‘2004/11/07’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2004年11月7日 (静岡オフ会)

2004/11/07

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


静岡オフ会の夜は長い。会場設定の問題から精神統一にかける時間は短いが、その分、しっかりとアフターフォローが出来る。……まあ、愚痴が多すぎる嫌いはあるが、時期的なものとしてあまり気にしないようにする。

 霊査事例(補足1)

『二者択一で悩む……いえ、二者に限りません。いろいろの選択肢があって、一つを選ぶのが難しい時に考えるべき事です。……迷うのは真の答えがそこにないからなのです。』

 心霊思想、特に欧米の心霊思想を学んだ人々(スピリチュアリズムにかぶれた人)が、陥る過ちとして、「霊性向上」の意味の取り違えがあります。本当に向上したのか否か? 実は向上という幻想に取憑かれているだけではないか? 容易にいける死後の世界は夢幻界・サマーランド、すなわち、妄想が実体化し、妄想の中だけで満足を得る境涯なのです。

 迷える人こそが真実を知る機会を得ます。すなわち、人が迷いの中にいるのは真の答えが見いだせぬ時なのです。真の答えが見いだせぬが為に、一長一短ある複数の回答もどきを選びかねて迷わなければなりません。二者択一の条件下で迷うなら、真の答えは第三の選択肢であり、三者択一の条件下で迷うなら第四番目の選択肢こそが答えなのです。

 これはすなわち、迷うのは、より高い視点で物事を見るべき時が来たことの証ということなのです。背伸びをしない限り真の答えは見えない。迷いながらも答えを見いだせないのは、成長すべき時に成長の出来ない人なのです。

 霊査事例(補足2)

『幸運も実力の内といいますが、もらうまであなたのものではありません。今まで幸運だったから……きっともらえるだろうと思って高をくくってはいけません。与えられるまであなたのものではないからです。』

 他人の物をあてにして、計算が狂って怒り狂う……他の所為にするのはワガママな話です。

 季節に四季があるように、人生の巡り合わせにも座して多くを得る時機と、努めて多くを失う時機とがあります。しかし、これは巡り合わせであって、常に失うばかりでなく、また常に得るばかりでもありません。今まで多くを得た人が常に多くを得るとは限らず、常に多くを失った人がこれからも失い続けるとは限らないのです。ですから、得たものを我が物とするのは構わなくとも、未だ得ぬものをあてにしてしくじらぬ事です。

 運も実力の内といいますが、運を持つのが実力なのではなく、運を生かせるのが実力なのですよ。

 霊査事例(補足3)

『今まであなたは、幸運と才能とに甘えてきましたね』――ちょっと解りにくい霊査ですが、こういう事です。人生には多大な選択肢があり得ます。それぞれを辿って大過なく過ごすのは奇跡に近いことなのです。思慮無く生きていたなら、人生はうまく行かないのがむしろ当たり前、おおよそ幸運に生きられたとしたら、それはあなたの守護霊や祖先の霊達がどれほど手間ヒマ愛情を注いだのか、その事に思いをはせて下さい。

 無思慮ならば、むしろうまく行かないのが当たり前。いや、思慮した所で人間の浅智慧では拗らせて当たり前。しかし、いくら祖先や守護の霊達が愛情を注いだ所で、やはり季節が巡ることには逆らえません。すなわち、真冬にスイカを実らせるようなことを祖先に望むのはナンセンスであります。

 あなたが苦しみもだえて、必死に努力している姿は見て取れます。しかし、真冬には真冬の生活、真夏には真夏の生活態度が大切なのです。真冬に薄着で歩けば、どれほど祖先が大切に思っていようが、あなたは風邪をひき、辛い思いをするのはなによりもあなたであるということです。


現在は必然の結果

2004/11/07

2004年 11月 17日


 進化の過程を示すのに樹形図を書きます。木の根本から枝先まで複雑に分岐している……一つの原因から様々な結果が生まれうる……未来予測もまた、樹形図で表わされます。

 根本(過去)から、枝先(現在または未来)まで数多くの選択肢がありますが、逆に枝先から根本に向かう選択肢はたった一つしかありません。それはつまり――未来は数多くの可能性があるが、現在を生み出したのはたった一つの道筋しかないという事です。

 それはつまり、今現在の苦しみや悲しみは、そうなるようにあなたが選んできた、必然の結果であるという事です。

 あなたが自分の今に不満を抱いたとすると、それは今までの人生の要所要所での判断を誤ったという事なのです。過ちを正すのは決して容易ではないし、容易ではないからと先送りにすると、さらに修正に苦労する事となります。

 人生をより良くしようと安易な解決策を求める人は多いものですが、安易な手段で得られる結果など、それ相応でしかない……さもなければ今までのあなたの苦労は何だったのでしょうか?

 止まれ! うまくやる事に気を取られて下品な妄想はしない事です。自分の苦労を愚かしく思う人は、他人の苦労も馬鹿にする事でしょう。そういう人のために懸命になってくれる人が果たして見つかるかどうか? 見つけたつもりでいても注意すべきことがあります。 楽して儲けようとする人ほど、詐欺師に騙されやすいという事を。


お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
11月 2004
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930EC
12月 2004
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト