‘2010/08’ カテゴリーのアーカイブ

宜なる哉

2010/08/28

 人には得手・不得手がある。

 私は取り立てて何らかの長所があるとしても、それを理由に誰かの欠点を笑いたいとは思わない。

 ・・・まあ、日常の中で、自分の欠点に追いかけられて過ごせば・・・生業を維持するのは誰にとっても大変なことのはず・・・強がるためにも、誰かを蔑視したいのは人情かもしれないが、私はそれを潔しとはしない。この不景気なご時世の必然的な欲求の中で、私も日々、心中で悲鳴を上げていてもなお、他者をいびるのは恥と思う。

 今は楽でも、その先に待つ苦難を知るが故に、力むことなく、その道が過ちと信じることが出来る。

 

 とはいえ、つまり、他者への蔑視を恥じていてもなお・・・往々、他者と話していて、『やはり◯◯が分かっていないのだな』と思うことがある。

 たとえば・・・頑張る人もいれば、頑張ることを嫌う人もいる。・・・果たして、そのいずれが正しいのか。・・・その一方で、必要に応じて頑張り、必要なければ頑張らぬ人もいる。悠々自適、もしくは、自由・自在な生き方。

 何を意固地になっているのだろう? ・・・頑張る人も、頑張ることを嫌う人も。 状況に合わせて生きることも出来ず、まるでムキになっているかのような生き方をして。・・・もっと工夫すれば、いや、もっと肩の力を抜けばよさそうなものを。

 皆、自我(エゴ)・・・もしくは、いわゆる自我(エゴ)に振り回されていないか? つまり、自分の主であることを忘れて、自分の奴隷になっていないか。いわゆる、欲望と呼ばれる主体を自分と思っていないか?

 

 大切に扱うべきではないか? あなたがそれを本当に大切に思うなら。・・・が、頑張るだけで手に入るのか。(それは果たして、大切なときに頑張らなかった事への反動なのか?) または、諦めてしまえるのか(努力の大切さを過大評価していないか?)

 意地に振り回されていないか? そうであるなら、あなたがどこに向うか、いや、あなたがどこに行き着くのかは、あなたの意図がどこにあろうとも自明であって、それゆえ、宜なる哉、と、私は思わずにいられないのである。

 例えばそれが、「先祖供養は大切だよね。」という、思いであろうと。・・・今なすべきことから目を背けて、用意には手の届かぬことに努めていないか?

 私はそれを「無駄な努力」とは言わない。ただ、「順番を間違えば、多くが無駄になる。」と思うだけだ。

 それはつまり、あなたが努力するのは、無駄にするためか、それとも大切にするためか、という問である。・・・この実に明快な問の答えを人々は間違う。「大切にするために」と言いながら、人は無駄にするのである。

 人々は無意識に無駄にしている。・・・その事実は、とりわけ不可解なことだろうか?

 古今東西、人々は、正義のために人を罰し、平和のために戦ってきた。豊かさを得るために他者を搾取しもした。いわば、当たり前の選択であるし、その選択故に、今の地上が不幸だとは思わないのだろうか?

 いや、その事実認識は虚しいものであるか。

 

 この世の中をもって『足るを知る』というのであれば、それはつまり私たちは幸せなのであるから。たとえどれほど苦難が伴おうとも。

 むろん、利点を認めず、短所ばかりを論じて、自らの不幸を嘆くのもナンセンスではある。

 ただ私は思う。多くの人は、持って生まれた利点を正しく評価せず、不満ばかりいうか、不満も言わずに黙殺している。

 自分を活かさずに、いかなる大事業が実現できるというのか? ・・・己が為すべき大事業を思わないなら、その人生はまた、それなりでも宜なる哉。

 自らの不幸を嘆く人は、おそらく本当に不幸なのであろうが、しかし、自分の長所を皆、活かす努力をしているのだろうか、と思えば、多分不幸にして活かしていないと思う。

 その意味で、本当に「宜なる哉」と思えるのは、つまり、自分の長所を活かして、短所を庇う努力をしている人が多くを得ることであり、また反対に、「失敗にも価値がある」とうそぶきながら、自分の短所を知らず、長所を鼻にかけている人が多くを失うことである。

 成るように成り、成らぬようには成らぬ。・・・その当たり前な論理が生きているが故に私は、「宜なる哉」と思い、と、語る。

 

 

 

 

 

 

その問は迷いの表れ

2010/08/16

 東京オフ会のあと、食事をしながらよもやま話をしていて、私はどうも深い森の中に迷い込んだ気がしていた。

「心霊主義では、魂は永遠の修行中なのだから、たとえ間違った行いをしても、魂の向上につながるのですよね。」・・・確かにそういう思想ではある。が、どうもその昔に、同じような話を聞いた記憶がある。

 私は、「何も進んで過ちを犯す必要はないでしょう?」と切り返し、相手はそれにハッとした様子ではあるが、また、同じような論点の話を始める。数カ月前に辛い思いをしたと知っているから気遣ってあまり深く矛盾をつくこともせず、また、他にも参加者がいることでもあって、私はその話にあまり深入りしなかった。

 が、帰宅後、考えて見れば話がおかし過ぎるし、なにより、会話中、深い森をさまよう感覚があったのも暗示的である。 この話を霊たちは相手にしていないのだろう。

 そもそも、『間違いも魂の向上に役立つ』というのは、慰めの時に使う言葉であって、自分の行動を正当化するときに使う言葉ではない。まして、自ら進んで言うなら、巻き込まれた人から見ればいい迷惑、というより、確信犯なら犯罪行為と呼ぶべきだ。

 さらにいうなら、当人にしたところで、過ちでありそうなら、慎重に是非を判断すべきであろう。なにしろ、対人関係のWin-Win関係ならぬ、Lose-Lose関係である。自滅行為どころか、周囲にも被害をもたらす破滅行為である。

 当人にすれば周囲にも眼を配っているつもりが、結局のところ酔っぱらいの千鳥歩きと同様っであろう。・・・なんども同じ話を繰返すのも、深夜の飲み屋の光景に似ていなくもない。

  下手に同情してその時はいえなかったが、帰宅後に確信した。まさにあれこそが「迷い」である。


 迷いといったって、例えば初めてのデートに着ていく服を、赤にするか、青にするか、黄色にするか、という迷いではない。 その迷いの結果、対局を失う・・・当人は、小さなことでも、真面目に悩んでいるのだろうが、小さなことに悩むあまり、大きな問題を見過ごすなら、それは大きな迷いというべきだ。

 洋服選びの結果としてデートに遅れては相手の心象を悪くするだろうし、待たせても構わないというなら、それもまた、人として歩む道が間違っている。または、遅れを取り戻そうと焦って事故のリスクが増えたり、汗をダラダラかいて行ったり、というのが果たして好都合かどうか。

 たとえ小さくても考えるに値はしよう。だが、まずは大局から片付けていくべきであろう。


 本当は何をしたいのか。・・・それとも本当はどう成りたくないのか。

 そりゃなるほど人生の一大事に関する悩みであろう。だけど心霊の問題ではない。

 いやまあ、友人として話を聞かなくもないが、それならばもっと論点を整理すべきだ。それが出来なければ、誰と話しても拗れるだけだろうし、何よりも自分自身で整理が付くまい。・・・それとも整理したくないのか。

 もしもそうなら、その悩み、疲れはてて忘れてしまうまで、解決する機会がなさそうであるし、忘れてしまえば、なおのこと解決しないのではなかろうか。

 迷いというのは、問題が難しいというより、解決が難しい。

霊査事例: 2010年8月14日 東京オフ会

2010/08/14

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

  • 頭と下腹に気が集まっています。(緊張でお腹が下る) 『自分の頭は足の裏にある。』 ぐらいに思っていると、まんべんなく気が回ります。
  • 『大筋良し。 慌てるな、あせるな。自信のなさを弱点と思うな。欠点こそが向上の原動力。』
  • 『車台(自家用車のシャーシ)の下に注意』
  • 『(夫婦間の会話について) 口数多ければは言葉の中に囚われる。(言葉なくして伝わらなくなる) 無口であれば、心は疑心に埋め尽くされる。ならばせめて、愛の言葉を多くしょう。・・・(言葉以外の)絆に気づけばよいのだが。』

事例2

  • あなたも気の巡りが悪いですね。(元気なつもりでいても体調不良)
  • 姿勢が伸び、気が巡るようになって 『良し。気づけば出来る。つぐは言われずんともやる。』・・・注意されなくても、自分の体調管理ができるように。
  • あなたの場合、頭は尾てい骨にあるぐらいの気持ちて座るほうが、気の巡りがよさそうです。(頭に気が行くと妄想しやすい、気を散らすことで良い精神統一が出来る)
  • 『明日見る結果を思う。今日の結果は虚ろ。そう見えるようになって初めて、頭が治癒に参加できる。』・・・整体を受けてすぐに、良くなった気がするのは当たり前のことです。でも、一日、二日おいてから出て来る効果こそがあなたの真価ですよね? 明日見えるであろう結果が予測できるようにならないと、下手に考えず、無心に行うほうが良い結果を生むことになります。

事例3

  • 『泥水に沈みし魂を引き上げて。』・・・失敗しないように、とか、悪いことが起こらないように、という気配りばかりで、せっかくのインスピレーションが、低級霊の波動に向けられています。少々の障害を乗り越えてでも向う価値のあることに目を向けてみては?
  • 何人かが、小さな声で小言を言い合っています。 『要領良すぎ!』『夏だから仕方が無い』『もっと真面目に!』・・・そして大きな声で、『その余暇、他者のためには使わぬのか?』
  • 余暇の有効活用が下手なら、リストを作って誰かに選んでもらうとか・・・も手ですよ。
  • 『父の影響が強すぎないか? あるべきように、あるべき姿に。』・・・神経質なお母様に小言を言われても平然としていた(であろう)お父様の姿が当たり前のようになっていませんか? あなたはあなたの父親像を追いかけるべきです。

事例4

  • 『心配心の掛け違い。』・・・気配りのピントがずれていませんか?
  • 『身体冷やすな。問題外!』・・・痛い、辛いと行ってみても自分で注意すべきこところは注意しないと。
  • 『焦る必要はありません。とお腹の子に言い聞かせるように。』 ・・・『(ご親族のこと)なるようになりつつあります。』 最初はご親族が幸福に向うかのように聞いていたのですが、なるようになる、って、普通、死を暗示していますよね。
  • 飲食物には 『(量は)ほどほどに、種類は多く、身体が不安定なときほど、体質を変えるチャンスです。』 ・・・ピンチをチャンスに。流されるよりも積極的に活用しましょう。

事例5

  • 文字が川のように流れているのが見えます。大きな仕事を抱えていらっしゃるのでしょうか。『ちょっと置いて、遠くから眺めてみることも大切です。』
  • 今の仕事を続けるべきか? というご質問ですね。 『問題が違う。 「趣味を仕事にしてもよいか? 」と問うべきだろう。ただ、その趣味は、仕事にしても楽しいものか? ほんとうに自分を活かす道を考えよ。』・・・今考えなくても、別な理由で辞める必要が生じそうです。
  • 『良い仕事を(会社で)なさっています。丁寧で、柔らかです。それも大切な美徳です。』・・・積むべき善行は特別なことばかりではありませんよね。
  • 『恋と仕事は別物ではありません。仕事の眼で(相手を)選んでも問題はありません。』・・・これは、あなたの場合の話で、先に仕事ぶりを褒めていた事に繋がります。あなた場合では仕事に対する眼が正しいのですから、その眼を他のことにも活用致しましょう。

事例6

  • 『良しも良し』・・・その状態が維持できれば。
  • ・・・『視野が狭い。周囲だけを見ず、広く社会を見なさい。(たとえ見るにしても)自分の見たいものだけを見ていると、(自分の)妄想に騙されます。』・・・ご自分の思い込みに騙されてはいませんか。つまり、期待通りにいかないのは、あなたの思い込みの強さでは?
  • 『どんなに良いことを続けても、たった一度利己心が働けば台無しです。人を大切にすることと、自分を大切にする時とは明確な一線を引くことです。』・・・災難の予感があります。拗らせないように。
  • 『不平を言ってもダメです。警告してあったのだから。』

霊感が強ければ、憑霊は避けられない。

2010/08/11

 霊感の強い友人たちによく言うのですが・・・(これはもともと左遷問題とは別な人宛です。)

 物事に対して、好き嫌いを口にしていると、事態が拗れるものです。

 すなわち、嫌いとは弱点を暗示し、庇護者である守護霊、さらにはその上位の産土神、産土神が決定してしまえば、否応もなく祖先の霊たちまで試験官役となって、弱点克服のために嫌なことに立ち向かわされる・・・ということになりがちです。

 苦手なことを免れれば、浮かれるのも人情ですが、それが往々、試練の引き金になったりしますが、まあ、他人の目から見れば、目先の苦労で、長い目で見た災難を克服できるなら、意義もあるかとは思います。とはいえ、何も好き好んで不意をつかれる必要はありますまい。

 そもそも、守ってくれるはずの守護霊が、「やむを得ず。」と思ったのなら、事態は重大です。責められるばかりで庇うものがいなければ、霊界不信に思うのも仕方がありません。それほどの危険を犯してまでも、守護霊が突き放すなら(どうせ適当なところで手を差し伸べるとしても)、それはリスクに見合う事態なのです。・・・極楽行きを諦める、というか地獄行きを覚悟せよ、と思うべきでしょう。

 まあ、別段、怖がらせようという話でもありません。・・・が。


 霊感の強い友人から電子メールで質問がきました。 (語法の差は、年齢差です。^^)

「憑依と、神憑りはとどう違うか?」・・・・この二つは、懸かる霊の目的意識に違いがあるだけで、手段は同じです。

 あえていえば、低級霊の憑依は努力で克服できますが、(真の)神憑りは抵抗するだけ無駄です。とはいえ、低級霊に憑かれても恥ずかしいだけですが、神憑った仕事の一つもできなければ、人生は寂しいものです。

・・・まあ、霊憑って、苦しくていらっしゃる方には、ある意味、答になっていませんが。

 いわゆる高級霊というのは、いざとなればひどく強引な手にでます。が、概ね、「嫌!」と言われれば手を引きます。でも、悪霊・低級霊の手合いは、嫌と言われればむしろチャンスと見ます。  (この差を理解しない人は多いのですが、悪霊・低級霊は手を出してはいけないときに手を出し、いわゆる高級霊は、手を引いてはいけない時に、往々、手を引く、ということです。・・・つまり、霊憑るのを嫌う人は、いざという時に弱いのです。)

 つまり、悪霊・低級霊を拒絶する巧い方法なんて無いのです。どんな手管を使おうが、相手はその裏をかきます。私達人間が、如何に強い霊能力を持っていようが、生きている限り、寝なければいけないし、食わなければいけません。すると、霊たちから見れば隙だらけなのが人間なのです。

 ではどうするか、どうすべきか。

 憑霊を防ぐ方法なんてありません。なにしろ、如何に強い霊能力を持っていようとも、生きている限り、寝なければいけないし、食わなければいけません。世俗はうるさく、身体的な欲求は引きも切りません。それでは、霊たちから見て隙だらけなのです。

 ならば、発想を逆転すべきです。

 憑霊が防げないなら、せめて、憑依する霊を選ぶ。

 ・・・昔から、霊感の強い人はそうしてきたのです。

 眷属を得るとか、式神を得るとか・・・へりくだって、守護神を得る、・・・・または、だいぶ民主的な表現として、背後霊・背後霊団(支援者)を持つとか。

 現代の考え方では、霊たちの助けを得て生きるというのは、おしりの座りが悪く感じるかもしれませんが、実を言えば、当人が意識しているか、いないかの違いに過ぎず、意識しなくても出来る仕事もあれば、出来ない仕事、というか、乗り越えることの出来ない試練もある。そう思えば・・・抵抗が無駄、とは言いません。でも、嫌がるよりもまず、受け入れた先に得られるメリットを確認すべきだと思います。なにしろ、いずれ一人では乗り越えられない試練にぶつかるのですから。 

 協力した経験のないままに一人では出来ない試練に立ち向かうより、協力した経験を持った上で、一人では出来ない課題に立ち向かうべきだとは思いませんか?

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
老研イベントリスト
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト