‘2005/07’ カテゴリーのアーカイブ

無宗教で、霊感が無い

2005/07/29

2005年 07月 29日


 時折、応援メールをいただきます。――誠にありがたい。と思います。しかし、そのメールには大抵「霊感はありませんが……」という一文が入っているのです。

 でも、霊感てなんでしょう――死者の姿を見たり、死者の声を聞いたりすることが霊感なのでしょうか? それが人生において大切なことでしょうか?

霊感

 地上において、人生の中で善悪を考え、善を心がけて生きようとするのは人間だけ……全部の人間ではないにしろ……です。

 死者を悼み、見えざる監視者を恐れ、為すべき事、為してはならぬ事、善きものと、悪しきものを判断する。……ちなみに仏教でいう、畜生道とは、恩知らずの境涯だそうです……獣たちは自分が必要とするものがあれば、それが誰の物かなど頓着せずにそれを利用しますが、人と獣を分けるのは、火や道具を使うという特徴(カラスは火を利用するという)ではなく、善悪観念の有無でありましょう。

 その、善悪を分別する心の働き……人間の知性の最重要な部分を指して、霊性と呼ぶのですが、すると端的にいって、人と獣を分けるのは霊性の有無ということが出来ましょう。(では具体的に霊性とはどういう働きをするのか…… というのは別な話題といたします)
 そして、 近代心霊思想は、霊界通信を元に、人生の目的と意義は「霊性向上」にあるといいます。

 霊界通信……霊感を通じてもたらされる、死者の視点、死者の叡智の言葉。

 「霊感」を通じてもたらされる人生の目的が「霊性向上」であるとしたら……

 善きものを探す努力こそが霊性の表われ、その霊性の働きを助ける能力こそが、真の意味において「霊感」と呼ばれる能力というべきでしょう。
……死者の姿を見たり、声を聞いたりといったものは、霊感の持つ副作用の過ぎません。まして、正しき行い(単なる法令への追従ではなく)を為すならば、良き結果が待っているのは当然のことではありませんか。ならば予知能力すら、霊感の持つ一つの副作用でしかありません。

「私には霊感はありませんが……」――そうなのでしょうか?
 死者の姿を見たり、死者の声を聞いたりすることなく、正しいもの、善いものを探す努力が続けられるのであれば、それは副作用を受けずに、真の霊感を働かせているということではありますまいか?

 むしろ、善悪を知る以外の使い道に霊感を用いているのは、副作用だけを尊ぶ薬物中毒のようなものと私には思えます。

「霊感があって辛い」――という話を良く聞きます。果たして私もそういう状況の卒業者であります。確かに四六時中、誰かの声を聞いたり、思念を邪魔されたりするのはうざったいし、疲れます。疲労が溜まれば辛くもなります。
 ですがそれは、霊感の真の効果なのでしょうか? 私は、霊感のもたらす真の作用……己を善に導く……を利用せずに、ただ副作用だけが身体に影響を与えているのだと考えます。

宗教は真理の門

 私は、特定の宗教・宗派に拘らぬ普遍的な智慧の学習を目指しています。その智慧を一言で表すならば、「摂理」、または「真理」となります。ですから、特定の宗教宗派のみに伝わる真理があるとしたら、それは真理の定義から外れる事となります。その意味において、「この宗教・宗派でなければ……」という主張は、熱心さの現われとして理解できるとしても、論理的には矛盾があります。

 そもそも、人の数だけ信じるものがあり、考え方・思想があります。しかし、その目的とするものがただ一つの真理であるなら、多くの宗教・宗派とは個人が目指すべきゴールではなく、単なる入り口にしか過ぎない、ということになります。……スピリチュアリズムや神霊・心霊主義ですら、最近できた入口の一つに過ぎぬでしょう。

結論: 無宗教で霊感が無いということは……

 さて、応援メールの中には、「無宗教ですが……」という一文が付け加えられている事も多いものですが、宗教が真理の入り口であると考えるなら、無宗教にも二通りあると考えられます。

 一つは、すべての宗教を否定する考え。

 もう一つは特定の宗教に拘らぬ考え。

 さらに真の霊感が、善を見抜く力であり、世俗的にいわれる霊感が、その副作用に過ぎぬとしたら……

 無宗教で霊感が無いというのは、むしろ、宗教・霊感に拘りや偏りが無いと考えるべきではありますまいか。

 特定の宗教を信じ、また、強い霊感を持って霊信を受け取れるような人の歩みは一見早いようでいて、どうも偏りが生じやすいものです。ならば、拘りや偏りがないというのは、一見歩みが遅くても、また、条件が悪いように見えても、それこそが王道と呼ぶべきです。なにしろ、真っ直ぐな道よりも短い道など有りはしないのですから。


矛盾した祈りが招くもの

2005/07/27

2005年 07月 27日


 どうして私は愛に恵まれないのだろう……

 どうして私は優しさに恵まれないのだろう……

 金や権力を欲しがっている訳じゃないのだから、神様が叶えてくれても良さそうなものだ。

……という質問をしたくても恥ずかしくて出来ない人が多々いる。

・・・・・・・

 問題は需要と供給の関係である。――自分が与えられる以上のものを要求する人ばかりだから、世の中、優しさや愛情が品薄になってしまうのだ。

 いや実態はもっと酷い。……人々が愛し合い、また、慈しみ合い、そのバランスが取れているのならば皆幸せになれるだろうに、多くの人は愛されても愛さず、慈しまれても慈しもうとしない。……愛されたいのに、棄てられることを恐れ、優しくされたいのに、依存心を見透かされることを恐れている。

 愛される準備が出来ている人が愛を求めるのではなく、愛される事を恐れる人が愛を求めているのであるから、その欲求はそれこそ神でなければ満たせまい。しかし、そんな矛盾、摂理に反した行為をする神などどこにいるというのだろう?

 神でしかできないが、神ならばやらぬ事を望む人々……そんな矛盾した祈りを捧げられたら、それこそ神は死んでしまう。神が死んだ現代に宗教がいかなる役割を果たすのか、金、色、権力……問題は需要と供給の関係である。

 摂理に反したものを要求するから、成就ではなく破滅がその祈りに呼び出されるのだ。


時間の摂理

2005/07/26

2005年 07月 26日


 人々の多くは、今・現在だけを現実と思う。……むろん、あらぬ未来を思い描くのは妄想にすぎない。だが、種を蒔かねば芽が出ない。働かなければ給料日が来ても収入はないし、借金をすれば返済日に催促を受ける。

 むろん、すべての未来が予測できるわけではない。……時として人は幸運に恵まれ、または不運に出会って予定変更を強いられることもある。更にいえば、大多数の人々にとって、未来とは決して得ることの出来ない妄想のゴールにすぎない。

 だが、今現在を無視して未来だけが一人歩きすることはあり得ない。あてに出来るのであれば運などとは呼ばぬのだ。したがって……

 未来を作るのは現在の行為だ。……それが自然の流れであり、その流れを「摂理」と呼ぶ。

 未来を作るのは現在の行為だ。それが理解できれば、もう一つの摂理も理解できるだろう。

 現在を作ったのは過去の行為だ。……過去に働かなければ給料は得られず、過去に借金を作れば今払わなければならない。…… それが自然の流れであり、その流れを「摂理」と呼ぶ。

 過去が現在を作り、現在が未来を作る。……それが自然の流れであり、その流れを「摂理」と呼ぶ。

・・・・・・・

 不幸を嘆き、救いを求める。だがその不幸の原因は、いつ、誰が、作ったものなのだろうか?

 それはなぜ、そうなってしまったのか。途中で食い止めることが出来なかったのだろうか?

 今見えているのは、氷山の一角……皆、その一角に悩み、苦しみ、それを何とかしようとあくせくしている。しかし、節理を知るのものから見れば、今の苦しみは氷山の一角に過ぎない。……水面上の部分を取り除いても、下部に控えている大きな問題が次々と浮上がってくるだけ。

 皆、時間の流れ、自然の流れを無視して、今だけを弄ろうとする。それが自然の流れを乱して、さらに大きな問題を将来に引き起こすことを気がつかぬフリして。

・・・・・・・

 多くの場合、今・現在の不幸は、過去の結果である。それを無視して今を、そして未来を変えようとするのには無理がある。

 霊媒を自認する私に、多くの人がその無理を要求する。……だが、無理を強いるような人とまともな関係が築けると思うことに無理がある。


自分に騙される人々

2005/07/25

2005年 07月 25日


いいわけを押しつけ合う世界

「私の思いを聞いてほしい!」という声が想念世界の地上辺にあふれている。だが何を聞けというのか? 理想を聞くのは楽しくもある。迎合できるような理想であればなおのこと。希望を持ってこその人間、たとえ卑屈になって生きる人も心中に希望を抱いているが故につらくても生きているものだ。つらいのに希望がなければ命は、火が消えるように、衰え死んでしまう。そういう事例はよく聞くことだ。

 しかし、多くの人が聞かせたがるのは、未来よりも今の話、それどころか過去の話である。だが、誰が何を考えようが、現実は現実である。人が思い、誰かに聞かせようとするのは、大抵が妄想的な自己弁護。「こうなったのは私が悪い訳じゃないんだ!」…… しかし、現実は現実である。

 人は現実と幻想の狭間に立って葛藤する。……暇つぶしにはなる。だが、苦しみ悩むほどの価値が幻想にあるのか? 幻想を楽しむ者が成功をつかむ話は世に多い。クリエイターの仕事とは、多くの場合、他人に幻想を見せることであろう。だが、苦しんで何を得るのか? せいぜいが魂の向上……正しい道を歩いていれば。だが多くの場合は時間の浪費である。

 そもそも幻想が幻想であるゆえんは、どこかに理の合わぬ点があるところだ。合理的であれば、幻想は夢に、夢は現実に変わっていく。だが、理に合わぬ点があれば幻想はいつまでも幻想である。いや、妄想というべきかもしれない。

 人は己の幻想の共有者を欲しがる。共有者がいればそれが現実になると信じて。しかし、誰もが皆、自分だけの幻想を持っている。楽しめる幻想ならばいざ知らず、苦しみや悩みの自分の幻想さえも持て余しているのに他人の幻想にまでつきあうのは大変なことだ。特に苦しみ悩むような幻想の共有は誰もが断りたがるものだ。

…… 社会は、人々の幻想という泥沼の上に浮かんでいる。それをつなぎ止めるべき現実の理解者はいったいどれだけいるのだろうか? 幻想と幻想とを持ち寄って、現実に気がつく者も皆無ではないが、いったいどれがけの人が幻想を直視できるというのだろう?
 

自分に騙される

 ちょっと達観した人であれば、または幻想、いや妄想の果て(現実直視の果てではなく)に光を見いだした人であれば、気がつくことだが……

 世界に幻想があふれ、人々が現実から逃れたがるのであれば……そんな贅沢が許されるのは物質的に豊かな人だけだ…… 人の幻想に同情を示せば、そこに商売が成り立つ。日用品の買い物といったごく現実的な行動の時には、一円でも安く、そして十円ですらも払いたがらぬ人が、幻想の中では湯水のごとく万札を使う。だが、幻想の万札ならばいくら使ってもなくならないが、現実の万札は使える枚数に限界がある。そして他が価値を見いだすのは現実の万札なのである。……この手の商売の中には、合法かつ多くの支持を受ける者と、法律で規制されているものがある。

 他人の悩みにつけ込み、あくどい商売をする人は後を絶たない。違法な商売を肯定する気は毛頭ないが、たとえば戸締まりもせずに出かけた人が泥棒に入られたとしても、なかなか同情できないのと同様、幻想に金を払った人にも私は同情しがたい。

 悪者にだまされた……というのは社会通念上の嘘だ。実際、自分の幻想ですら持て余している人が、どうして他人の幻想につきあう余地があるというのか? 実際は、自分の幻想にだまされているのである。悪者は、自分の幻想を被害者に押しつけているのではなく、被害者の幻想を利用しているのである。だから、自分の幻想をコントロールできなければ、この手の被害は決してなくならない。被害が起きなければ犯罪にならないのだから、悲劇は決してなくならない。

 幻想を楽しむのはよい。だが、苦しみから逃れるために幻想に浸るのは……それで幸せを得た事例をあなたは知っているだろうか?

 間違った道は行き詰まる。その真理から目を背けてはいけない。妄想に執着すれば被害が増えるばかりだ。


 幻想を商売にする人……人々に夢を与える商売をしている人が、往々不幸に転じるのはなぜだろうか。…… 単に人々が他人の不幸ばかりを探しているからなのか、それとも、ミイラ取りがミイラになったということなのか。興味は高まるが、所詮は他人の人生である。


病は不調和から生じる

2005/07/20

2005年 07月 20日


塩分欠乏

 エアコン効き過ぎの事務所で、なぜか身体がだるくて仕事にならない。いわゆるエアコン病かな、と心配したが、ふっとインスピレーションを得て、手持ちのインスタントみそ汁を飲む。……たちまち楽になってしまった。つまりはなんと塩分欠乏。考えてみれば、熱帯夜で寝汗がすごいのだから、塩も足りなくなるだろう。

倦怠感

 寝苦しいこの時期は寝不足気味が普通だ。エアコンや窓を開けて寝たりすると身体が冷えすぎてだるくなっていたりする。それでなくても、暑い時期は何もしなくても疲れやすい。それこそ、ただ汗を掻いているだけでも身体は疲れる。疲れているのだから、思うように身体が動かなくても無理はない。

 無理はないのだから、そのまま受け入れればいいのに、気持ちばかりが焦るとうつ病気味にもなる。小さなミスを重ねて自己嫌悪、大きな自己を起こして茫然自失、そんな可能性を恐れて現実逃避……具合が悪いときに無理をすると、身体は弱るし、嫌気も生じ、嫌気が出るからますます身体が具合が悪くなる。

 自分を嫌わず、焦らず、でも怠けず……環境と体調に合わせて、仕事のペース配分の調整を忘れずに。

生活習慣

 私も自分の酒量を心配していたりします。しかし、真の問題は酒量よりもむしろ、ブレーキの掛らぬことでしょう。

 心身が健全な人の場合、飲過ぎれば身体はそのバランスを取ろうとします。たとえば身体がアルコールを受付けなくなったり、分解酵素の働きが活発になったり、肝臓強化の機能食を無意識に欲求したりと、様々な調整機能が自然と働き、無意識にバランスを取ります。

 そして、本来であれば、この無意識的なバランスの中間点は健康であるはず
です……健康であるようにバランスを取る。ところが人によってはそうはなりません。病気になったり、情緒不安定になるようなバランスの取り方を無意識にする人がいます。

 仕事を休みたくて病気になる。家族の同情をひきたくて病気になる。または、誰かを攻撃したくて妄想する……等という場合もあります。

 こういう場合、仮に酒を減らしたところで、他の不健全な欲求が増大します。

 酒やたばこを止める努力よりも、一体なぜ自分が酒やたばこを必要とするのかに思いをはせることが大切でしょう。……人間は皆、自覚しない沢山の欲求不満を抱いています。往々、その欲求不満は自分を殺しかねないほど凶悪なのです。


霊査事例: 2005年7月20日(ML)

2005/07/20

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

 暑い時期は身体がしんどい。それでなくても身体がしんどいのに、買い物に出掛ければエアコンでガンガンに冷えている。外に出ればまた暑い。寝苦しくて体力が弱っているのに、この刺激です。なお、身体が弱ります。
 不遜な話かも知れませんが、弱っているときだからこそ、お母様とゆっくり話せるかも知れません。……どうぞ励ましてあげてください。なにしろ退屈な静養よりも、楽しい努力の方が身体は刺激を受けて健康に向かうのですから。

事例2

 気持ちが晴れないのを感じます。楽しいのに気持ちが晴れない。……軽度のうつ病気味なのです。自分を嫌わず、焦らず、でも怠けず。具合が悪いときに無理をすると、身体は弱るし、嫌気も生じます。
 良いじゃないですか、風呂に入りながらビールを飲んでも。それぐらいの気持ちで居る方が良いですよ。

事例3

 お嬢さんが、夏休みの計画を色々と立てていらっしゃいます。お嬢さんの性質はどうも退屈する/エネルギーが余ると頭脳の働きが活溌になる性質のようですから、なるべく身体を動かさせることです。一番まずいのは、妄想、空想を始めたときに相手をさぼることです。不満からろくでもない空想を始めます。
 何やら妄想・空想が始まったら、退屈しているのだ、エネルギーが余っているのだ、と解釈して、面倒でも散歩がてらの買い物にでも引きずり出すと良いでしょう。星空を見ながらの一時も大切になさって下さい。

事例4

 見えない……というか、感じ取りにくい。
 一所懸命に仕事をなさっていらっしゃるのでしょう。でもそれはインスピレーションの働きを鈍らせます。
 動と静その二つを生かしてください。どちらかに偏るのは中道を外れます。
 また、時には周りを見回して。誰が味方で、誰が批判的なのか……妄想するためにではなく、自分を強くするために周囲を見回してください。助けは必ず得られますし、助けを得なければ皆ライバルになってしまいます。

事例5

 あなたの今生での一番大切な修行は、「ゆ っ く り と す る こ と」です。なぜか人からノンビリに見られるから、つい焦ってコソコソしています。会話でも相手のようにポンポン言葉が出なくて悔しく思ったり……遅いことは欠点ではなく、ただ、遅いことを生かさぬから、遅いことが欠点になるのです。

事例6

 我慢する習慣は、欲しがってダメだったら辛いから……その発想は良い子ですが、良い大人の発想ではありません。
 折角の勉強も、「しっかりやらなきゃ」病が足を引っ張っているかも知れませんね。好きなんだけど、上手に出来ない自分が許せないから、勉強することが辛くなってしまう。勉強の前にメンタルトレーニングが必要……いや、これはメンタルトレーニングだと思いつつ勉強をなさるべきかも。


身内の裏切り

2005/07/19

2005年 07月 19日


 物騒な話題ですが、これは誰もが体験しつつ、しかし大抵の人が気がついていない現実のお話しです。

 たとえば……血を分けた肉親から殺され掛けたら、あなたはそれを許せるでしょうか?

 俗に「骨肉の争い」等といい、利害を分け合う近親者同志の争いの方がむごい場合も多く聞きますが、ここで扱うのは、味方であると信じていた身内から殺され掛けた場合です。あなたはそれを許せるでしょうか?

 相手が泣きながら詫び、二度としないならば情が働き、許す気になるかも知れません。ところが頭を掻きながら、「分かっちゃ居るんだけどさ、あんただってやるだろう?」とうそぶいたら?……それでもあなたは相手を許せるでしょうか?

・・・・・・・

 あなたが生活習慣病などで、禁酒・禁煙を申し渡されたとします。

 「……でもちょっとぐらいは大丈夫ですよね。だめ? じゃ、酒じゃなくてビールかワインなら良いでしょう?」

 酒は百薬の長といわれ、タバコもリラクゼーションの重要な要素でもある……まあ正直なところ、私は嫌煙家なのでタバコの有益性については認めがたいが……世の中には、楽しく酒を飲んで健康な人もいるのに、なぜか適量を超えて健康を害してしまう人がいる。

・・・・・・・

 もうお気づきの事でしょう。私がいう身内とは他の誰でもない。自分自身、自分の無意識行動のことなのです。

 長く楽しく生きられる程度の飲酒や喫煙ではなく、我が身を病気に追いやるような飲酒や喫煙をさせて、しかも辞めがたい。…… そういう状況下で、あなたは自分を信じることが出来るでしょうか? 自分自身に苦しめられないと。そして、自分に殺されないと……自分の命・健康を危険に晒していながら、エヘラエヘラと笑いつつ屁理屈を並べている自分を。

 不幸になる人は自ら不幸になるように努力している。……なぜでしょう?


霊査事例: 2005年7月17日(横浜)

2005/07/17

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

  •  無理してうまく行かず、ふて腐って捗らず、なかなかうまく物事が進みません。気持ちばかりが急いて、身体がくたびれてしまいます。
    『無理せず、怠けず、為すべき時に為すべき事が出来るように自分を維持いたしましょう』
  •  首筋が凝るから、それを揉みほぐそうとする……素人考えです。首筋が凝るのは別な部位の働きが鈍って、クビばかりを動かすからです。腹筋、背筋を鍛えるようにいたしましょう。
  •  根暗な男の姿が見えて、あなたに対してぶつぶつ不平を言っています。……恨みを買うのは面倒ですが、だからといってどうにかなる物ではありませんし……
  •  ご家族の健康問題についての疑問が浮かびましたが、『教えられない』といわれました。『大切なのは身体の健康ではない。身体を弱らせぬ心のあり方を学ぶことなのだ。原因を取り除かなければ結果はいつまでも変わりません』
  • 『何かしら、不幸と思える事あれど、幸せだから生きている。不平を棄てて、歓びを取れ』

事例2

  • 『妄想する無かれ。今あることを見なさい。』――今日のテーマは、未来予知ですが、あなたは将来に対して色々と考えすぎてしまい、帰って物事を拗らせています。観脚下……夜道を行くとき、突然たいまつが消えたらどうするか? 足下に気を配って一歩一歩進むしかありません。今のあなたは暗中模索、目の付け所を前に持っていくよりも、足先に感覚を集めることです。
  • 『家族の浄化に専念できます。』――あなたの気持ちの整理が進み、一つずつ障害を片付け始めています。
  •  押しても引いても不幸な人は救いようがない。……自ら進んで幸せになろうと努力しない人はどうにも救いようがないのです。 (といって、別に投げ出したわけではありません)
  • 『難解なのは、取り組み甲斐があり……と思う己の愚かしさ。●●●(口ごもる) ただひたすらにおかげ参り』……補足。●●●の部分は、ご自分で埋めよ、とのことです。

事例3

  •  家族の心配よりも、自分の勤めを心配なさい。
  •  あなたの守護霊さんとは別に、仕事に関する指導霊がいらっしゃいますが、姿を見せてはくれません。あなたの仕事の中で見出すように努めて下さい。
  •  あなたが職で成功を収めるか否か……あなたの技能と世間の要求がそれを決めます。技能が高くても世間から要求が無ければ売れないし、技能が無くても世間からの要求があれば相応に成功します。時機がくるまでに自分を腐らせぬ事です。
  • 『ひたすらに誠を尽せと願えども、いらぬ事とて多すぎて、何も成せぬと不平不満。己が誠は天に向けねば、と、ようやくにして知る』

事例4

  •  (お仕事の心配をなさっていますが) 『喰うだけならばどうにでもなる。 理想との折り合いこそが難しい。』
  •  人の喜ぶ姿をそばで見る事があなたによい影響を与えます。
  •  支配霊が多すぎるから、あなたはあれこれと広く浅く関心を持ちます。興味を絞る……支配霊を絞ることが必要ですね。
  •  お父様の健康問題が見えます……『年齢相応、色々事情もあるがいかんともしがたい』と聞こえました。ただし、突然の悪化などはありません。他の事は今あわてて心配しても仕方ありませんね。
  • 『天、天、天、月星の運行は理路整然だに、人の心の乱れ模様、それで占いがなるたつやらん? と、思いし我が、やはり運命に流されている。 ●●●』……補足。●●●の部分は、ご自分で埋めよ、とのことです。

事例5

  •  良い方向に向かっています。理想が純化して、それが形を為しつつあります。今の問題は小手先だけでは解決せず、時間が必要な問題もあります。あなた一人の事情で待ちなさいというのではなく、環境が整うためにも待つことが大切なのです。
  •  老婆が温泉に入っている姿が見えます。……この老婆はご先祖の象徴とのこと。……『因縁を汗と一緒に流している』といいます。
  •  古民家を買うチャンスがあれば、将来の事業に生かすために確保なさると良いでしょう。
  •  気にいらん仕事ばかりだが、不満を仕事に持ち込まず、家族と過ごす時間を楽しむ事も大切だぞ。
  • 『程々にすれば易き道あるを、無理を通さん志《こころざし》、無理して悟る己が限界』

横浜オフ会(7/17) 補足

事例2より

  • 『難解なのは、取り組み甲斐があり……と思う己の愚かしさ。それを忘れてなお、人の世話する愚かしさ。愚かな己を頼らずに、ただひたすらにおかげ参り』

 頭で考えた生き方がことごとく裏目に出る。(だからといって神頼みするのも、所詮は頭で考えたこと)……頭を働かせるのではなく、無心になるために祈る。……無心になるまで祈る。


障害は人生の意義

2005/07/16

障害は人生の意義

2005年 07月 19日

 人生、金も人も時間も思うようになりません。自分の向上の努力だって容易に壁に突き当たり、挫折の種は尽きることもない。

……神様は本当にいるのかしら?

……あの霊媒、ちっとも役にたたねえな!

等という蔭口もあちこちから聞こえてきます。

 しかし……少なくとも私は、「よろず問題無料解決」的な看板は出してはおりません。それどころか、当サイトのあちこちには、因縁果・因果律、「自分で蒔いた種は」的な文章が読めるはず。

 霊界通信の多くは、人生の目的を「魂の向上」と教えます。それはつまり、計画通り、計算通りには行かない世界で、理想を形にしていく事が、その手段であるということです。

 思うようにいかない……それはつまり、あなたが適切な人生のコースを辿っているということなのです。すると真の問題は、障害を克服できぬこと……さらには、解決の気概が失われやすいことなのです。

 自分を守る霊・守護霊や祖霊の存在を感じ取り、それら背後霊がいかなる論理の元に、ある時は自分を助け、ある時は助けを与えぬのかを知ることが、困難多い人生に力を与えてくれるかも知れませんね。

・・・・・・・

 与えてくれるかも知れない……という表現はなんとも心細い言葉かも知れません。でも、誰の者でもない自分の人生なのです。映画や小説ならば、自分に代わって大事を為す、ヒーロー、ヒロインを期待するのは当然でも、自分の人生の主人公は他の誰かを据えるわけには行きません。

 自分が主人公、自分が人生のヒーロー、ヒロインであるように努力しなければ、それこそが、人生の損失です。……この人生の損失の、自殺よりもいくらかましなのは、思い直せば再開できるというだけのこと。人生の意義を正しく生かさなければ、行きながら死んでいるのと代りはありません。


障害は人生の意義?

2005年 07月 21日

人体操縦法

 人体は優秀な自動機械の一面を持っています。たとえば人が歩くとき、右足前に、左足前に、と、一々指示をする必要はありません。歩こうと思うだけで身体は自然と準備を始めて歩き出します。慣れた道であれば道順すら思い出す必要もなく、むしろ反対に、寄り道する用事があってもうっかりすると通り過ぎてしまいます。

・・・・・・・

……だからなんだ、それが心霊とどう関係がある?

 ありますとも、とても大切なことです。たとえば憑依霊が人を歩かせるとき、右足前に、左足前に、などと一々念を押しつけるのは憑依がうまくいっていないからです。上手に憑依した霊なら、単に憑依者に目的を指し示すだけで事足ります。つまり、悪霊の側からいえば、ばれない憑依が上手な憑依であって、ばれるような憑依はつまらぬ低級霊どころか、下手をすると「予防接種」代わりに守護霊や、その上位の神霊らが企画して居る場合もあります。

 妙に感情的に霊媒を嫌う人などは、このばれない憑依の被害者であったり、反対に、ばれる憑依の被害者がいくら霊媒を頼っても楽にならないのは……つまり自分の免疫力を上げるのが目的だから……というわけです。

いつ反対するか。

 憑依霊でなくとも人体の操縦法を理解することは大切です。まず、ポイントは、相手に操縦していることがばれないようにする事が大切であると、認識することです。

 たとえば、家族や友人などから、相談事を持ち込まれたとします。いや、それどころか、見ていられないような悪事や、稚拙な行為を見つけたときにも当て嵌まりますが、この時不自然な矯正を行おうとすれば、相手は自我の働きのもとに逆らおうとするでしょう。立場や実力の差から表面的には逆らわなかったとしても、心の中に怒りや恨みを貯めていくかも知れません。 まして、この不自然な矯正を行う者を大勢持っている抑圧された人などは、爆発性の危険物と同様です。

 善意の注意が、結局、性質のぶつかり合いが原因で怒りや恨みを生じさせる……なんと不毛な話でしょう。それでなくても小言好きな人は、半面に自己顕示欲の強さを持ち合わせていますから、当人は善意のつもりがどうしても不自然な矯正になってしまいます。

 では何が大切かというと……念の為に自白しますが、私は必ずしもこの人体操縦法の最善の使い手ではありません。様々な事情・立場の板挟みの中で最善を目指しているだけです……まず、相手が迷っているときならば、助言者は自分の思うところを遠慮無く述べて善いという事です。

 しかし、多くの人は動き出してから他に相談を持ちかけます。これは非常な注意が必要です。というより、危険な状況です。そもそも当事者が本当に自身があるなら、動き出す前にあなたに断ることでしょう。それが最後まで黙っていて、実際に動き出してから相談するのは、自分自身が不安であるのを打ち消すために他人の意見を求めているだけなのです。

 頑張れといえば破局、ダメだといえば、「味方だと信じていたのに!」、どういっても不幸が生じます。…… まかり間違って好転する確率は絶無ではないとしてものは宝くじに当るようなものです。とくに霊媒にこの手の相談する人などは、宝くじに当るような幸運を求めている場合が多いわけですが、はっきりいって、ろくな徳も積まずに、霊媒の功徳を願うような者は、当たり前の確率さえも得難いもの。

 もう後は、大難は小難、小難は無事に……と祈るしかありません。

 しかも、困ったことに、迷っているときからちゃんと相談できる人は、ちゃんと相談するのに、それが出来ない人は必ず動き出してから相談することです。……人間、持って生まれた不幸の数はこなさないわけにはいかないらしいのです。


小石も躓けば障害

2005年 10月 11日

 金銭問題に関して書こうともくろんでいたのに、何やら忙しくてまとめる時間のないここ数日。ジタバタしている内に今朝、友人の店でボヤ騒ぎがあったとのメールが届いていた。

・・・・・・・

 失敗に落ち込み、自ら自分を責める以上に、子供達に見せる背中の心配をしている。うーん。たしかに。たしかに。……親として、子供に恥じぬ生き方、つまり、親の背中だけですべてを語ろうとする姿勢は誇りだよねぇ、と思う。つまり、つまり、子供にわびしい背中を見せたくないという思いが、親として一番大切にすべき誇りでは無かろうか。

 うん、まあ、そうだと思う。いや、少しぐらいは違ったとしても、それぐらいの覚悟無い親が良い親になれるのだろうか? 

……などと他人事なのに開き直ってしまったりする。

 ま、私には子供はいない。だがまあ、色々な書物(と霊感)を通じて古今東西の英傑の生き様を学んでいる。その上でいうなら……

 英傑の二代目は親という壁を乗り越えるのに苦労する。苦悩している姿を後進に見せることがないから、後進達は先人(親)を神格視してしまう。すると、親が子供に見せるべき一番の背中とは、困苦をバリバリと乗り越えていく姿ではなくて、苦悩しても真っ直ぐに進む姿では無いのか? 苦労ない姿を見せられれば子供達、跡を継ぐべき後進達は完全無欠でない(つまり悩みが絶えない)自分と、完璧に見える先人とを比べて自己嫌悪に陥るのだから。

 言っていて無責任にも思わなく無いが(子を持たぬ私としては)……

親が為すべきは、苦悩しても真っ直ぐに進む姿では無かろうか?

 子供に見られて恥ずかしいのは失敗する姿ではなく、失敗を誤魔化そうとする姿だと思う。……頑張れ。心底そう思う。

 神は人に乗り越えられない試練を与えないという。――すると、人に乗り越えられない試練を与えるのは誰なのだろう?
 失敗を責めるだけなら仇《かたき》でもできる。だが、心底、いたわれるのは味方だけだ。完璧を自分に……そして子供達に強《》いるのではなく、励ますことの大切さを子供達と分かち合って欲しい。

・・・・・・・

 人間……とくに向上心のある人ほど、大きい障害を求めて、小さな障害を疎かにする。でも、爪先だって歩けば…… つまり無理して背伸びをしている人には……僅かな障害ですら命取りになる。たとえば車の運転。ちょとした運転ミスで人生が奈落の底に沈む事は容易に想像がつくだろう? 人を撥ねたらどうなるか……激突したらどうなるか…… その切っ掛けは、結果ほど大袈裟なものではない。たった一個の小石が悲劇の原因にも成りかねない。

 人生に立ちふさがる大壁……そんなものが無くても自分に隙があれば、または、無理をしているなら、小石一つで人生の転機を迎えざるを得ないのだから。

 問題は障害の大きさではなく、その障害を迎える自分のゆとりなんだと思う。

・・・・・・・

 ……ああ、たまには私も励ましてね! だって、励ますだけでは寂しいじゃないか? 

 摂理は一得一失。ギブアンドテイクさ。


誰が破邪の剣を欲しがるか!

2005/07/16

2005年 07月 16日


 入浴中に、突然霊感が働きだした。

『……どんな魂でも裁ける力を得たら、あなたは何をするだろうか?』

 中高生の自分ならばその話にも乗ったかも知れないが、さすがにこういう馬鹿げた話題に興味はない。無視していると……

『お試しであるから、答えられよ』とたたみ掛ける。……情けなくなってきた。テストに掛けられているのだ。そういえば霊感が始まったばかりの頃にも、「破邪の剣」なる物を貰ったっけ……試しに霊感の開けていない弟を実験台にして、霊視でしか見えないその剣を、弟の腕に当ててみて、右の手に当てたか、左の手に当てたかを質問したところ、数十回とも弟が当てたので、さぞかし役に立つだろうと信じたが、結局屁の突っ張りにもならなかった。

 それを思い出してますますバカバカしくなって、結局、試験官を追い出した。

 そもそも道具というのは、目的によって選ぶべきものだ。……目的も無く道具だけ与えるというのは、受け取った者を縛るのと同じだ。

 そして、破邪の剣を受け取るということは、正義を貫くという決意である。――未熟さを導いたり、過ちを正したりせずに、悪い奴をみな消せばいいって……そんな乱暴な話を、大の大人(私)が相手にするか。

 ……というか、結構なお試しか知らないけれど、その気になって調子に乗って破邪の剣を振り回して、除霊ごっこをする霊媒も多い。霊能力を得るというのは同時に力への渇望が背景にあるが、近代史が戦争と破壊の歴史であるのは、力への信仰がその背景にある。…… 業が深すぎるよ。


お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研イベントリスト
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト