‘2012/08’ カテゴリーのアーカイブ

同床異夢

2012/08/30

関連事項:


霊的な意味で・・・悪寒がする。

悪い予感・・・に近いけれど、誤解?

・・・・・・・

過去、何人もの方々に、「あなたは守られていますね。」と、告げてきた。

私の知りえる範囲を、私が理解する範囲で、その通りだと思うことを告げたのである。・・・そう言われた方々は、「守られている」という言葉を、どう受け取ったのだろう?

冒険をしても大丈夫? = 危険なことをやっても大丈夫?

いやいっそ、無理をすれば、(守護霊が)姿を現す?

 

同床異夢

人同士、霊同士、人と霊同士・・・心を一つに合わせて働くことはできる。でも何のために?

その痛みに同情することもできるだろう。同情は往々に一方通行のようだが・・・

心を一つに合わせ、一体感に浸っていても、互いに同じところを見ているとは限らない。・・・その事柄に利害はあっても、そのいきつく先が同じとは限らないことに気づいているか?

人生に痛みは避けられない・・・その痛みを乗り越える意義はどこに見出すか。・・・その差異は主に霊格の差異と見なせる。・・・差があって当たり前。

・・・私が、「守られている」というのは、果たして、何からあなたを守っているというのだろう?

守護の対象はケースバイケース。人の数だけ答えのある問題だ。だが例外・・・つまり、守護の対象外を説明するのは、案外簡単に思える。

そもそも、地上の生(人生)は、霊性向上の修行場なのであるから・・・当人(庇護者)が、楽な道を選んでも、つまらぬ邪魔の入らぬように、守護霊・高級祖霊は苦心してくれるが、当人が苦難の道を選べば、苦難を全うするように助ける(?)。

・・・苦しいから助けろ! といって、『自分の選んだ道を全うせよ!』と、励まされるであろう・・・。

まあ、楽な道ばかりを選べば、『いつになったらゴールにたどり着くか』と、小言をもらうかもしれないが。

要するに・・・守られている、というのは、× 思い通りになる × という意味ではなく、どちらかといえば、○ 黙って従え ○ というのに近い。庇護者の価値観を無視・軽視したところに、守護者たちの観点・目的地があるのだ。・・・「守られている」を、「過保護な状態」といいかえたらわかりやすくないか?

さらに誤解を招くかもしれないが、「お前の目指しているものは、私(守護霊ら)の見るところ、不幸の入り口だな!」という、見解の相違を意味している、(大げさにいえば)と受け止めた方が良さそうである。

差しかけられた傘(守護)から出るのは決して難しくないはず(むしろ、簡単)だが、出た後の苦労は想像以上の筈、というのが、思い返せば私の体験上の事でもある。

 

大丈夫?

同様に、「大丈夫」というのは「楽な道がある」か、「良い道がある」であって、好き勝手してよい、という意味ではないだろう。

そういえば、『一つだけ願いを叶える』という霊査を中継したことがあるが、これ、良さ気な言葉のようでいて、存外ひどい言葉と思えなくもない。(まあ、意図するところがあるのだろうが、私もいまだ深入りしていない。)

たとえば、その願いが、仕事であれ、人生の伴侶であれ、見てくれ、とか、収入とか、長所が一つだけであとは欠点だけだったとしたら、それこそ呪いの言葉になりかねない。あ? 品定めし過ぎ、選びすぎるのが欠点だったりして・・・・・・

 

視点の違いを大切に。

他者の言葉、というのは、それが以下に親密な相手とはいえ、相手の視点で解釈するのを忘れるべきではなかろう。さもないと、誤解をし、そして、親密な相手との意識のずれは裏切りとなって感じやすい。

さらにいえば、期待があればこそ、耳から入る言葉を都合良く解釈しがちである。

 

果たして本当に相手から裏切られたのか?・・・自らの勝手な解釈が裏切りに感じられただけではないか?

本当に(外的影響で)不幸なのか?・・・わがまま(内的影響)ゆえに不幸に感じているだけではないか?

 

一方的な意見の押し付けではない。

叱っているわけではなかろう・・・構うからには、構う価値がある筈だ。

嫌味をいうにも、建設的な話でなければ、いう個性(例でも人でも)が蔑まれよう。

守るとか、叶える、というなら、それなりの行為はある筈である。だが、あてが外れると人は傷つく。期待しない事柄が思い通りにならなくてもどうということはないが、期待が大きいほど、あてが外れると人は傷つく。

折り合いが必要だと思う。

 

霊の言葉を聞くものは、往々、無私の好意を期待しがちである。が、往々人は、期待を裏切られるのだが、それは、霊たちが利己的だというより、期待する私たちの側で作為(つまりは利己)があるからなのだ・・・というのが、私の意見である。

期待してなお大きく、だまされるのは痛いから、お互いに気をつけたい。

平和祈念

2012/08/14

私事、毎年、旧盆の頃は身体が重くて仕方がない。

あちら(隠世・死後)では、いろいろ言いたいことが多いようだが、私の浮世の仕事は今頃がハイシーズン。忙しい。気が散る。能率が悪くて気が焦る・・・という悪循環が例年のこととなる。・・・定年まで待ってもらいたいものだ。

ぼやくのはここまで。

八月は・・・日本では・・・平和を祈念するイベントが多い月でもある。人が神仏、もしくは祖霊に世界平和を祈念するのは無論、悪いことではない。

で・・・も・・・。

あちらから、祖霊・・・祖先の霊たちが、私たち相手に祈念していることに気づいているだろうか?

親族・家族仲良く、喧嘩せず・・・

戦争を嫌う人はとても多いが、諍いを止められない人も多い。

小さな火種をそのままに・・・(いや、息を吹きかける人までいて)・・・火事が起きないとでも?

 

とはいえ、諍いというのは、相手がいて出来るもの。または、相手がいるから出来るもの。

というか。・・・人が向上を目指すなら、競わざるを得ないし、競い合うのも熱が上がれば諍いに発展しなくもない。

ある程度の諍いは仕方がないことなのだろうが・・・

霊査事例: 2012年8月11日 横浜オフ会

2012/08/12

以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例 1

  • 『不景気』・・・覚悟して。
  • 『大変そうです。』
  • 『育ち盛り。手もかかれば、金もかかる。どちらを大切にするか、見極めて。』

 

事例 2

  • 『張り切るだけでなく、前後をよく見定める。空気をよく読む。』
  • 『展望。・・・大事に力を注いで、小事に躓かない。』
  • 『金沢へ』
  • 『無店舗(?)販売という手も・・・』
  • 『形を重んじるか、実を取るか? 必要は発明の母。頭が固い。』

 

事例 3

  • 『ため息をつくより、大きく背伸びして。 嫌気も病気のうちです。』・・・小さな問題を生真面目に受け止め過ぎて、心が疲れてはいませんか? 他人に言うのは憚られても、心の中で「やっちゃったー!」というぐらいは罪がないはず。
  • 『辞職は出来れば先送りにした方が良い。』
  • 『(あなたの苦労は)悪い選択の結果ではありません。あなたを生かす場所が少ないのです。』
  • 『まあ、職業訓練に行くもよし・・・』
  • 『(ご両親は)張り合いのある日々を送っている。』

 

事例 4

  • 『もっと、計画的に。それこそ、しぬまでの計画表を作るぐらいに。』・・・無邪気に羅列した項目が、ふざけた内容に思えても、案外、ストレートな直観の表れかもしれませんよ?
  • 『やりやすいことに逃げない。(そろそろ)ここいらが正念場。』・・・多少は時間に余裕はありそうですが、先送りには出来ません。
  • 『今のうちに出来ることを。』
  • 『すぐに実のなる木でもなし、ならぬなら、ならぬなりに、なさねばならず。』・・・つまり、なんとかせよ。と?

 

事例 5

  • 『目先にとらわれず、大局で考える。』
  • 『身体が資本です。良く寝ましょう。』
  • 『元気に働いていれば、必ず報われます。』

 

事例 6

  • 『子供が歩けるようになると、いろいろと楽しくなります。上手に。』・・・歩けるようになると、リスクも増えますのでご注意を。
  • 『母は強し。恐れることはありません。』
  • 『心配掛けるのも親孝行のうちです。』

 

事例 7

  • 『水面に出来る波紋はいずれ収まります。じたばたしない。』
  • 『当たり前に思っていても、不自由なのが人間です。大きな荷物を背負っているのです。』・・・不自由ゆえに、合理的な行動の取れない人も数多い。
  • 『家ではおしとやかに。外では、でんと構えてしっかり受け止める。人には背負えぬ重荷であることに自信を持って。』
  • 『愚痴を言いたい人は多いが、いまさら小言を聞きたがる人はいません。(人の愚痴を聞くのは) 人の不幸は蜜の味(と、割り切りましょう)』
  • 『試さず。あるがままを受け止める。』

 

事例 8

  • 『そんなに大きな問題ではありません。』・・・これは、仕事上の問題ではないと、思います。
  • 『健康上の理由で・・・という言い訳も四方のメンツを立てます。』
  • 『聞かれぬことは言わない。』
  • 蛇足ですが、・・・本当に仕事から手を引くことが出来るのでしょうか?

補足。

経済の混乱と、それから来る明暗(黒字の業界、赤字の業界)が見えたような会でした。・・・霊媒(私)の内心の恐怖(増税やら原発反対運動やら)から、ミスリードした可能性もあるけれど。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
8月 2012
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
9月 2012
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト