‘2013/08’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2013年8月10日 横浜オフ会

2013/08/10

以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。一般的な回答とは限りません。


事例1

  • 『気負い・・・遠くにも目を向けて。視野が狭くなっています。』・・・というか、生真面目すぎて、一番の障害・難敵を認識していないのかも?
  • 『わが身のことも想うべし。』
  • 『結果を想い、上手く行かざる(想定通りに行かない)。その理由を(自分に)尋ねる。理想と現実の差にこそ努力の価値がある。・・・想いのままに生きるために。』
  • 『幸せ。というのは、与えられたものに満足した時に、感じるものだ。では、自らの努力で満足したときは? 幸せは往々、不幸と背中合わせ、充足にまさるものではない。』・・・与えられる、とは他者次第、ということです。他人次第で幸せになり、幸せになれなかったりでは、不安定そのもの、不安そのものです。でも、自らに満足し、充足することは、自分の努力次第で決まるということ、そこに驚きはなくても、不安がないだけ良いのでは?

 

事例2

  • ・・・大勢の外野がうるさく何かを主張しています。だんだん背後の掃除が進むでしょう。
  • 外野がうるさいのは・・・『信仰心を持たぬがゆえ』・・・ひょっとして人の言葉に振り回されていませんか?
  • 『設計図を用意する。はじめに終い(最終目標)を規定してこそ、(結果の)成否がわかる。(努力の結果を)曖昧にしない。』
  • 『イメージする力というのは、とても価値があります。例えば死者。イメージ豊かな死者は富み、貧しければ寂しい。死者の持ち物はイメージだけなのです。』

事例3

  • 心臓に負担が罹っている感じです。・・・大病になる前にご自愛を。
  • 『楽をなすとは、動かさざることにあらず、ゆったりと動くことにある。』
  • 『(仕事を)続けると決めたなら不平をいわない。口をつぐむと(チャンスが)よく見えるようになるから。』
  • 『焦らず、弛まず、生きる。生きることに集中しましょう。そこに不足はありません。』・・・仕事の疲れか、暑さの疲れか、身体に疲労が溜まって見えます。こういう時には、できるだけ家族に手伝ってもらって、ただ健康でいられることに専念しましょう。健康であればこそ、恩返しのチャンスもありますから。

 

事例4

  • 『腸の調子が悪い』・・・ストレスですか?
  • 『一意専心に行う。・・・周りが浮き足立っている時に流されない。』
  • 『今日の努力より、明日のための努力。今(の結果に)に囚われるから、結果に悩むのだ。』

事例5

  • 『身体を冷やせば(末端に)気が行き渡らず、それは身内に冷たくして疎遠になるが如し。(暑い、涼しくしたい、爽快でありたいという)想いを大事にすればついつい冷房に頼るが、身を第一に思って使うべし。』・・・まあ、身体も身内にもあ高く接せよ、とのこと?
  • 『持つものが、囚われて不自由を嘆く。本来の自由とは何も持たぬということである。不平はいわぬこと。』・・・親を持たねば、親への不平はありません。金がないなら無いなりに生きられるなら、金から自由になったといえましょう。不平は「持って」いることの裏返し。不平は慎み、取り上げられないように、というより、失った時に後悔しないように致しましょう。

事例6

  • 『試験の前にストレスに負けていないか?』・・・平常心を忘れずに。
  • 『負け戦にあらず。己の不足に気づくならば。』
  • 『計画やよし、ただ、長き道程。焦らない。』
  • 『今の目標はそのまま、次の目標を立てる。長い道のりの中にある、今を知ることで、自分を律するために。』・・・と。。次の目標に間に合うように、頑張りましょう、という姑息なアイデアですが。
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
8月 2013
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
9月 2013
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト