‘2010/11’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2010年11月13日 東京オフ会

2010/11/14

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

  • また計画が再燃ですか? 『あなたには不足があります。それを解決しないと、何をしてもうまく行きません。』
  • 『全てのものには仏が宿る、仏は人の口を借りて真理を語る。 嫌いな「あの人」の言葉にも大切なチャンスがあります。行き詰まった時こそ、嫌いな人の言葉に答えを探すことです。』・・・あなたが嫌いな人とは、あなたとは異なる方向性の持ち主です。もしもあなたが行き詰まったなら、意見や生き方が大きく違う人の意見が役立ちます。
  • 会社勤めなさっているのに変な話ですが、『クラブ活動』と見えました。・・・人を集めて、何かを行うことが、何を目的にしても役立ちます。
  • 改めて『同好会』と見えました。あなたは世話役に向いています。

 

事例2

  • 『馴染んできました。(板についてきた?)とても良いです。』
  • 『あなたは幸せですね。』・・・以下略。
  • 『案ずるより産むが易し。』・・・あなたの思うとおり、何とかなります。
  • 新しい『準備』も忘れずに。

 

事例3

  • 『メリハリを。家を思い、仕事も思う。情ばかりでは(自分を)活かせません。』
  • 『根を詰めすぎです。ゆるめ方も覚えましょう。』
  • 『考えても答えが出ない時は、(じたばたせずに、インスピレーションの)受信用意をすべきです。』
  • 『隠し事が下手というのは、気持ちが抑えられない人です。』

事例4

  • 『お祖母さんの話を聞いて』・・・何か忘れていませんか?
  • 『志《こころざし》』・・・悲しい、寂しい、苦しい、痛い、というのは相手にする話ではありません。ほんとうに価値有るものを大切にしましょう。
  • 『ご自分の才能について、良く考えましょう。』・・・ただし、精神統一は懸命にやるのではなく、余計な事をやらないことが大切です。
  • 事故・故障が多くて、という質問に対して。 『予兆の無い事件には、メッセージ性がありません。』・・・霊があなたに何かを伝えたいなら、先に予兆を示さないと価値がありませんし、あなたは無事なのですですから、呪いや祟とも考えられません。だとしたら、『いかにあなたが多くを見落としているか。』

事例5

  • 『愛しているから支配したいし、支配したいからままならず、苦しくなります。』・・・これはあなたの理性を論じているのではなく、情について、主に「牽制」しているものです。たとえば、「子供の親離れ」を例にとれば、成長への欲求が往々、親にとっては手ひどい裏切りに感じられるところがあるものだが、それは子供にも非があるが、同時に親の支配欲の表れだ、という風にご理解下さい。
  • 『災難続きに思えても、それはあなたの因縁ではありません。』
  • 『手も足も出ません。本当の理由がわからないからです。今は、人間観察の期間です。』・・・二項目と合わせてご説明します。「手も足も出ない」と、「諦める」とは必ずしも繋がりません。今はダメで時期を選ぶべき問題もあるし、関係ないから放っておく/他の重大事に力を注ぐ、という選択もあります。霊障の心配を擦る必要はないから、人間関係に専念しなさい、でも、今は解決の時期ではないから、良く人間を観察しなさい。とはいえ(全般より)相手を許す覚悟もなく、その弱点を探したら、生きるのが嫌になりますよ。
  • 『真実はなにより人を傷つけます。それがわかるあなたは真実に近い生き方をしているのです。無理をしないことです。』・・・あなたは人の夢・妄想に冷淡な人です。それゆえ、当たり前のことをいうつもりが、周囲を傷つけることがあります。 あなたにとっては、当たり前のことでも、第三者から見れば、夢をぶち壊すこと甚だしい部分があります。真実ほど人を傷つけるものはありませんから、恨まれぬようにご自愛を。 そういう事実認識、または現実認識にギャップが生じるのは、周囲の人々と比べて、あなたがより真実に近い生き方、または、より少ない夢想をまとって生きることができるからです。

全般

  • 許す覚悟もなく、人の弱点を探さないことです。

 

 


あなたの至った真実は本物か?

2010/11/09

「霊感かと思っていたが、違ったようだ。」と、古い友人からメールがきた。

・・・・・・・

 人生は概ね、儘《まま》ならないものだ。霊感があろうとなかろうと、その点に大きな差異はない。

 例えば飲食店が百軒並んでいたとして、霊感があれば、その中の美味しい店を見いだせるかもしれない。もしくは、まずくない店を避けられるかもしれない。

 だが、どんなに優れた霊感を持っていようと、無い袖は振れない。店が一軒もない場所で、飲食店を見つけられるはずもない・・・。

モノには限界があるし、無理を強いればどこかで破綻する。

 あなたは、無理を強いて、我が身を害していないか? ・・・これは例えば、神仏に祈ることも含まれる。・・・天に唾する・・・無理な祈りを重ねて、神仏を従わせようとしてもうまく行かない、というより、それで精神を病んだ人を何人か知っている。

 (ほら、あなたと一緒に一泊オフ会に参加した人も、その一人ですよ。)

 そもそも、祈って『応《おう》!』という返事がなければ、それはつまり「その祈りが正解」ではない、べつな答を探せ、という無言の返答と思うなら大過は無かったはずだ。

 ねだって上手くいけばめっけ物・・・いや、相手が許す以上を求めるなら、それは盗もうとするに均しい。しつこいのは罪と知るべきだ。それに気づかないから、我が身を害しても許されない。

・・・・・・・

 霊感といえば、超常現象などに例えられるが、単にそのルールが知られていないだけであって、常識をすべて超越しているわけではない。
 その証拠に・・・。  (は、最後の方に)

・・・・・・・

 統計を取っているわけでもないので、つまりは経験的に思うのだが、霊感は伝染する。といっても、細菌やらウイルスやらが霊感の原因だというのではない。

 おそらく、己の直感を口にする・・・他者にいうことに抵抗が無くなって行くのだろう。

 だが、抵抗を減らす、または、ブレーキを外す・・・今まで動かなかったものが急に動き出せば、そこに衝突の機会も生じることになる。

 動くものを制御できなければ危険が生じる。それゆえ、制御できないものを動かすのは無責任である。

 それゆえ、霊感を得た者が、まず真っ先に行うべきなのは制御、端的にいえば、「いかにそれを止めるか」ということになるのだが、人が動かしているのを見てきた人は、動かすことの危険を思うより、動かすことの便利さを思う。事故を起こすまで、なかなか危険性が腑に落ちないようだ。・・・抵抗がない事には同時に長短がある。

 むろん、霊感の発現、すなわち動き出すのは、当事者の意思とは無関係で、予想外のことであろうから、当面の危機管理も容易ではない。概ね、失敗を繰り返して学ぶしかあるまい。

 だからこそ、 「失敗したのは霊感が悪い」と思うのは、それこそ、己を使いこなすことの出来ない者の考え方だ。失敗は辛いが、それを財産とせずにはいられまい。・・・なにしろ、人は死を免れることが出来ないのだから。なんとなれば、死後に霊感を使わずにいられようか? 引きこもって誰とも合わずに過ごすのか? または、断ってもつきまとい続ける霊たちにしがみつかれて過ごすのか?

 他の成功ばかりを真似するから、他の失敗の跡を追うことになる。成功を学ぶには、同時に、相手の失敗からも学ばなくてはなるまい。

・・・・・・・

 さらに悲劇的なのは、失敗して始めて「霊感を自覚した」という場合で、逃げ出す前より事態が悪くなり、逃げ切れなくなってとうとう、「その霊感が(思うものと)違うものだ」と気づく場合だ。

 その霊感(・・・なるもの)は一種の現実逃避であり、現実逃避は、本能的な選択であって、そこに理性を期待するのは間違っている。それゆえ、いくら尊敬する相手から「その霊感を信じてはいけない。その内容は絶対に変だ。」と注意されても信じようとしない。説得するのもまず無理であろうし、そもそも、その話題を口にするだけで相手に苦痛を与えることだろう。・・・真実はなによりひどく人を傷つけるのである。

 事故を起こしたがゆえに、動かすことを恐れてしまうのは仕方のない。だが、動かすことにはかけがえの無い利便性もあるし、そもそも人が霊としての一面(死後の個性存続)があるとするなら、霊感を使うことには必然性もある。

・・・交通事故の多くは、運転する人の側にあるのと同様だ。まあ、多少は車の機械的な原因もあり得るが・・・それを人間に喩えるなら、霊感と思っていたが実は精神病であった、という場合もあろう。

 果たしてそれは霊感か、それとも精神病の結果か。・・・それはどちらに主体があるかを思えば、悩む話でもない。

 ヒラメキがあるから問題が打開できる。自分で考える上での手段としてヒラメキを使うなら、それは必ず人生の力になる。 だが、ヒラメキに流されていては落ち着きがあるまい。・・・または・・・霊感を超常現象と信じる人は、大切なことを見落としているかもしれない。

 そもそも、事態を解決するのは行動である。行動なく解決すると信じるのは妄想であろう。・・・手を出さずに口だけを出すようになったら、それは無駄に加齢したか、きっと気付かぬうちに身体を病んでいるのだろう。

 あなたは、あなたが迷惑と嫌っていたあの人に、近づいているのである。

 問題は霊感にあるのではなく、霊感の使い方にある。別な言い方をするなら、知識の不足が不幸の原因である。ならば、知らずにはさらに苦しむ。・・・心の眼を塞いではさらに苦しむ。

 眼を開ければこそ、汚いものも見えるのだけれど、汚いものを見ればこそ、それを避けることも出来る。

 あの時、霊感と信じていたものが、果たして真に霊感であったか、それとも、ただの妄想、または病的な妄想であるか。・・・それが果たして問題であろうか?

 その能力が正しくても、つながった相手が嘘付きならば、騙されずにはいられないのだから。

 さらにいえば、言葉の真偽を思わずに騙された、としたなら、あなたを騙した本当の相手はだれか?

・・・・・・・

 確かに、騙されたなら、嘘をついた者が悪い。・・・だが、嘘付きがなくならない世の中で、嘘を避けて生きることが出来るだろうか? 

「◯◯の霊」と名乗る相手や、神や仏を名乗る霊を尊ぶのは、果たしていかなる心の現れか。 たとえば、子供の戯言や、酔っぱらいの世迷言にも時には真実は潜んでいるだろうし、学識者や宗教家のいうことにだって、時には嘘や間違いがあるかもしれない。・・・肩書きを信じて、その内容を検証しないのは誰の非で、誰の損か?

・・・・・・・

 そもそも、人が死んで皆・正直になると思う人はいなかろうが、死んでこの世に未練を残すのはどういう人か、想像してもらいたい。 ・・・遣り残す事のある人。であろう。ではその、遣り残しとはなにか? 事件・事故の結果という強烈なものもあるだろうが、霊感の強い人が振り回されるのは概ね、考えるばかりで行動しない人、生前は(肉体的)行動力を持たずに、ただ精神的な行動ばかりを行った人と思うと、霊感の自覚のある人の、腑に落ちるはずだ。

 または、頼まれもしない人宛にいろいろメッセージを送ってくるのは、概ね、こういう霊である。大げさな話なので、見分けるのは比較的簡単だ。

 グズグズいわずに行動しろよ! という、生活態度の人なら、端から相手にしない筈である。(・・・とはいえ、誰もが、最初から安全対策に詳しいわけではないし、ベテランだって初めて知る話題もあるだろうから、知っていて当たり前というのではない。)

「ではどういう霊を信じろというのか?」と、問う人もいるだろうが、◯◯なら信じて良い、という単純な判別法があると信じるのは、 肩書きを信じるのと変わりない。ただ、いわゆる霊感初心者と話をしていて違和感を感じる点が、ヒントになるかもしれない。

 姿を見せたり、声で聞こえたり・・・というのを霊感の標準と考えてはいないか? それは本来姑息な表現と割り切るべきだ。

 本来、匂いもあれば、手触りを感じもする。または、なにやらうそ臭いとか、余裕がなさそう、といった雰囲気も伴うし、行動力の伝染・・・ヤル気が乗り移ったりもする。

 とくに、言葉ばかりが伝わってくるなら、「口先だけの相手」と思うのが無難で間違い無い。たとえば、職業霊能者のリップサービスをみて、こういうモノだと思うべきではない。

 それはともかく、石橋を叩いても渡らないタイプ、考えるだけで行動を惜しむタイプの人で、霊感が強かったとしたら、その体質を変えない限り、霊感は騙されるためにあるといってよさそうだ。もっとも、霊障(この場合はつきまとう霊が多い)を持つと、行動力が失われがちで・・・悪循環だ。

・・・・・・・

 そういえば、私がメールで心霊相談を始めたことを知った、私の霊能の師(私は「霊感」と「霊能」という言葉を使い分けています。) から、

「メール一本で、足も使わずに相談したって、解決なんてするはずない!」と、いわれたことが有った。実際のところ、メール相談といっても、切っ掛け・手段の一つであって、無駄ではなかったと思うが、さすがに、無料相談に甘えて、明日の天気まで訊いてくる人がいることを思うと、私は師から大切なことを確認された、と痛感する。なにしろ私の師は、結構な年齢なのに行動力があって、私は未だに煽られぱなしであるから・・・

 

(さらに…)

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト