‘2012/11’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2012年11月18日 横浜オフ会

2012/11/19

以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。一般的な回答とは限りません。


事例1

『冷えが足から上がる。足を温かく保つ。』

『苦あれば楽あり。』

『(冬の)省エネは、寒さに耐えるのではなく、暖房に頼らぬをいう。冷えは万病のもと。』

『妹には愚痴を聞かす。引っかき回すぐらいで良し。』・・・我関せずを決め込んでいると、時がたつのを忘れてしまいます。だから、引っかき回してよい、とのこと。

『この冬は上手に乗り越える。子供も大きくなって、ますます体に負担が掛ります。(から)』

 

事例2

『家長が気を配らぬと、ほつれから壊れる。』・・・家庭ではなく、家族の健康が次々と悪くなるの意です。

『(家事・育児に)手を出さぬから損をしていることが多くある。』・・・たとえば、奥さんが忙しければ、料理が手抜きになるでしょう。

『(子供と遊ぶのも身体が辛いでしょうが)今は忍耐。子供の運動能力を高めるために。(必要なことです)』

『自分は楽して、子供と遊ぶ。(体力より)時間をかけることが大切です。』

 

事例3

血圧が高くありませんか?・・・「1週間ほど禁酒せよ」と聞こえたのは私宛かも。

仕事で不平不満をいう前に・・・『工夫・改善の余地がある。』・・・自分の務めを十二分に果たさないと、正論が生きてきません。

『思いつめると答えが一つしか見えなくなり、一つの答えにこだわると、ままならぬことから辛くなります。二手、三手は残しておくこと。』・・・心のゆとりは大切です。

『出向』・・・の話があるかも。

 

事例4

ふさぎこんでいませんか?

『忙中ひまあり。苦しい時にもチャンスあり。』

『これでよい、もう要らない(充足)、というのは、つまり終わりの始まり。ここから死が始まります。何か残して死ぬのは、この世に未練が残るというけれど、(死後の)向上心のもとでもあります。』・・・あまり多いのはいざしらず、多少の未練は残すぐらいが良いようです。

『特にお父様の前では、明るい服装を。気分が明るくなると、未来も明るくなります。』

 

事例5

『今ならまだ、元気な子犬を飼っても何とかなります。』・・・子犬が老いていくまでは、元気という意かも。

『考えてもどうにもならぬなら、考えない。いずれ時機(チャンス)が訪れます。』

『一芸は身を助く。(今年は)良い冬を過ごせそうです。』

『何事も一手間を惜しまない。人間関係も。 争いごとも味の彩です。』・・・甘いばかりでは子供っぽいですよね。

 

事例6

『(あなたの人生を例えて)季節で言えば今は秋、5~10年ほど遊んでも良い。』・・・遊んでよいといわれて遊んでいられる人ならば?

『遠くに投げたボールは、手元に戻るのに時間が掛ります。』・・・でも帰ってきますよ。

『大丈夫と思っても、(着るものを)一枚余分に。足元にも気を配る。油断は責任を果たした後に起こります。』・・・大任を果たした後に寝込まないようにしましょう。

『失敗や後悔は、来世に申し送って、今生では後悔しない。』

 

事例7

『(あなたのように)躾が厳しいとひらめきが少ない。でも、ひらめくだけなら迷っているのと変わりない。小さなもの(ひらめき)も大切に。』・・・インスピレーションが多いだけではかえって害となります。意味を持たせるには、価値を知ることです。

『心は常に僧堂の中。』・・・世事に我を忘れぬように。

『たとえ(瞑想時に)話し相手がいなくても、腹の虫(体調)と話す。健康であればこそ、道も開くから。』

『発明と発見があってあたりまえ。日常に流されていると、心配を積み重ねてしまいます。』・・・当たり前の生活の中に退歩が潜んでいますね。

お知らせ

2012/11/06

ただいま、超多忙につき、メールのお返事が遅れています。

本日(11月6日)までに頂いたメールは、11月13日迄にお返事いたします。

・・・・・

追記:(11/7)

ちょっと時間が出来たので、多少なりとも返事を書こうと思い立ちましたが、忙しい合間に無理に返事を書こうとすると、どうも意地悪な言葉が出がちなので業務連絡以外のメール返信は自粛しました。

 

補足:(11/7)

私が霊査を取る際には、たいてい、状況を知らぬままに、「思い」を受け止め、それを言葉にするのですが、おうおう、何を言わんとするのかわけがわからず、それを無理に言葉にする際、余計な言葉が前後につくことがあります。

または、不幸な話なので言葉を濁してしまうこともあります。

それにしても、会の終了後に悩み等を聞くと、私としては、「ああ、そのことか。」と納得することが多いのですが・・・

もしも、私が霊査を取った方で、別件の相談がご入り用な方は、私の返事を待つ前に、ちょっと、ご自分あての霊査を読み直してみて下さい。

 

そもそも、「その霊査がない!」・・・という方は、申し訳ない。今しばらくお待ちを。

ともかく私自身、この状況では良い霊査が取れない、という自覚があること自体、「待て」の合図を受信中とみなしております。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研イベントリスト
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト