‘2014/01/04’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2014年1月4日 横浜にて

2014/01/04

事例1

  • 『信ずるとは任すの意です。』
  • 『一念をこめるより無心で事にあたる。我を通すと無理が生じる。』・・・私達は自分の立場で考えますが、霊界の方々は、全体にとって良いようにと考えます。助けを求めるなら、解決方法も任せるようにしないと、立場の違いから、咬み合わないことがあります。または、あなたの念を断ち切りながら善処せざるを得なくなると、祈りが却って仇になることもあります。
  • 『予言するより、手を差し伸べるほうが好きだ。』・・・とのこと。
  • 自然体で良いと思います。・・・今年のテーマは『急所を押さえる。』・・・解決のために懸命に努力するより、急所を押さえて後は見守るつもりで。その方法は御存知の通り。

 

事例2

  • 人生は退屈するには長すぎる、とか。・・・『退屈は案外に疲れます。身体を使う楽しみを見つけましょう。』
  • 子供時分、家の手伝いをさせられるのは嫌でしたよね。・・・ああしろこうしろといわれるのも嫌でしょうが、残りの人生に楽しみを見つけることと、ご自身の好き嫌いに折り合いを付けられると良いのですが。
  • 今年のテーマは『他者と話す機会を作りましょう。』・・・好き嫌いはありましょうが、普段とは異なる視点を持つといろいろな事も更に楽しめるでしょう。

 

事例3

  • 『言ってわからぬ者は、何を言ってもわかりません。無理して道理を引かせると反動も大きくなります。』
  • 『悪いところを抑えるより、良い所を伸ばすようにしましょう。』・・・そういう発想、そういう言動は相手の拒絶を受けにくいものです。
  • あなたの人生の課題は、「言い聞かせ」にあります。
  • 今年のテーマは『ほどほどに。「腹八分は医者要らず」といいますが、口も八分で。できれば口三分で』・・・言うことで却って相手に伝わらないことも少なからずあります。理解してもらうために言葉を多くすると、それが新たな誤解を生むことも。すぐに理解してもらおうとしたり、完全に理解してもらおうとするのは害が多いことをわきまえて話しましょう。

 

事例4

  • 『頂天に一本の橋を渡す。一人にあらず。』
  • 『息を深く、長く。受け身の姿勢が過ごしましょう。』・・・受け身ではなく、受身の姿勢が大切です。これは自己主張をするな、というより、まずは相手の話を聞くことに通じます。
  • 『修行場での修行はプロの好むプロになれましょうが、社会にあって修行をすることで、一般の好むプロになれるはず。』
  • 今年のテーマは『くどいようですが、受身の姿勢で。良き聞き役であることにチャンスが有ります。』

 

事例5

  • 『子供の成長を目で追う。』
  • 『嫌なことをあれこれ思うより、子供の将来を思うが吉です。』・・・仕事の方は容易に改善しそうにありません。なので、そのことを真剣に考えるよりも、楽しいことに気持ちを合わせたほうが、待つことの苦痛が少ないと思います。
  • 改めて確認したのですが、『詰まり、(気の)流れが良くない身体。』・・・「つまり(気の)流れが良くないからだ」の双方の意味だとか、あまり面白くないシャレで申し訳ありません。「身体を治す」と、今の体調への両方に答えたとのこと。
  • 今年のテーマは『やりすぎても、やらなくても良くありません。塩梅良く。』・・・小さな子供で自己主張があって、手を出せば拒み、手を出さなければ求められますよね? 大人だって、会社や、社会だって根は同じです。

 

事例6

  • 『やりたいことをやる。出来るうちに。』
  • 『妻・母の責任は重くとも、為さねばならぬことは割と少ないものです。』・・・妻・母の義務(? 封建的な表現でしょうか?)には、例えば公助があって、活用しだいでずいぶんと軽減されるものです。
  • 『あれこれ心配すると身体が動かなくなります。出たとこ勝負で案外うまく行くのでは?』
  • 今年のテーマは『行動力。あれこれ不平を考えない。』・・・考える、というのは、本来、不可能を可能にするための努力の一部です。でも、考え事の好きな人は、解決を外れ、例えば出来ない事の言い訳を延々と並べてみたりします。行動よりも考えることに努力してしまう。でも、それでは何事も実現から遠ざかります。考えるのは考えるで良いので、行動も大切にしましょう。

 

事例7

  • 近日中に別記予定
  • 『渡るべき石橋は叩いて、選んでも、行きたい道は試さぬ者が多い。』・・・『気乗り・まず自分を試す。』・・・
  • 『始めたら、あれこれ考えないでやり遂げる。』
  • 今年のテーマは『大胆に。がん性には失敗もまた勉強だから。』・・・渡るために石橋を叩くより、渡ってみて石橋を試すのも良いかもしれません。

 

事例8

  • 『原因がわかって安心ですね。』
  • 楽しそうにしていらっしゃいます。とても良いです。
  • 『あれこれ欲をかくと、結果に打ちのめされます。あるもので楽しみましょう。』
  • 今年のテーマは『イメージトレーニング。 幸福(のイメージ)を常に心中に置きましょう。』・・・未だ、起こらぬことを思うのが「心配」です。どうせ、未だ起こらぬことを思うなら、事故・失敗よりも、成功・幸福について思うほうが精神衛生上よいし、無駄が減ります。なにしろ、目的地への道が多数あるにせよ、行くべき道は一つで十分だからです。ましてや、他所に行く道など考慮の必要もありません。

 

事例9

  • 『年をとったら(肩の)荷を下ろす。生まれ変わってからもう一度背負えばいい。』・・・頑張っていきてくればなおのこと、失敗もあるでしょうし、人間、善良に生きているつもりでいても、知らずに犯す罪や、意図せぬ穢れの多少があって不思議ではありません。反省し、経験を活かしてより良く生きるのは大切な考えです。とはいえ、
  • 『社会が悪いのです。あなたが悪いわけではありません。』・・・核家族化とか、少子高齢化とか。晩婚化とか・・・はともかく・・・社会は多くの都合の上に成り立ち、あちらを立てればこちらが立たず、そのバランスの上にあります。良くなった所も多いが、その犠牲になった部分も多い。上手くいかないのは、必ずしもあなたのやり方が悪いわけではありません。
  • 『まだまだ元気。いろいろな事を諦めない。』・・・今更正せないことは来世の課題に残して、今できることに集中しましょう。
  • 今年のテーマは『チャレンジ。小さな成功体験を重ねましょう。』・・・年齢とともに身体的な不都合は多くなってきますし、体調が良くなければ、どうしても内向的・内省的になり、どのみち老からは逃れられないので、悲観的にもなっていきます。でも、生きている限り、いくらでも新しいことにチャレンジすることが出来るはずです。別に、世界最高峰の山に登れ、などといった巨大な夢を保つ必要はありません。散歩の距離を伸ばしてみたり、住んでいる町のすべての路地を踏破してみたり。同じ町内でも用がなくて、歩いたことのない道は数多くあるはずです。とにかく、新しいことにチャレンジすると、気分はとても良くなります。なにしろ、人間は新しいことを試すために生まれてきたのですから。チャレンジは魂の欲求なんです。

 

事例10

  • 『遊び盛りの子の相手をするのは大変ですが必要なことです。』
  • 『仕事について。あまり作為しないように。複雑に考え過ぎです。物事はシンプルに考えましょう。』・・・さきのことを思えば、権利を守りたかったり、隠し、しまっておきたいこともあるでしょうが、そんなことは出来てから考えるべきです。

 

事例11

  • 今年のテーマですが、『(子供を)叱っても良いが、怒らないこと。特に、(叱る際に)念を込めない。』・・・ここでいう「念」とは、適切な言葉が見つからずに使ったものです。言わんとするのは、「一度の注意・躾で、相手を治そうとしないこと。無理をすれば折れますから、何度も何度も時間をかけてゆっくり変えるように根気よく接していきましょう。」と・・・最初からそう書けば良さそうなものですが限られた時間の中で書き取ることが出来ず、端的にメッセージを取り、補足しました。
  • 編集時補足: 『察しの良い人は、勘の悪い人の気持ちがなかなか理解し難いものです。分かり合えない不安から、無意識に、強く言ったり、激しく言ったりしている、様にも見えます。でも本当に理解できないのでしょうか?』・・・怒るのは、相手を理解しないことへの罪悪感、その反動かも?
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
1月 2014
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
2月 2014
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト