‘2004/10/06’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2004年10月6日

2004/10/06

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


総論

  •  人生は二人三脚。うまく行っている時は、あなたが調子の良い時ではなく、あなたと背後霊とのリズムがあっている時なのです。
  •  人は皆、幸せに生きられるように出来ているのに、なぜか不幸にしがみついてせっかくのチャンスを逃す悲しさ……なしのままに生きると、自分の人生って、まんざらじゃあないな……と思える日々。心霊主義千歳。……いや、他力本願じゃさすがに一万年は過ごせないよね。(^^;

事例1

  •  不幸だからスピリチュアリズムなのではなく、幸せだからスピリチュアリズムです。現実逃避の道具に使わない。それが大切です。……あなたはそれが出来ています。でもお友達はどうでしょう?
  •  人の意見に流されぬように。特に他力本願は迷いの元です。……力に頼って幸せになる。虎の威を借る狐は寓話の中だけでたくさんです。

事例2

  •  今を生むのは過去、未来を生むのは今です。今の幸せに甘えず、今の不幸に腐らず、より良い明日を生み出す努力を決しておろそかにしないことです。
  •  強運を生かせるのは、努力家だけなのです。無駄な努力はせず、でも、無駄な時間は過ごさずに行きましょう。

事例3

  •  たとえ不遇だって、笑っていられたら、必ず拾う神があります。
  •  たとえ幸福だって、仏頂面なら、必ず捨てる神があります。
  •  むろん、あなたは痛いほどよくご存じですよね。

事例4

  •  出来るできる。……だって、私が味方だから。
  •  あなたはいつもそういう視点で人を見ることが出来ます。でも、そういう視点で人から見られていることには気がつきません。あなたは大切にされているのです。でも、やはり、温かい視線よりも、厳しい視線にあせりを感じてしまう所が人間の切なさですよね。

事例5

  •  同情は容易く、協調は難しい。何となれば、あなたの苦労が報われぬから。……無駄な力みがあります。報われないのではなく、あなたが押しつけているのです。
  •  え? 強要されたのですか? すると問題なのは、あなたの義務と責任の境界をあなたが適切に把握しているかどうかということですね。

事例6

  •  次の一手を考えましょう。一つ目処がついたら、次の次を考える。流されつつ生きるのは大変ですから、流れをリードするつもりでがんばって下さい。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
10月 2004
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
11月 2004
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト