‘2004/07/17’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2004年7月17日

2004/07/17

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


(静岡オフ会)


事例 1

 歩きながら、もっと早く、もっと早くと思うのはおやめなさい。怪我の元です。

 いったん立ち止まり、どこから片づけていくかを考え、無駄のない行動をとるなら、歩く速さは同じでも結果はもっと早く出せます。

 もっとリラックスを学ぶ事です。

事例 2

 あなたはだいぶリラックスが出来てきた……つもりでいるでしょうが、それは精神統一に於いて無心になるのに、”真っ白な心”を一生懸命に考えるのに似ています。

 がーーーと、仕事を終えて、ほっとした瞬間。または、徹夜明けのぼーーとした感覚。それを思い起こしてください。そういう時の感覚がリラックスなのです。疲れて何も考えられないぐらいが、精神統一の一番良い状況なのです。

事例 3

 心にしこりが残ってはいるようですが、はつらつと働く姿が見えます。いっぺんに気を抜く事は出来ませんから、しこりが残っているのは全く問題がありません。ただ、自覚する事です。これがあなたのベストの状態ではない。ただ、ベストに向かって努力しているのだ、という事を。

 また、忙しい世の中を眺めた後、静かな場所で一人になってみる。そういう時にインスピレーションが近くにある事を感じてみてください。精神統一というのは座る事でなく、自分の心を静けさに置く事なのです。静けさを知っている人が本当の休養を理解できるのです。

事例 4

 (^____^)

 おなかのそこから笑えていますか?

 笑いながら暮らす事に良心の痛みを感じてはいませんか?

 人にはそれぞれ勤め(義務)があります。イライラと毎日を過ごしている人が大きな勤めを与えられたら壊れてしまいますよ。あなたが以前の勤めで自分の心の堅さと責任の重さに押しつぶされそうだった時の事を思い起こしてください。

 まもなく転機が訪れます。決して幸福には見えない転機ですが、よく考えればいろいろな面であなたにとって有利な転機です。一見、幸福に見えないからこそ、今、あなたが幸福を感じられなければ決して乗り出す事の出来ない転機です。

 あなたは自分の人生を信じられますか? 笑って死ねる人生だと信じられますか? 信じられるなら今を楽しみ、そして、運命に立ち向かってください。

 苦労がない訳じゃありませんが、楽しみもない訳じゃありません。見ている人もいるし、チャンスもたくさんあります。

 あなたの欠点はだいぶ治ってきましたね。

 ……いつもそばで見守っています。あなたと共に泣き、あなたと共に笑いながら。

事例 5

 どんな屁理屈も現実の前には覆ります。あなたの本当の良さは、その素直さなのに、どうにも理屈に憧れ勝ちです。「お疲れ様」といってにっこりほほえむ。そのほほえみの力を忘れてはいませんか。だとしたら、あなたは手足を縛って口だけで泳ごうとしているように思えます。

 ……と。不平不満をおなかにためていると便秘するし、病気の元ですよ。大笑いしていますか?

事例 6

 出来不出来だけで物事を考えない事です。今の成績だけでなく、次の布石を考えて手を打つ。……あなたは将棋が強くはありませんでしたか? 次の次を考えながら手を打つ考え方を忘れてはいませんか?

 幸い、あなたのご家族は、今の成績だけであなたを判断しない方です。最後に笑うのは自分。そういうつもりでいれば良いではありませんか。


お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
7月 2004
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
8月 2004
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト