‘2012/03’ カテゴリーのアーカイブ

2012年6/7月静岡オフ会

2012/03/24
2012年6月30日to2012年7月1日

6月30日(土)、7月1日(日)に静岡オフ会を開催します。参加ご希望の方はEメール、メールフォームなどでお申し込み下さい。なお、静岡オフ会は宿泊、その他の手配が必要ですので、直前のお申し込みには応じかねます。

 

霊査事例: 2012年3月10日 横浜オフ会

2012/03/11


以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

  • 『落ち着きなく働く。 座り込まない、準備に時間をかける。』
  • 『肩が凝るのは、(あなた行いに)無駄が多いからです。』
  • 『一歩先を行う。言われる前にやる。』
  • 『捨てる神あれば拾う神あり。とはいえ、甘えない。』・・・歳と共に立場は変わります。人を当てにすると、いずれはネタが失われます。

 

事例2

  • 『顔のマッサージを心がける。 (心身を)緩めることの大切さ。』
  • 『無理を言わない。(相手は)自分と同じ(同じことが出来る、利益が共通)と思わない。』
  • 『緊張を緩めないと身体を壊します。』
  • 『大手を振って、マッサージにでも行って来なさい。』・・・身体を壊してからでは、簡単に治りませんから。

 

事例3

  • 『明るいイメージを作る。』・・・悲観すると、嫌なものしか見えなくなり、結果、泥沼に嵌り込みます。多少の障害を跳ね除けて、成功をつかむため、楽観性を保ちましょう。
  • 『まず、自分のリズムを掴むことです。運が悪いというより自分の活用法が下手です。』・・・根気がない人なら、こまめに休めばいいのです。やりすぎる人なら、スケジュール管理を厳密にするとか、方法はいくらでもあります。
  • 『(大切なものを)壊してしまうのは、力の使い方が下手だからです。』・・・思い切り、大切にしても、うまく行かないものです。時には壊れ物を扱うように、対象にふさわしい力の入れ方が必要です。短気はあなたを不幸にします。
  • 『あなたが思うよりも、直すべきところは少ないのです。でも、リズムが狂えばうまく行くはずのものも、うまく行きません。』

 

事例4

  • 『手間を惜しむのは気疲れから。』・・・疲れると行いが雑になります。
  • 『三手先を読んで、(それでも判らなかったら)開き直る。』・・・心がけていらっしゃると思いますが、それを肯定してのことです。
  • 『やりたい事が見つからないのは、自身が充実しないからです。』・・・人が思わず、「満足」を感じるには二通りあります。例えば、お腹が満たされた時、反対に、溢れそうなものを出した時。余ったエネルギーを注ぎ込みたい人なら、仕事に満足を感じることができますが、不足を満たしたい人は仕事に満足を得ることは出来ません。
  • 『不足の一番は自信です。(誰もがそうなのだから)劣等感には開き直ることです。』

 

事例5

  • 『心配すると手がおろそかになります。大切にするとは手間を惜しまぬことです。』・・・やるべきことと、やりたいこととは往々、相反します。バランスを大切に。
  • 『考えを整理しましょう。』・・・家事も仕事も、順序が大切、段取りが大切です。
  • 『旦那さまの顔色を見る。』・・・ご機嫌伺いのためではなく、体調管理のためにです。
  • 『暑いぐらいの快晴とはいかなくても、まあまあ良い天気が続きます。』

 

事例6

  • 『変化を悲しめば、嬉しいことも無くなっていきます。』
  • 『もう良いじゃない』・・・と聞こえました。
  • 『自分と仲直りしましょう。』・・・特に、価値観は時代と共に変わります。出来なかったことで自分を責めては時間がもったいないです。
  • 『味わいのある人生。味わいのある人柄。大切です。』・・・甘い人、酸っぱい人、辛い人もいますが、単純な味わいでは飽きが来ますよね。雑味に思えても、それが味わいなんだと思います。
  • 『隠し味。無理に言わなくても、案外記憶に残っています。それは大切なことです。』

 

事例7

  • 『受け入れることです。目を背けると(ダメージ)コントロールが出来ません。』・・・危ないことなら、なおのことよく見張るべきです。
  • 『往々、期待通りにならなくても、最悪は免れています。』
  • 『今月はちょっと足元を見て、うつむきがちで難を逃れる。』・・・慎重に。または、我を隠しましょう。
  • 『天気が良いと、雨の備えを忘れます。小さいことに拘らないのは、幸せだった証。でも、誰もがそうではあるません。』・・・今は無事に過ごせていても、小さなことで大きく恨む者に備えることです。

 

事例8

  • 『腹を立てても仕方がありません。健康を考えることが得です。』
  • 『苦労は報われます。それは本当にすごいことです。』・・・多くの人、多くの場合、往々、苦労は報われないものなのですから。
  • 『まあ良い。』・・・と伝えよと言われました。
  • 『皆それぞれに何とかします。大丈夫です。』・・・優秀な方々のことですから、あまり心配しなくてもよいでしょう。

 

事例9

  • 『見るべきは自分(の安全)です。環境は全てではありません。』・・・乱気流に巻き込まれて落ちた飛行機に生存者があったり、鉛筆が刺さって死ぬ人もいたり、人の生死は往々、境遇・環境だけでは計り知れません。
  • 『亭主と息子は元気で留守が良い。(それは)今のうちです。』・・・あれ? 私は結構危険なことをいっている気が。
  • 『まあ、男の子は、程々にといっても聞かないから。』・・・暖かく見守ることも大事ですね。
  • 『嫌味の内容に、できることは先回りして、あとは悠々と過ごす。』・・・知らないふりも大事かも。

 

事例10

  • 『意に沿わぬから疲れる。 では、なぜ意に沿わそうとする?』
  • 『考えるな。感じろ。 だいたい、大抵の事は、どうでも良いことだから』
  • 『程々に。強く言っても、小さな声でも、相手には伝わりません。』
  • 『長い冬もそろそろ終わる。楽しむこと。』

 

事例11

  • 『桜の花も咲きたるに、此(子)の花ばかりを見たれば春に気づかず。』
  • 『考えすぎの人は往々、考えることが好きな人です。』・・・趣味に走ると、大事な事がおろそかになります。責任ある人に「心配するのが趣味」というのは、意地悪なようですが、大事なときにこそ冷静にならないと物事が拗れがちです。
  • 『悩んだなら(棚上げして)、お子さんと遊べば良いのです。』・・・考え過ぎを避けるには身体を動かすのが一番です。
  • 『楽に得られるものは容易に失われるのが道理。苦労の伴わない幸せなんて幻想です。大切に。』

 

事例12

  • 『心配するより、幸せを築くこと。』
  • 『(そろそろ)仕事に目を戻しても良い。』
  • 『力み過ぎると実力が発揮できません。』・・・あなたが頑張るとき、身体を動かすよりも、口が動いてしまいませんか? 口より手を出しましょう。
  • 『先回りできなくては包容力は発揮できません。冷静に。』・・・後を追いかけるだけではダメということです。
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト