‘2005/08/16’ カテゴリーのアーカイブ

審神事例

2005/08/16

2005年 08月 16日


興味深い質問を頂いた。

Q「今朝方霊夢なのかただの夢なのか、私の前世に関する夢を見ました。数人の人がいたと思います。顔は見た覚えがないし、また覚えていません。いろんな話をした気がするのですが、一つのこと以外は覚えていないし、私と誰が話していたのかも覚えていません。ただ、中の一人と顔を合わせて話していたようです。覚えていることは私の前世の話で『○○だった。だから自信過剰だったのだ』という事です。いつの時代とか、名前とかは聞いたのか聞いてないのか、覚えていませんが。ひょっとしてこれが本当の霊夢だとすると、私のカルマ。。というか、前世から引き継いでいる課題を考えるヒントにはなりそうです。もし可能であればお手数ですが、審神者をお願いしても宜しいでしょうか。」

 そもそも、前世って、誰の前世でしょう? 交霊というのは、対話よりもむしろ同体化が普通なのです。すると、 ○○であったのはあなたではなく、あなたへの憑依霊の可能性も無くはありません。

 まあ、そこまでうがった見方をする必要も無いのですが、私の視点からいうと論じる必要性があまりない気がします。なぜなら、欠点だけが今のあなたに出ているのだとしたら、その前世は清算したい借金ではありませんか。

 ですからこのインスピレーションが本当であるか、否かよりも、もっと大切なのは、それが有益であるように努力なさることでしょう。つまり、「前世で○○だったから、こんなの長所があって良かったな。」と言われたときこそ、それがあなたの前世として胸を張って主張できるのではありませんか。

Q「そうですね、論じる必要性は私も感じていません。もし前世が○○だったとしても、まあ光栄に感じなくもありませんが、今の私が抱えてる問題、課題の解決に良い影響を与えるとは思えません。と言うか、勘違いしてしまうと悪い方向へ向かうことにもなりますから。」

 試されたんですよ。心霊を学び、霊媒と付合って堕落しないかどうか。 まあ、お盆に届いたお土産と考えて下さい。お土産なんて、価値がありそうで、話の種にしかならぬものですよね。


お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
8月 2005
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
9月 2005
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト