‘2012/04/21’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2012年4月21日 横浜オフ会

2012/04/21


以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

  • 『成るようになるし、冬が来るのは避けられません。』 ・・・嫌に思えることでも、次の幸運のために必要な過程なのかもしれません。
  • 『ダメでもともと。直感に任せなさい』 ・・・ダメに決まってる! と決め付けることでチャンスを狭めないで下さい。
  • 『レッドカーペットは敷かれてなくても、チャンスはいたるところにあります。』
  • 『蒸し返すが、按ずるよりも産むがやすし。時季が必要ならば待つだけで悩まない。悩むべき問題はひとつもない。』

 

事例2

  • 『泰然自若と受け止める。』 ・・・ジタバタすると、却って身に傷を負います。
  • 以前から忠告してきたことですが、ダメと言われると却って手を出すのは分かっていました。とはいえ、・・・『でも、好奇心は別なところで(満足させ)、仕事は趣味にしない。』 ・・・とのこと。あまり心配しなくて良いです。
  • 『頼られることに注意。』・・・人間、懐に入られると弱い人があります。
  • 『心配するより、冷静に物事を見る。ヒントはあちこちにあって明らかになる。疑心暗鬼を生じても良いことはない。開き直ったほうが良い。』

 

事例3

  • 『思い通りに行きません。』 ・・・楽観的に思えても要所をよく詰めましょう。
  • 雑談後・・・『その話を仕事に生かせないか?』
  • 『「めんどくさい」は相手にしない。』・・・メンドウと思うことがらは、往々、重要な点だったりしますから。
  • 『やるべきをやらないと腐る。』・・・壊れてから直すより、壊れる前に直すほうが圧倒的に楽ですから。
  • 『ちょっとの苦労で充分報われているぞ。(それなのに)不平を言うなバチが当たる。』

 

事例4

  • 『行き詰まるときに湧き上がるのは大抵、アイデアというより妄想です。』 ・・・困ったときほど、くだらない思いつきに失敗しやすいものです。
  • 雑談後・・・『墓参りに行け。』 ・・・自分は親元を離れているのに、子が親元を離れることに愚痴をこぼすな・・・・と、か?
  • 『だって、幸せでしょう? (迷子の)子供もちゃんと見つかったし、激情に流されるから辛いのです。』・・・愚痴を零したからといってバチは当たりません。ただし、口を開いている間、往々、人間は無防備になり、自業自得に陥ります。
  • 『苦労(グチ)をいうが、(あなたが選んだ結果)好んで得たもの。不満をいうより良くなることを祈れ。叶うから。』

 

事例5

  • 『大山鳴動ねずみ一匹、出ても二三匹。』 ・・・相手の足元を見てもよさそう。
  • 『小さなことを心配するより、大きな事を考えたほうが良い。このまま枯れる気か?』
  • 『あなたは、歳を重ねるごとに忙しくなる人です。だから主体的に動かないと、(忙しさに)潰れてしまいます。』
  • 『つまらぬ夢を語るな。もっと大きなものがあったろうが? 人に遠慮せずに今出来ることを思い返してみよ。』

 

事例6

  • 『~は忘れた頃にやってくる』 ・・・と、聞こえましたが、これは霊からの助言というより、あなたがそう心配しているのを読み取ったのだと思います。すると、今心配しているのは、実は現実逃避なのでは?
  • 『一呼吸すれば(置けば)、出来ないことはない。』・・・未だ起こらぬ大事件の心配をする必要はありません。慌てさえしなければ、あなたに解決できない問題ではありません。
  • 『(忙しいのは)もう少しの辛抱です。』
  • 『人から見れば楽な生き方に見えても、内面は伺えぬ。色々と心配し、気配ったがために疲れているのだ。大手を振って休め。』

 

事例7

  • 『そのイライラは現実逃避です。』 ・・・イライラする必要があるのでしょうか?
  • 『そういう人を嫌うのは、アレルギー、あなたの自己防衛本能の過剰反応です。』 ・・・『餓鬼の相手も大切な修行』・・・だそうです。
  • 『先行きは明るい』と見えました。
  • 『思うようにならぬ、のではなく、思う間に出来ぬことで悩んでいるのだ。時間というものをもっと見つめよ! 人生の荒波より時間との勝負に負ける人もいる。特に才能のある人は。』

 

事例8

  • 『上手に話を引き出す。』 ・・・相手に好きに話させると、疲れから愚痴になだれ込みます。建設的な事柄に話を誘導するのです。
  • 『腰痛に注意』
  • 『(大変な思いも)世間から見たらまだまだ全然。 旦那さまは真面目だから悩んでいるのです。多くの人はヘラヘラと悩まずに生きているのに。』
  • 『(心配しているようだが)あきらめぬ限り幸せが逃げることはない。だが、逃げたものを追いかけても遅い。』
  • 『気配りとは目に見えないところにもするものだ。』

 

事例9

  • 『仕事に変化があります。』 ・・・近日中に。劇的に良くなるわけではありませんが、今よりは良くなります。
  • 『貯めこまない。気持ちを荒げない。』・・・我慢しても、怒っても、問題は解決しません。粛々と解決に向かうべきです。
  • 『ゆっくりとですが良い方向に向かっています。』

 

事例10

  • 『問題の整理が必要です。でないと答えを取り違えます。』 ・・・例えば良薬口に苦し、とか。好むものと必要なものとは往々、異なるのですね。
  • 『「内助の功」なぜ生かさないの?』 ・・・あなたはリーダーシップを発揮できる人ではありますが、需要と供給の点で考えると、あなたの最大の武器は補佐役になることです。
  • 『自分の魅力や才能をあまり自覚なさっていません。』
  • 『億劫、臆病。必要ならば休むことです。』
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
4月 2012
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30EC
5月 2012
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト