‘2012/05’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2012年5月19日 横浜オフ会

2012/05/19

以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例 1

  • 『血圧が高めです。リラックスというより、お腹を柔らかくしましょう。』
  • 『(霊査を受けて) 大変だ~! と思うのではなく、フィードバック。調整してください。』 ・・・高いと言われたら低くなるように、低いと言われたら高くなるように心配ることです。
  • 『(色々と問題が起こっても)何とかなっていることを、もっと評価して。』・・・守られているのですよ。
  • 『(いたずらは)自ずと病むから無理強いしなくて良い。』

事例 2

  • 『身体の芯に気が通っていて良いのですが、もう少し柔らかく。』
  • 『結果を先に欲しがると次の芽が出なくなります。乱獲禁止』
  • 『自分らしく生きる。という点に誤解があります。苦手意識から逃げない。』・・・別に出来ないわけではないのに、「苦手」と思い込み、努力も工夫もせずに出来ないと決めつけていませんか?
  • 『準備を疎かにしない。祭事と同じ。神仏を祀るが如く人々に接しなさい。』・・・まず身を清めて、言葉を選ぶ。

事例 3

  • 『皆、苦しんで今があります。少しづつ打ち解けていくように。』・・・意固地になってい人を相手にするときは結論を急がぬようにいたしましょう。
  • 『勝とうとすると恨みを買います。相手がジタバタしている時は、負けないことで十分です。』・・・相手が自滅するまで耐えれば、恨みを買わずに勝つことができます。
  • 『(上役が)叱るのは、おうおう八つ当たり。(そのじたばたに)負けなければ(あなたの)勝ちです。』
  • 『仕事に気を取られず、人生の明るい一面を見ましょう。日々、辛いだけではないはずです。』
  • 『何をしたいのか、何ができるのか(をよく考えましょう。)とりあえず、定年まで勤めることは出来ます。』

事例 4

  • 『大丈夫です。今の生き方を守って良い。』・・・
  • 心がけていることと思いますが、『真向から立ち向かわず、いなすことです。』・・・真面目な人はいなされると腹をたてるものですが、立ち向かってつぶされる大きな壁なら、やはり上手にいなすしかありません。
  • 『ストレスが高いとカロリーを欲するのが人間です。上手に。』
  • 共通の問題ですから譲って頂きました。

事例 5

  • 『そのとおり。 文句を言うヒマがあったら(皆)仕事をすべきです。』
  • 『大変ですが、(あなたの)行先の決まっているのは安心ですよね。』
  • どうにも先行きは奇々怪々。『逃げた者勝ちです。』
  • 『急げ、とは言いませんが、人生の義理返しは、元気なうちに済ませましょう。』

事例 6

  • 『頭で時季を思うと常識に騙されます。なしのままに。』
  • 『びしっとしなさい』
  • 『あなたのことではありませんが・・・自分の行先をイメージしていない人は、頑張っているようで、結局、さまよっているのです。』・・・つまり、ひとごとではありませんよね。
  • 『当てが外れる。助けを借りて走りだすのではなく、走っている時に助けを借りるのです。』・・・これ、つまり、「連れ出した者勝ち」・・・?
  • いきなり無事は虫が良いから、大難は小難、小難は無事にと祈るものです。『進んでやるほうが、結局、自分で忙しさのコントロールが出来ます。』

事例 7

  • 『思うようにならない時、建設的に反省してみましょう。(皆)損得あります。』・・・人には利害が絡んで、なかなか思い通りになりません。良いとか、悪いとか割り切る前に、そんなものだ、と受け止めて見ることも必要でしょう。
  • 『人は死を免れませんが、死ぬために生きているのではなく、生きるために頑張っているのです。目の付け所に気をつけましょう。』・・・無事と長生きだけを至上として、楽しくもない日々を押し付けたとしたら、それは「死」に支配された「生」となります。
  • 『ケチさえ付けなければ、良い人生だったと振り返ることが出来ます。』・・・心配事にかまけ過ぎると、良い点が見えなくなり、悪い点が大きく見え出します。出来れば楽天的に、少なくとも公平に。視点を整理してみましょう。
  • 『足りぬ、出来ぬは、楽しみましょう。それが人生です。不足不満がないというのは、(真実が)見えていないだけなのです。知らぬものが陥ります。』・・・人生に障害はない、と決め付けるのではなく、その障害を楽しむことです。

事例 8

  • 『いっぺんに器用にはなりません。まず自分の中で(優先)順位をつけて行きましょう。』
  • 『器用でなくても出来ることがありますし、それが必要なことです。』・・・家族が不安に思うときにどっしりと構えるのは大切なことです。
  • 『流されてやることは善行とはいえません。』・・・自分らしさを全面に押し出しましょう。
  • 『何事につけ、自分の得意を生かし、苦手を補う。(そうすると)良い人生になります。』・・・相手の土俵で戦ってはいけません。

事例 9

  • 『口にする程のことはない。案外そんなものです。』
  • 『子供をあやす。大事です。』
  • 『やりたいことがあったら、家族にきちんと説明する。うるさがられても耳に入れることです。忙しい人ほど、発想の転換が必要ですから。』
  • 『強いていえば、悩みが無きことが悩みです、という人にはなかなかしっくり来る言葉が出ない。あとは無事を祈るだけです。』

補足: 当初、私はあの世の話だと解釈していたのですが、まとめている最中に気づきました。オフ会後に受けた相談の答えになっていると思うのですが?

事例 10

  • 『ため息つきすぎ。行き止まりには執着しない。』・・・思い切って道を変えるのも良いかも。
  • 『はじめ、と、真ん中、とおわりがあります。全部を採点すること。』・・・物事の一面だけにダマされないことです。
  • 『人間、無意識に親への反発が出ます。逆に親の意見を想像してみると、ベストな選択ができます。』
  • 『それは結局、若さ。進む力が強いということです。』

霊査事例: 2012年4月29日 大阪オフ会

2012/05/01

以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


初参加の方は、随分と緊張なさっていたようですが、最後まで楽しんでいただけたようで何よりです。

事例1

  • 『この中に敵はいません。』・・・リラックスしましょう。
  • 『敵と思うから戦わねばなりません。転がせてやれば良いのです。自ずと落ち着くところに落ち着きますから。』・・・グダグダいうのは相手が落ち着かないからなんですね。
  • 『つながっているから拗れるのです。繋がりがなければ切れて飛んでいきます。繋がったままなら仕方がありません。ほぐすように心がけるか、断ちきるか。』・・・この場合のほぐす、というのは解決を図るというより、無関心を装う、というところでしょうか。
  • 『厚雲の上には日が射しています。それを忘れない。』・・・これは、希望を表すと同時に、「慎みを忘れずに」「我を忘れる事なかれ」の意味でもあります。何事も、諸刃の剣なんです。
  • 『無理を通せば道理が引っ込む、といいますが、周囲の人はよく見ています。大変な時ほど、周囲は好意的です。』・・・味方は決して少なくないが、味方の力を引き出すのは、テクニックが必要ですね。

事例2

  • 『胸を張る。』『自分で抱えず。天に任す。』・・・重荷は天に任せて、自身は胸を張って行きましょう。
  • 『やりたいことをやる。ただ、ゆとりを持って。』『旅は道連れ。(良いことをするのに人を誘う。それは)とても良い。』
  • 『良き友人が多ければ、悩みがあっても一人になりません。(あなたは)よき道を歩んでいます。』
  • 『(あなたは)苦労を貯めこむところがあります。とても良いことです。』
  • 『好事魔多し、というが、褒められた後を心配するより、晴れた日には晴れたように、雨の日には雨のように過ごす、それが大切です。』・・・運・不運は、暦で考えないように。そろそろ叱られるかな? なんて、思っていては、その悲観さ、が災難を呼びます。

事例3

  • 『あなたの信じるものに反しません。』『丸め込む。』・・・違うことを言われたら、丸め込むぐらいの気持ちで行きましょう。
  • 『道は開けます。信じて、(でも)慌てない。失う事のないように。』・・・折角のチャンスを焦って失わないようにしましょう。つまり、あなたの問題、かも。
  • 『しゃべりすぎです。』・・・不安を隠すために話しすぎるのもよくありません。
  • 『言わなくても判ることは、聞く前もありません。つまり、「耳」を貸すだけで良いのです。(相手の言葉を)真に受けないこと。』
  • 『思いやりを豊かにするために、言葉を少なく、心を沈めて、生きましょう。それは時として冷たく思われがちですが、中身の無い言葉よりも暖かいものです。』・・・口を使えば、どこかが疎かになりますからね。
  • 『あなたの好意(親切を期待)を目的(あて)にしている人が大勢いらっしゃいます。変わらぬ笑顔で迎えて下さい。』

事例4

  • 『頑固ではなく、(他の意見を受け入れる)ゆとりがない。』・・・頑固な人と思われがちなようですが、いろいろ言われすぎてゆとりがなくなっているのですね。
  • 『(ワイワイ言われすぎて)途方に暮れる。できることから1つずつ片付けていく。(言われるままでなく)自分で行わないと、自分を失います。』・・・他人に振り回される状況から、1つずつ、自分の手に取り戻して行きましょう。
  • 『あなたのやっていることは、誰にでもできることではありません。自信を持って行きましょう。』
  • 『(あなたが)落ち着かないのは(あなたの)霊感によります。言葉よりも包容力で応じましょう。』・・・色々と感じることがあるかもしれませんが、会話をしようとしないことです。ただ包容力で接していればあとは、霊界の者が片づけます。あの世のことはあの世に任せましょう。
  • 『腎臓に弱点があります。水に気を使いましょう。』
  • 『笑う門に福来る。よし。』

事例5

  • 『(あなたは)人の話をしっかり聞くことが出来る。美徳です。』・・・大切に育てられた、と言うことでもありますね。
  • 『夢を実現させるために、必要なことを始めましょう。自分の時間は大切です。』・・・そろそろ、実行に移すべきです。
  • 『素晴らしい実行力をお持ちです。でも、まだ夢がない。力を蓄えて大きく羽ばたきましょう。』
  • 『霊感の働き方は色々です。正しい道を見ぬくのも、素晴らしい価値ある力です。良いです。』
  • 『ふるさととの縁があなたを生かしています。大切に。』・・・色々シガラミがあるかもしれませんが。苦手に思える部分があっても、苦手であるがゆえに、あなたを後押しする力になっているのですから。

事例6

  • 『信念だけでは折れてしまいます。愛することは理屈ではありません。』・・・仕事に問題を抱えているようですね。
  • 『謙虚に。つまり、人に意見するより、黙りこむことで意思を通すのです。無言もメッセージです。』・・・オフ会後の補足です。あなたは自分の苦労に憤るより、同僚の苦労に心を痛めていませんか?
  • 『自分も誰かに生かされている。皆、誰かに生かされている。あなただから生かせるものもあります。』
  • 『(それは)あなたの問題か? 仕事上の問題では?』・・・解決すべき人が他にいるなら、あなたが頑張ることで、誰かが面目を失う。難しい問題ですね。
  • 『皆忙しいから、なかなか提案を聞いてもらえないでしょう。急がず、慌てず。』・・・でも諦めず。苦労から逃げると追いかけてきますから。出るにせよ、残るにせよ、片付けるべきは片づけましょう。

事例7

  • 『幸・不幸の定義を考えてみましょう。あなたは幸せですよ。』・・・上手くいかないこともあるし、迷惑も受けるしで、不幸を嘆きたい気持ちもわかります。でも(プリント参照)。
  • 『今しばらくは大変でしょうが・・・』・・・すいません、当初、何の話か、理解できずにいました。
  • 『まずは自分の幸せを、後は必ずついてきます。』・・・色々と条件を付けなくても、話の進行とともに自然な流れで行き着きます。
  • 『強い運気があります。馬には乗ってみる。』
  • 『目先の問題ばかりではなく、その先の、また先のことも、とりあえず計画に入れる。やりたい事を整理することが大切です。』・・・自分のアピールポイントの整理にも繋がりますよね。

事例8

  • 『白黒をつけると角が立ちます。誤解はいずれ解けますから慌てずに見守りましょう。』
  • 『必要なことをいい、時には微笑む。それで通じぬ相手に何か言っても無駄です。』・・・ご家族のこと、さぞかし心配なさっているようですが、人には失敗を覚悟で行わなければ、納得出来ないこともあるようです。
  • 『好意が通じなくても、誰が見ているかわかりません。無駄ではないのです。』・・・たとえ面白くなくても、腹をたてるだけ損でしょう。
  • 『寝不足に注意しましょう。』・・・変な交通事故が流行っていますしね。
  • 『(あなたは)あの世のことはあの世に任せて、出来ることをしています。効果がなかなか見えなくても確実に生理は進んでいます。』・・・ご先祖様・尊属に対して複雑な思いを抱いていらっしゃるかもしれませんが、心配してもどうにもならないことはあります。

事例9

  • 『抛っておきなさい。その内に伝わります。(あなたは)眼の前にいるとありがたみがわからない、おひさまのような人です。』・・・誤解はいずれ解けます。
  • 『胸を痛めない(比喩)、相手に(直接)言えなくても、別なところで大声で叫ぶ! 発散が大切です。』・・・溜め込み、我慢しすぎて本当に胸を痛めないようにしましょう。
  • 『無理に自分を変える必要はありません。人それぞれ、誰にだって悩みはあるのですから。』・・・涼しげに生きている人にも、人知れぬ悩みがあって不思議ではありません。誰が良くて、誰が悪いなんて、神様でもないとわかりませんよ。
  • 『相手がどう思っているか、と、考えない。自分は自分、と、開き直りましょう。』
  • 『言いたいことを溜め込まず、発散すると、顔つきまでスッキリとします。大きな効果があるのです。』

事例10

  • 『人(相手)が分からず屋に見えるのは、相手がせっかちだからです。時間を置くことも大切です。』・・・わからないのではなく、理解するのに時間が掛かるのです。
  • 『怒りは我が身を壊します。バカは放っておく。体調不良は』
  • 『字を書く。』・・・問題点、または、悩み事を整理しましょう。混乱していると感じます。
  • 『好き嫌いは、ひとまず置いて、何をしたいのか、整理する。でないと力を貸せない。』・・・人を頼れないのが、未整理な状態です。
  • 『どんなことであれ、心までは煩わされずに、清々と生きましょう。疲れは休めば癒えますが、反感を買うと正すのが難しいものです。』・・・体調不良で不機嫌になっているのでは?

事例11

  • 『背負わず、腹で抱える。母性でもって。』・・・おんぶではなく、抱っこで。安心させるためには、目を合わせ続ける必要があります。
  • 『天に唾する。(あなたに)無理難題をいうのは、自ら墓穴を掘るようなものです。』・・・つまり、自ら無理だと心配する必要はありません。
  • テストは・・・『だめでもともと、結果オーライ。』・・・一つや二つ、落とすことがあっても人生の大勢に影響がありません。
  • 『道は開きます。信じて進む。諦めては終わりです。』・・・悲観的に成るのも行けないし、想像力の範囲に絞るのも行けません。全く新しい世界に足を踏み入れるのですから、驚くようなことがあって当たり前です。
  • 『人生は大きく変わります。変化を恐れないように。』

事例12

  • 『甘えるのも歳の過ごし方です。大丈夫ですよ。』・・・自分で抱え込む必要はありません。助けを借りていいのですよ。
  • 『もう子供ではありません。(相手に)任せる。』
  • 『正しい行いだけで、正しい結果は出ません。しかたのないことです。』
  • 『あれこれ言わず、溜め込まず、身軽にしておくことです。長生きしましょう。』
  • 『根はよく出来た人です。任せましょう。』

事例13

  • 『難しく考えない。出来ます。大きな成功はなくても、価値はあります。』
  • 『甘い考えで行わない。やるからには慎重に。』
  • 『どんなに大切な人であれ、自分がしっかりしていないと共倒れに陥ります。』・・・支えるためには、まずあなたがしっかりすることです。
  • 『実力のある人ほど、導きに身を委ねることです。勝手をすると転落します。』・・・人は頑張る内に、自分の能力と想像力の限界から抜けられなく成る、(外があることにも気づかなくなる。)ものですから。
  • 『問題なし。』
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
老研イベントリスト
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト