‘2004/11/06’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2004年11月6日 (静岡オフ会)

2004/11/06

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


 総論

 両日とも天気に恵まれ、無事に静岡オフ会を終えた。参加人数は少なかったがある意味目論見通りでもある。あまり参加者が増えすぎると身動きが取りにくいからだ。また、滝行もあまり人数が多いと、待ち時間が長くて、寒さに耐えがたいものとなる。今後も試行錯誤を重ねて、ベストな道を探していくつもりだが、滝行を含む静岡オフ会はやはり本流にはなり得ないと思う。

 私、個人は滝行に意義を感じているし、参加者も皆、滝行に意義を見いだしてくれている。なによりも経験者ならでは解ることとして、滝行後のポワポワとした幸福感が溜まらなく良い。あくせくとした日常を送ることの愚かさが身にしみて感じられるのである。これだけでも得難い体験だ。ところが心霊主義的な修行という観点に置いて、滝行は本流たり得ない。心霊主義的な修行とはあくまでも精神統一なのである。

 むろん、滝行の最中に精神統一するのも興味深いことではある。しかし、それでは霊媒があまりに忙しい。滝行を無事に終わらせるための監視と同時に、霊査を取るのも難しいし、水を浴びながら霊査を記録するのも難しい。そして霊査が伴わない精神統一は……片側通行では心霊主義の意味が減じてしまう。

 つまり、静岡オフ会は、授業ではなく、遠足なのである。いや、野外学習という名目の遠遊というべきか。むしろ大切なのは滝行の成功よりも道中で交わす会話こそに価値があるのかも知れない。

 事例1

『花ひらく時はいずれや春の内』

 時機(チャンス)は、あなたの都合の中にあるのではありません。あなたが時機に合わせなければいけないのです。――決して焦らぬ事。

 事例2

『滞どめらば濁り、流せば濁る』……動こうとしてうまく行かず、待っていてうまく行かないのは、動きに問題があるのではなく、水そのものが濁っているからです。

 事例3

『統一を学んで落ち着きを得よ』

 事例4

『統一を学んで行動力を得よ』


絆の有り様

2004/11/06

2004年 11月 05日


 想像してみて欲しい。自分が縛られていることを。それが果たして、自由でないことは容易に想像が付く。

 愛しき者との絆は歓びであるだろう。尊敬する者との絆は安心であろう。では、嫌いな相手、憎む相手との絆はどうであるのか?……それが苦しみであることはいうまでもない。

 愛しき者を愛し続け、尊敬する者を尊敬し続けることが絆である。即ち愛することは歓びであり、尊敬することは安心である。では、他を嫌い、憎むことはなんであるのか?……それが苦しみとの絆である。

 人は様々な利害の中で生きる。一得一失、利を求めれば代償を強いられる。そのような中で暮らしていれば、己を守るために争うことも出てくるだろう。好き嫌いは必ずしも好みだとばかりもいえない。嫌悪は往々、必然の結果である。だがそれは身を守る為の必然であって、己と自分を結びつける絆にするのは愚かなことだ。

 人々は、感情の性質だけに注目して、愛することと憎むこととは別物であると分類し、愛することを奨励して、憎むことをやめよと説く。しかし、霊的な視点を得た者にとって、愛も憎悪も、慈しみも妬みも、皆均しく、魂に結びついた縄のようなものだ。――問題は、縄そのものではなく、それが己の魂をいかに縛り上げているかが問題なのである。

 取るに足らぬ者を誰が愛し、誰が憎むというのか? 愛も憎悪も相手を認めればこそ生じるものだ。愛も憎悪も、相手を認めた上での感情表現であり、素直さと屈託との違いが有るだけといっても過言ではない。人々は感情を扱うつもりで、実は相手との絆を扱いかねているだけなのである。

 愛におぼれて堕落するものもいるし、情けを掛けて破滅する者もいる。嫉妬をバネに努力する者や、憎悪故に身を律する場合もある。――重要なのは、感情の種別ではない。自他の絆の有り様なのだ。


お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
11月 2004
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930EC
12月 2004
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト