいればどんな失敗も乗り越えられる・・・過ぎた失敗を悔やむよりももっと大切な事がありますよね。
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト