‘2012/04’ カテゴリーのアーカイブ

2012年4月度 大阪オフ会

2012/04/29
2012年4月29日
13:00to15:30

4月度、大阪オフ会は4月29日(日)に開催します。

参加ご希望の方はEメール、メールフォームなどでお申し込み下さい。

2012年4月度の大阪オフ会は無事終了しました。

参加者の皆様、どうもありがとうございました。

霊査事例: 2012年4月21日 横浜オフ会

2012/04/21


以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

  • 『成るようになるし、冬が来るのは避けられません。』 ・・・嫌に思えることでも、次の幸運のために必要な過程なのかもしれません。
  • 『ダメでもともと。直感に任せなさい』 ・・・ダメに決まってる! と決め付けることでチャンスを狭めないで下さい。
  • 『レッドカーペットは敷かれてなくても、チャンスはいたるところにあります。』
  • 『蒸し返すが、按ずるよりも産むがやすし。時季が必要ならば待つだけで悩まない。悩むべき問題はひとつもない。』

 

事例2

  • 『泰然自若と受け止める。』 ・・・ジタバタすると、却って身に傷を負います。
  • 以前から忠告してきたことですが、ダメと言われると却って手を出すのは分かっていました。とはいえ、・・・『でも、好奇心は別なところで(満足させ)、仕事は趣味にしない。』 ・・・とのこと。あまり心配しなくて良いです。
  • 『頼られることに注意。』・・・人間、懐に入られると弱い人があります。
  • 『心配するより、冷静に物事を見る。ヒントはあちこちにあって明らかになる。疑心暗鬼を生じても良いことはない。開き直ったほうが良い。』

 

事例3

  • 『思い通りに行きません。』 ・・・楽観的に思えても要所をよく詰めましょう。
  • 雑談後・・・『その話を仕事に生かせないか?』
  • 『「めんどくさい」は相手にしない。』・・・メンドウと思うことがらは、往々、重要な点だったりしますから。
  • 『やるべきをやらないと腐る。』・・・壊れてから直すより、壊れる前に直すほうが圧倒的に楽ですから。
  • 『ちょっとの苦労で充分報われているぞ。(それなのに)不平を言うなバチが当たる。』

 

事例4

  • 『行き詰まるときに湧き上がるのは大抵、アイデアというより妄想です。』 ・・・困ったときほど、くだらない思いつきに失敗しやすいものです。
  • 雑談後・・・『墓参りに行け。』 ・・・自分は親元を離れているのに、子が親元を離れることに愚痴をこぼすな・・・・と、か?
  • 『だって、幸せでしょう? (迷子の)子供もちゃんと見つかったし、激情に流されるから辛いのです。』・・・愚痴を零したからといってバチは当たりません。ただし、口を開いている間、往々、人間は無防備になり、自業自得に陥ります。
  • 『苦労(グチ)をいうが、(あなたが選んだ結果)好んで得たもの。不満をいうより良くなることを祈れ。叶うから。』

 

事例5

  • 『大山鳴動ねずみ一匹、出ても二三匹。』 ・・・相手の足元を見てもよさそう。
  • 『小さなことを心配するより、大きな事を考えたほうが良い。このまま枯れる気か?』
  • 『あなたは、歳を重ねるごとに忙しくなる人です。だから主体的に動かないと、(忙しさに)潰れてしまいます。』
  • 『つまらぬ夢を語るな。もっと大きなものがあったろうが? 人に遠慮せずに今出来ることを思い返してみよ。』

 

事例6

  • 『~は忘れた頃にやってくる』 ・・・と、聞こえましたが、これは霊からの助言というより、あなたがそう心配しているのを読み取ったのだと思います。すると、今心配しているのは、実は現実逃避なのでは?
  • 『一呼吸すれば(置けば)、出来ないことはない。』・・・未だ起こらぬ大事件の心配をする必要はありません。慌てさえしなければ、あなたに解決できない問題ではありません。
  • 『(忙しいのは)もう少しの辛抱です。』
  • 『人から見れば楽な生き方に見えても、内面は伺えぬ。色々と心配し、気配ったがために疲れているのだ。大手を振って休め。』

 

事例7

  • 『そのイライラは現実逃避です。』 ・・・イライラする必要があるのでしょうか?
  • 『そういう人を嫌うのは、アレルギー、あなたの自己防衛本能の過剰反応です。』 ・・・『餓鬼の相手も大切な修行』・・・だそうです。
  • 『先行きは明るい』と見えました。
  • 『思うようにならぬ、のではなく、思う間に出来ぬことで悩んでいるのだ。時間というものをもっと見つめよ! 人生の荒波より時間との勝負に負ける人もいる。特に才能のある人は。』

 

事例8

  • 『上手に話を引き出す。』 ・・・相手に好きに話させると、疲れから愚痴になだれ込みます。建設的な事柄に話を誘導するのです。
  • 『腰痛に注意』
  • 『(大変な思いも)世間から見たらまだまだ全然。 旦那さまは真面目だから悩んでいるのです。多くの人はヘラヘラと悩まずに生きているのに。』
  • 『(心配しているようだが)あきらめぬ限り幸せが逃げることはない。だが、逃げたものを追いかけても遅い。』
  • 『気配りとは目に見えないところにもするものだ。』

 

事例9

  • 『仕事に変化があります。』 ・・・近日中に。劇的に良くなるわけではありませんが、今よりは良くなります。
  • 『貯めこまない。気持ちを荒げない。』・・・我慢しても、怒っても、問題は解決しません。粛々と解決に向かうべきです。
  • 『ゆっくりとですが良い方向に向かっています。』

 

事例10

  • 『問題の整理が必要です。でないと答えを取り違えます。』 ・・・例えば良薬口に苦し、とか。好むものと必要なものとは往々、異なるのですね。
  • 『「内助の功」なぜ生かさないの?』 ・・・あなたはリーダーシップを発揮できる人ではありますが、需要と供給の点で考えると、あなたの最大の武器は補佐役になることです。
  • 『自分の魅力や才能をあまり自覚なさっていません。』
  • 『億劫、臆病。必要ならば休むことです。』

私に触るな!

2012/04/05

注: この原稿は、数日に分けて編集されます。編集終了後に、この注意書きは削除します。


  問題としては具体的だが、説明が抽象的になるので、言葉で説明するのが難しく思えて、放置してきた問題を取り上げる。まあ、相談されたも事もないし・・・とはいえ、悩みとしては案外多いと思われる事例である。

多分、霊障(ここでは「霊的な障害」を指す。「心霊的な障害」と表現すると心理的な問題まで含まれてしまうので下記とはそぐわない。また、霊的=病気の場合を例外とする。)というと

1, 思考を読まれる、または、干渉される。

2, 行動を抑制される、または、強いられる。

3, 災難 (偶然かも?)

4, 何らかの事象を体験する (気のせいかも?)

等がある。本来なら、行動を強いられることが事故の原因にもなって大問題のはずだが、自身の思考に影響がない限り、当人としては「戦える」と判断できるらしく、一番嫌われるのは、思考に対する干渉のようである。

とはいえ、人間は希望があると無駄にあがき、苦しみを長引かせることがある。病気でもケガでも、自分ではどうにもならない、と思えばこそ、急いで医者・専門家に相談するものを、「寝ていれば治る」等と軽視することで、往々、手遅れになったりする。

つまり、手口の悪辣さからいうと、自力で何とかできそうな問題のほうが、巧妙で逃げ出しにくかったりする。

また、これまた悪辣な話だが、たとえささやかな嫌がらせでも、どうしても抜け出せなければ、やはり自力での解決を諦めてしまうだろう。

例えば、寝ようとすると話しかける。これは迷惑だ。会議中やテスト中に話しかけられるのも気が散る。無意識に返事をしようものなら、立場が危うくなるだろう。

また、入浴中やトイレなど、他の視線が不快なときに声、とくに異性の声が聞こえたら落ち着かないどころではすまない。

または、手で触れられる感触がある、首や脇、さらには陰部に感触があるのは、人間の尊厳に触れる冒涜である。

・・・こういう嫌がらせが続くのは、やはり大問題ではあるが、その嫌がらせが、たとえば、念を送ったり、手で振り払うことで退けることが出来るとしよう。すると、やられたらやり返す、やられたらやり返す、という繰り返しに陥りかねない。

反撃しているつもりでいると、往々、自分の苦しみが紛れてしまって気付き難いが、一方的にやられている時よりも気が散っているし、意識せずに異様な行動を撮り始めたと、周囲に疑われかねない。

しかも、振り払うどころか、真剣に反撃している時ほど、相手の抵抗が強かったりすると・・・要するに反撃可能というのは、いいように遊ばれていることがある。

 

獅子身中の虫

・・・いいように遊ばれる? では、敵はどこに潜むか?

もしもあなたが、いたずらを仕掛けるなら、その結果をどこで見たいか?

または、身を隠し、身を守る上で一番都合のよいのはどこだろう?

相手の後ろ?

相手の上? ・・・または???

隠れるなら、また、仕掛けるのに一番便利なのは、敵の中であろう?

そして、偽の情報を与え、混乱させ、あわよくば、同士討ちをさせる。

さらには・・・延々と争い続けさせ、相手の心が荒むように仕向ける。

 

人を呪わば?

敵と戦う。・・・もしかしたら、いや、多分、それは正義の戦いかもしれない。だが、戦い続けるあなたは、正義を忘れずにいるだろうか?

「とにかく敵を倒す!」・・・手段と目的の混同。それがないといえるか?

ましてや・・・相手の手口も気づかずに、相手に弄ばれていたとしたら、あなたに正義はあるのか?

暴力の言い訳に「正義」という言葉を用いていないか?

多くの、多くの霊能者が「除霊」が必要という。・・・暴力で解決するのか?

多くの、多くの霊能者が「浄霊」が必要という。・・・洗脳が正義か?

戦い続ける「修羅」を生むのが正義なのか?・・・そんな選択は、きっと誰かが悲しむだろう。

あなたは戦い続けて、いつか勝つかもしれない。だが、それは神の勝利となるだろうか?

あなたが勝って(自称)、神が負けたなら、この世は滅びに向かうだろう。

あなたは、この世の滅びに手を貸していないか

 

基本に帰る。

では、どう解決するか、するべきか?

 

まずは、正論が、往々、不快であることに注意すべきだ。

正しいと分かっていても、不快で選びがたい。・・・つまりは、そこに自身の修行の余地があるということだ。

正しい行い、他者のための行いなのに、それを行う自分自身が不快という壁に阻まれる。まして、その苦痛の先にある結果は、相手が向上した果てに与えられるとしたら・・・葛藤。

だが、葛藤が生じるのは、道に迷うがゆえ。・・・ヒヨコのオスメス選別のようなものだ。分かる人には解り、分らぬ人には解らないのである。

だから私は、二者択一の正解は三番目、三者択一の正解は四番目という。

今の答えより明日の正解。今日のベストより明日のベスト(それは往々今日のベター、比較的良い答え)という意味でもある。いや、そうあるべきだ。

 

繰り返すが、為すべき解決法は不愉快なものである。

なぜなら、人間は、その時々で終わらせたいものだからだ。創作者にとって「・・・続く」という結末は、次回への布石、露骨にいえば利益への誘導である。だが、読者にとってはストレスでしかない。

続くの次は続く。そして最後は、「なんちゃって?」・・・誰もがそれを恐れている。・・・人生の多くはそのように振舞うがゆえに。

・・・でも、あえて言う。私が思うに、あの世のことはあの世に任せるべきだ。つまり、不快であるなら尚の事、自ら速やかに追い払おうと思うより、霊たちに解決を任せて自身は我慢すべきだ。

勝つか負けるかではなく、自ら、「戦わぬ」「争わぬ」ということが大切と悟るべきである。

これは例えば、「世界平和に反する奴はとんでもない!!!」と怒るような、戦闘的平和主義者(世の中には案外多い)を見たなら、我が身を振り返って、為すべきを為すべきだ。

勝てるかどうかではなく、不戦こそが、神の道であろう。

 

 

 

・・・続く

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト