‘2014/05’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2014年5月3日 横浜勉強会

2014/05/04

事例1

  • 『慌てなくとも春は来る、(今は)不安で苦しんでいるのみ。』
  • 『武士の習いとして・・・功名心が多少あるぐらいの方が巧く行く、勝ち負けに泰然とされると先輩方もやりにくい。』
  • 『人生(今生)は覚悟が決まるまでの迷いの場。』・・・編集時補足。『死者は延々と妄想す。たとえ永遠の時があっても、不毛な時から何が生まれるのか?』・・・あー、いやな役回りですが。覚悟も持たずに死んだところで、苦しみが消えるわけではない、とのこと。
  • 『皆、がんばった結果として不手際残る。』

 

事例2

  • 『あわてず、ゆっくりとやる。』・・・何事もそうですが、特に心霊も、急いで結果や結論に飛びつくと、感覚に騙されてしまいます。

 

事例3

  • 『学校に残るか、メーカーに行くか』
  • 『おおきいところで飲まれるよりも、小さいところで活躍する方が性に合っているはず。』
  • 『投資のつもりで、自分が入れば伸びる会社を探す。』
  • 以上三点は、どうもあなたの心の声をただ拾っただけの様に思います。
  • 『どの道を選んで、行っても、楽ではなし。』・・・詰まるところ、何を助言したところであなたの苦しみ、というよりむしろ不安をぬぐい去る物ではない、ということです。それは、勝手にしろ、ではなく、あなたの覚悟次第、という意味・・・かな?

 

 

事例4

  • 『いずれにせよ、今は過去の積み重ね(の結果)、いちいち思い出すまでもない。今はより良い明日につなげていくことで、苦しみが報われるはず。』
  • 『身体の芯がゆがんでいる。』
  • 『目の前の子供に集中する。』・・・手を広げればその分、風当たりも増えるわけです。
  • 『60歳を過ぎると、身体が楽になります。』

 

 

事例5

  • 『父母はあなたが生まれ出るまで、不安と喜びの日々を送り、あなたは今、別れの日が来るまで、不安な日々を過ごしています。子供を迎えるのと異なり、父母を送り出すのは報われぬ事に思えましょう。が、最後のあり方一つで人生のすべてが決まるのです。心、寄り添ってあげてください。』
  • 『疲れが蓄積しています。』・・・不安から生じる疲れです。
  • 『もっと社会サービスに頼って良い。必要なのは手をかける。手をかけた時間だけ。』
  • 『自らの子供を抱くイメージを持つ。選択肢は多々あり、一番、生命力にあふれる選択肢(のイメージ)を持つことが、宿命打破の力になります。』・・・楽な生き方が一番幸せ、とは限りません。いえ、疲れている人の背を押す意味ではありません。ただ、疲れてしまうと目先の苦難を避けるために、報酬をあきらめてしまいがちですから。
  • 『気が高ぶっている。そういう日は、少し身体を動かし、早く眠る。(すると)明日は気持ちよく目覚める。』
  • 『大変な日々も、よくある日常の積み重ね。それ以上は出来ないし、それ以下も続かない。』・・・人には能力の限界があり、一方、怠惰に走れば退屈に苦しむところがあります。忙しさも、怠けるのも限界があるのが人間。ならば、上手に日常に取り込むことが、充分に力を発揮するコツかもしれません。

霊査事例: 2014年4月19日 横浜勉強会

2014/05/02

事例1

  • 『物事が巧く行き出すと、希望(欲がわく?)から頭に気が集まります。ケガをし易くなるので、腹に気を集めましょう。』・・・ご存じの通り、歩いたり、手で物を取ったり、というのは、目的を意識するだけで、具体的な手足の動きを意識するわけではありません。それで巧く行く物を巧くやろうと意識し出すと、自然な手足の動きを阻害することになります。任せること。大切ですよね。
  • 『期待が過ぎるとケガをします。・・・やらされるならやらされるまま、流れに逆らわないこと。』・・・編集時補足: 通信時は身体のケガと理解していたのですが、今となっては、むしろ(悪口にもなりますが)妬み・嫉み・ひいては心のケガ、が大きかったかもしれません。
  • 『神事であれば作為を持ち込まず。精進潔斎、ただ行うべし。』
  • 『神仏は尊し、でも頼らず、名誉も尊しといえど、どれだけの力があるのか? むしろ、失敗した時に責められるのが落ち。行いあっての名誉である尊んでも力まず。』

 

事例2

  • 『けんかをするのも良い憂さ晴らしですが、いささか不毛の嫌いがあります。どうせ物事はなる様になり、ならぬ様にはならぬもの。あとを楽しみに眺めていましょう。』
  • 『心配事が多いと、地に足がつかず、身体に不自然が宿ります。なる様になります。自然体で。』
  • 『山のホテルなど・・・』
  • 『皆あれこれと、上手も下手もお構いなく、好き放題にやっている。その結果に良し悪しあれど、まずは皆、自由に生きられることを喜びましょう。そんな幸せは、つい最近に始まったこと。皆、まだ慣れていないのです。』

 

事例3

  • 『目の疲れ。余暇の使い方に工夫を。』
  • 『月一回は旅行の計画を立ててみる。書籍のストーリーは決められたレール。思い通りに行かないことに取り組むことで、頭も刺激を受けます。』
  • 『かまわざるを得ず・・・』
  • 『では、コミュニケーションを工夫しましょう。行けるうちに行くべきです。』

 

事例4

  • 『血がどろどろ。』
  • 『言い訳したところで、事態が良くなるわけではありません。工夫を忘れずに。』

 

事例5

  • 『壁を作らぬ様に』・・・精神統一になっていません。
  • 『水と空気の良いところに連れて行く。このままでは治りが悪い。』
  • 『自動制御』・・・薄利多売に大きなチャンスがあると思うのですが。

 

事例6

  • 『そのあとのことを思うと、疲れが抜けやすくなります。』
  • 『身体の疲れなら休みたくなり、頭の疲れなら、やめたくなるもの。頭の切り替えで解決出来ませんか?』
  • 『あまりがんばると、火中の栗を拾わされます。バカなぐらいで良いのです。』
  • 『人間、それこそ無意識に一歩でも減らそうと道を選ぶもの。・・・一人だけ正気であること危うさ。一見無駄に思えることにも必要なことは数多い、周囲に合わせましょう。』

 

事例7

  • 『怒ることで自分を虐めない。』
  • 『頭が固い。律したところでレールに乗れるわけでなし、至らないのは罪でなし。』
  • 『~だ、~である。上から目線に慣れている。それが一番楽な考え方であると言うこと、楽に流れるのは修行にならない。』
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト