‘2005/01/09’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2005年1月8日(横浜)

2005/01/09

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。 


事例1

  •  『息を吐く、吐いて、吐いて、そして気を緩める』……すると、自然な姿勢になります。 また、あなたの母方の祖母様と思われる霊が、あなたにしがみついているのが見えました。私は、『大丈夫ですから、こちらでお休み下さい。あなたが何か伝えたいのならば、私が承ります』と伝えた所、落ち着かれたようです。
  •  (正月)寝過ぎて身体が凝っていますね。私は、霊査で相手の心に気を配ると同時に、相手の身体の調子に気をくばります。考えてみて下さい。正月は普段よりもご馳走を食べる機会が多く、でも、身体を動かす機会が少ない。では、体内に取入れたエネルギーはどこに行くのでしょう? ……そう、体質にもよりますがイライラに変わりやすいのです。

で、霊査として、

『不平不満が溜まっていますが、夫婦で足を引っ張り合う家もあるのです。自らの境遇の良い所を認めなさい。』

  • 『(あなたは)しあわせよ』と聞こえました。――境遇は分相応なもので、それに不満を抱いては人は幸せになれるはずもありません。今の境遇を上手に活用して、幸せを掴む工夫をなさってください。
  • 『利口とバカを使い分けてください』――分かっていてもどうにもならないこと、理屈通りに行かぬ事は多々あります。そういう時にも理屈を通そうとするから角が立ちます。ダメで元々、バカになった気分で理屈から離れて努力することも大切ですよ。

事例2

  •  (ダイエットしようといっていたのを聞いて) 『腹を引っ込めるよりも、胸を張って生きなさい。漢《おとこ》なら』
  • 『邪気を吐きなさい』……(実技指導)
  • 『理想を持ちなさい。生業以外の仕事も大切です。』
  • 心の裏表が強いですね。それは、罪悪感を抱いているからです。人間だから当たり前……そういう気持ちを大切にしてください。……心の裏表を統合するためにも、理想を掲げ、短所よりも長所をしっかり見て生きることが有益となります。また、霊感が発揮できない人は、裏表の強い人と言って間違いではありません。

事例3

  •  『○○に負けない~などと、考えず、自分にとっての幸せを考えなさい。』
  •  『不平不満は上手に発散しなさい。身体(の不調)やお酒等で発散しないこと。』『幸せを掴むのは簡単です。でも、身を慎まなければ、つまらぬものしか捕まりません。ふて腐れば自分が醜くなり、醜くなれば損をするのは自分自身です』
  •  『自己表現のバリエーションを増やしましょう。』――時と場合によって色々な自分を演出できるようにしましょう。一つの自分しか持てなければ深みが出ません。

事例4

  •  『先を見て、足元を見て、気配りをして、でも油断しない。よし。』……油断という言葉はとても興味深い言葉だと感じます。その語源をきちんと調べたことはありませんが、ここでいう油断は、ランプの油ぎれをいうのでしょう。油断で火を消せば、真っ暗な中で油を足し、そして火を灯さなければ成りません。それは大変な作業ですね。ですから、油断しないというのは、火が消えて始めて気がつくのではなく、火が消える前の気配りが大切だということです。それはつまり、物事の表面だけを観察していてはダメで、その内面に気配りをしてこそ、油断せずに済むわけです。
  •  通勤も楽しそうですね。……『直接伝えるので、霊媒の中継は不要』と聞こえました。
  •  『心霊一致』――心の裏表の統一が出来ています。とても宜しい。

事例5

  •  『言うと見えなくなる』……自分が話している時、人は自分の知恵だけで一杯になります。人は聞いている時、他人の知恵で一杯になります。
  •  『石の上にも三年』……これは三年間我慢しろという意味ではありません。石の上で座禅を組み三年間、必死に修業せよという意味です。三年間まつだけでいいなら、石よりももっと座りやすいものがあるでしょう。
  •  『人(従業員)を財産としない人は、客を神様として扱えません』……人の価値を学ぶことです。お客を足のついたサイフと見なさないこと。客が客を呼んでくれる場合もあるし、仕事を手伝ってくれる人もお客の中から現れるかも知れません。持っておりお金の代償だけでお客の価値を決め手はいけません。付加価値を見抜くことも大切なのです。
  •  体力の衰えに不安を抱いていらっしゃると感じました。――『老いればこそ、出来ることがあります』……年齢相応の魅力と実力を発揮なさってください。人生の本番はこれからなのです。

事例6

  •  『同意してあげることです』……ダメだ、というから話が拗れます。相手が納得するまで話に同意してあげることです。
  •  『良い所を探す』……仕事の技能を、対人関係にも生かしてください。
  • あなたにも 『直接伝えるから良い』と聞こえました。ただ、あなたのお母様が、そっとあなたの様子を窺っている姿が見えました。時々電話をなさってください。

Q 「結構電話していますが?」……電話をすればいいというものではありません。親は、頼られなければ寂しいものです。何とか、頼る口実を作ってください。

  • 『気配りされるのは気持ちの良いものです』……自分が気持ちよいのだから、人もきっと喜ぶでしょう。気配りの出来る人、気配りの価値の判る人になって下さい。

事例7

  •  『客観的に見なさい。大局を見なさい。』……気を配るべき事はたくさんあります。ここだけ見ればよいという便利な視点は存在しません。そして、一つしか見えなくなった時、人は失敗する準備が出来たということなのです。どんなに忙しくても、どんなに辛くても、客観的に、そして大局を見る目を失ってはいけません。視点を失うのは破滅を受け入れたというに等しいことです。
  •  『一人で苦労しているのではありません。ただ、味方の姿があなたには見えないだけです。』
  •  『家族皆、苦労の総数は同じ、ただ、表現の方法が違うだけです。そして、片づくのには時間が掛ります』
  •  『ただ祈るだけです』――大変なのはよく分かります。でも、良い智慧もなければ、うまい手もない。ならば今はただ祈るだけです。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
1月 2005
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC
2月 2005
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト