‘2003/11’ カテゴリーのアーカイブ

11月24日 静岡オフ会・質問事例

2003/11/24

Q1 「夢に喜び事がありながら、朝起きて現実に気がついた時、無性に切ない」

 まず、夢に具体的な光景を思い描く事が、実現には大切です。家を建てる時も図面を描けばこそ、大勢の職人達が助け合って建てる事が出来ます。一人で建てるのならば図面が無くても構わぬでしょうが……背後霊に助けを求めるのにだって、図面が必要なのです。どういう未来を欲しいのか、心の中に思い描く事が大切です。これを望画《ぼうかく》と呼びます。

 さて、あなたは睡眠中に望画しているとの事。夢に見ながら手が届かぬのは確かに辛くはありますが、夢も見なくなったらそれが幸せといえるかどうか。朝起きてそれが夢である事に気がついたなら、『産土の神様、祖先・守護の霊達、どうかこの夢が実現するようにお導き下さい』と祈るべきでありましょう。

Q2; 兄弟・姉妹で、運不運、役割がまるで違うのはなぜだろう。心霊的に見て意味があるのか?

 人は生まれてくる場所を選んで生まれてきます。心霊知識のない方々は、「こんな家に生まれたくはなかった……」などとうそぶきますが、その実体は、「自分の持つ功徳では、せいぜいがこの家を選ぶのが精一杯であった」という事なのです。

 たとえ不承不承であっても、生まれてきた以上はその勤めを果たさなければ、来世ではもっと惨めな人生が待っています。境遇を嘆くよりも境遇を生かす努力が大切です。

 さて、兄弟姉妹で役割が違うとの事ですが、それは要するに、兄弟姉妹のある者に家の因縁が集まり、ある者は楽をし、ある者が一人で苦労をするのはなぜだろうか……という事ですね。

 人生を左右するのは境遇と才能のバランスであります。どんなに才能溢れてもそれを生かせる境遇に生まれなければ不遇ですし、どんなに境遇の良い所に生まれても才能がなければやはり不遇な人生となってしまいます。でも、人は助け合う事も出来ます。兄弟姉妹が助け合えば、どんなに深い因縁のある家でも、みな幸せになるでしょうし、反対に兄弟姉妹が足を引き合えばどんなに素晴らしい境遇の家でも、みなが不幸になってしまいます。

 あなたの家の場合は、長女のあなたはあなたらしく生きる事で存在意義を獲得し、真ん中の姉妹は、『勉強では姉に叶わぬから、家族を大切にする事で自分の存在意義を手に入れよう』と努力し、末の妹さんは、「私には何も残っていない」とふて腐っているかのようです。

 そうはっきりと違いが現れるのは、お互いの良い所を学ぼうという気持ちが、あなた方姉妹の仲になかったせいといえましょう。……端的にいえば、姉に反発するよりも姉の美点を吸収・利用しようという気持ちを持っていたら、もっと幸せになれたはずなのです。


‘, ”, 1, 1, 0, 13, ‘2003-11-24 00:00:00’, 63, ”, ‘0000-00-00 00:00:00’, 0, 0, ‘0000-00-00 00:00:00’, ‘2006-04-12 00:12:34’, ‘0000-00-00 00:00:00’, ”, ”, ‘pageclass_sfx=\nback_button=\nitem_title=1\nlink_titles=\nintrotext=1\nsection=0\nsection_link=0\ncategory=0\ncategory_link=0\nrating=\nauthor=\ncreatedate=\nmodifydate=\npdf=\nprint=\nemail=\nkeyref=\ndocbook_type=’, 1, 0, 3, ”, ”, 0, 1111);

11月24日(静岡オフ会)

2003/11/24

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


回答事例1

 (家を探しているとのこと)

『見栄えはよいけれど、安普請。すぐにあちこちが痛み出す』

 気に入った家と出会ったら、まず、見せかけだけで中身の空っぽな建築ではないかを疑ってみて下さい。

 またこれは一霊媒としての体験ですが、俗に方角や、今はやりの風水などでいう「家相の悪い家」に引っ越したから、離婚したとか、災難に遭ったなどという話を聞きますが、夫婦がケンカしながら家を探すと、わざわざ家相の悪い家で妥協してしまうことを実によく見ます。……つまり、私が思いますに、家相が悪いから離婚したのではなく、仲が悪いから家相の悪い家を買うことになるのだと考えております。

 ですから、家を買うのではなく、より良い「家庭の器」を探すのだと、ご夫婦で良く納得してから探すように致しましょう。

『自分に出来ることには限りがあり、物事にも限りがあります。(どこかで妥協せねばならない) その中で出来るだけ良いものを得るには、人事を尽くして天命を待つことが大切です。自分の力で探そうと力めば、自分の理解の外でつまらぬ過ちをしてしまうことにもなります。神頼みに甘えるのではなく、わずかな好意すらも自分の人生の助けにするつもりで生きていきましょう。』

回答事例2

 嫌な事は忘れるのではなく、天に預けるか、水に流すかにしなさい。忘れたつもりでもあなたの心の中にしまい込まれていたら、つまらぬ時に思い出して苦しむ事になります。

・ ・ ・ ・ ・

 あなたが、腹を立てるのは当然の事であると思います。でも、心の未熟な人の事であなたが思い煩って何になりましょう?

「自分が心配する事ではない」、そう思ったら、「神様仏様、あわれなあの方に愛の手を!」と、祈る(天に預ける)か、「どうせ因果応報」と割り切る(水に流す)か、いずれにせよ心を悩ませるのはやめましょう。

回答事例3

 足を冷やさぬように注意して下さい。止む負えず、冷える時には気を抜かないことです。

 足に限らず、大切なこと、大切な物には全て気を通すこと。間違っても『(神様や守護霊が守ってくれるから)大丈夫だろう』などと、大切な物を運に任せてはいけません。

回答事例4

 滝行の結果が良かったです。

『考えても仕方のないことを、背後霊に預けよう、という気持ちをこれからも心がけなさい』(滝行の最中に虹が見えたが、この時、気持ちの切り替えがあったらしい)

『お前の気持ちは預かった』

回答事例5

 「苦しみに意味がある」というのは、あなたが苦しむことに意義があるというのではありません。その境遇や結果に意味があるということなのです。その境遇や結果を「苦しみ」と名付けるのは、あなたなのです。

回答事例6

『(現状は)没我滅行(滅私奉公?)、でも利は少なし。』

『人生の意義をよく考えよ。人に与えるために生きるのではなく、人も自分も豊かに、幸せになるために働くことが大切なのだ。』

回答事例7

 あなたのお父様が、「私の跡継ぎはお前がいるから大丈夫」と、高らかに宣言しています。まあ、口裏を合わせておきなさい。親にとって子を誇りに思うのは幸せな事なのですから。

回答事例8

『出来る事はする。出来ぬ事は天に預ける。』

 出来ない事をしようとあがいて、病気にならぬように。

回答事例9

『神棚に誇りがかぶっている。どんな有名神社のどんな神様よりも、我が家の神様が尊い物(あなたに親身である)だ。』

回答事例10

『知識や感じる事で、神仏を計ってはいけない。表に出る部分はわずかな物だし、あなたにその器がなければ、せっかくのお力があなたを幸せにする助けには生かせないのだから』

……助けを求めるよりも、神様の道具として生きられるように努めよとの意……

回答事例11

(守護霊より)

 失敗や苦労から学ぶのはそろそろ卒業したいね。


11月19日

2003/11/19

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


 新車になったことを先生に電話報告して、ついでに「胃が痛い」といったら、こともなげに、「必死にハンドル握っているからでしょう」と言われた。考えてみたら、ハンドルは軽いし、ブレーキは軽いし、でも慎重に操作するしで、筋肉の緊張の逃げ場がなかったんですね。

 要するに、自分のことは必死だからこそ理解が難しい……そういうこともあるわけです。

霊査事例1

 不平を忘れてはつらつと働くあなたがいます。でも、仕事が終わると途端に不平不満が頭をもたげる。あなたは頭で幸せを考えすぎています。人と比べて幸せか、不幸かを判断しようとしています。それは辛いですよ。

霊査事例2

 初心に返って下さい。目的を見失っては、努力が全て無駄になります。

霊査事例3

 不平不満を暴力で表現するような人は、実は、理解者を求めています。理解してくれる人を相手に意地悪するものなのです。

霊査事例4

 いろいろともめ事も横たわっていますが、来年のあなたは明るい日差しが差しています。あまり自分を虐めないように。

霊査事例5

 答えに執着しないで下さい。過程こそが今のあなたに必要なのです。もどかしいかも知れませんが、答えというのは死後に必要な物であり、今のあなたに必要なのは今をどう過ごすかなのですから。

霊査事例6

 天気が良い時には良く背伸びをして下さい。だいぶ煮詰まっています。来年はいざこざが多い年ですが、でも、今年ほど大事件は無いと感じます。


11月15日(東京オフ会)

2003/11/15

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


霊査事例1-1

 お母様の体調に気をつけて下さい。たまには旅行に誘ってみるのも良いでしょう。

霊査事例1-2

 親子に遠慮や照れがあれば他人よりも遠い存在になってしまいます。あなたは、大切な人ほど遠い人にしてしまう癖があります。それは甘えの裏返しなのでしょうが。

 大切な人ほど親しい人に成るように努力しなければ、あなたは一生寂しさの中で暮らさなければ成りませんよ。

霊査事例2

 真っ直ぐに進むから抵抗が多いのです。搦め手も一つの方法です。

霊査事例3

 「神機」、「神縁」ということを考えて下さい。あなたは頭の良い方ですが、理屈が通ることばかりやっていたら、めざましい向上は望めません。あなたに余裕があって、リスクが少ない事であれば、たまには騙されてみるのも良いことです。

霊査事例4-1

 あなたの身体に触れた時、とても強い痛みを感じました。ものすごいストレスを感じます。

 あなたは不平不満から攻撃的になっているようです。しかし、あなたも周囲の人々に馴染むことが出来ず、不安を抱えているように、周囲の方々もあなたに慣れずにいるのです。ぴりぴりせずに、相手を理解する努力をなさって下さい。

霊査事例4-2

 相手に意志をぶつけるのはやめましょう。ボクシングの試合を思い浮かべて下さい。良い選手は、相手の打ち込みを見極めて反撃します。ただがむしゃらに手を動かしてもダメージを受けるのはあなた自身ですよ。

 (むろん、暴力は避けるべきですが……)

霊査事例5

 上司(次長という字が見えました)が、目の上のたんこぶになっている。でも、曲がったことの出来る人ではないので、その人の視点になって物事を考えてみると、ハッと気がつくことがあるのではと思います。

霊査事例6

 頭に力が入りすぎています。論理で考えるばかりでなく、感じることも大切なのです。ですから、精神統一中ぐらいは、お腹で考えてみましょう。

霊査事例7-1

 あなたが思う現実とは、ただの事象の現われですが、人にはそれぞれ意志があります。つまり、悪い現実があるとして、それは、当事者の悪意の現われか、それとも当事者の未熟から来る思わぬ結果であるのか、どちらでしょうか?

 あなたが思うほど世に悪意はありません。

霊査事例7-2

 あなたのお母様とおぼしき方が発言しようとするのを、あなたのお祖母さまが引き留めていったことです。

「女子の身魂《みたま》の因縁を恨むなかれ、乗り越えてこそ、身の幸せあり」

……先日、セクハラにあったとのこと。

 嘆くよりも、証拠を突きつけて恐喝するぐらいの気概を持てということらしい。(恐喝を実行せよというのではありませんよ)


11月5日

2003/11/05

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


 今年もあと、残す所三回の霊査発信で終わり……忙しい、忙しいといいながら、実は自分を見失い掛けている日々。

 イベントを次々とこなしているけれど、どうも、楽しかった嬉しかったという感慨に浸るよりも一つ終わった、二つ終わったと勘定することばかりになっている。なんだか、精神統一甲斐の主催者に精神統一が必要な毎日になってるなんて、変な話。

弛緩する3

 ストレスというのは、重要な案件に対しやすいように、心身が準備をしているのです。つまり、ストレスを持てない人はだらだらとした人生を送ることになります。問題は、事が済んでもリラックスできないということ。これが万病の元なのです。

 精神統一というのは、実は心と背後霊とを一つにする為の修行な訳ですが、私たちがやっているのは、その統一以前に、背後霊の意志を拒絶しないために、必要な時に寛容・寛大の精神状態を作れる、つまり、必要な時に意図的にリラックス出来るようにする訓練なのです。

 で……過去何人もの方が、精神統一を続けられないからとおやめになっていきましたが、むろんそれは私の指導が下手であることも要因の一つですが、皆さんがリラックスするのが下手であるというのも大きな要因だと思うのです。リラックスできないから座っていることが苦痛に感じるのですね。

霊査事例1

 考え事をなさる時には、一つ一つ答えをまとめてから次に行くべきです。そうしないから纏まらず、結果的にただの妄想になっている。物事に、あれこれと欲をかくから全部中途半端になってしまう。気がつけばいろいろやったけれど、でも何も結果が得られない。何も得られないから焦りばかりが生じます。それがまたあなたにストレスを与える。

 これでは後悔が生まれます。死後に後悔を持ち越しては、「心霊を学んだ」とは申せません。

 まず、一つ事を終わらせるべきです。

霊査事例2

 あなたは責任感の強い方です。ところで、その責任感の結果、あなたはいつも「○○しないと××さんに申し訳ない」と考えてはいませんか?

 人生において、助け合いは確かに必要ですが、まず第一に自分の霊性向上のために生まれてきたことをお忘れ無く。すなわち、せめて後悔の半分は「このままでは自分に対して申し訳ない」という気持ちをもたれることです。

霊査事例3

 あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ、そう考えていると周囲の確認がぞんざいになります。あなたはハラハラする事が無くても、周りはハラハラのしどうしならそれは事故の危険サインです。

 身近な人の言葉を聞き漏らしたりすることに思い当たることがあれば、特に車の運転時には雑念に囚われぬように注意なさって下さい。

霊査事例4

 結果が出たことは考えてもどうにもなりません。いや、考えれば考えるほど、本来ならば次の逆転のチャンスを目指すべきなのに、変わらぬはずの過去を変えたくなっていきます。

 そういう時、気持ちの切り替えを上手に行うのが、精神統一を修行している人の為すべき事です。

 が、心霊という観点からいうと、人が妄想や過去への執着に囚われるのには、霊的な理由、すなわち、亡者に話しかけられた結果と見ることも出来ます。その上であなたにアドバイスすると、どうにもならぬ事が思い出されて仕方がないなら、亡者と共に悲しみに浸るよりも、自分と共に亡者も一緒に励ますように、自分に、「頑張ろう、明日を目指そう」と語りかけてみて下さい。

 互いに成長する。それも人生の使命なのです。

霊査事例5

 あなたの妄想を考えるなら、父方のご先祖に事故でなくなった方がいらっしゃいます。くれぐれも、交通事故にあって始めて気がついた……等ということの無いように。

 「考えても仕方のないことに囚われず、人生は山あり谷あり、一緒に頑張りましょう!」そう自分を励ましてみて下さい。

霊査事例6

 熱心に心霊を学んだ人は、どうも修行中毒の霊に魅入られやすいのです。

 「お釈迦様は、楽器の弦は緩ければ音が出ず、張りすぎても良い音が出ないと、中道の思想にたどり着きました。だから私もあわてず、確実に行きたいと思います」と言い聞かせてみましょう。

霊査事例7

 人が宗教や心霊に関心を持つのは、その魂がふるさとを恋しがっているからだ、という話があります。その通りだと思います。

 さて、せっかく神棚をまつっても、最近ではただの一習慣になって手を合わせることもぞんざいになっている様子。わずか15秒でも精神統一で、その精神統一が事故を避ける直感を鍛えます。お水を上げるよりも手を合わせることを大切に。

 なお、どうも背中が冷えているのを感じます。肩こり、筋肉痛はそこから来ますよ。お風呂で良くお腹をもみ、湯船に背中をこすりつけて刺激してみて下さい。

霊査事例8

 私は職場でも時折3分ほどの精神統一を行います。その時、あなたが会社で働く姿が目に映りました。その時、一緒に狐とか、その他変な霊がふわふわとあなたの周りに浮かんでいるのが感じられたのです。これは祟りとか、そういう問題ではなく、同僚の方々の注意力散漫を暗示しているのです。釣られてつまらぬミスを犯さぬように、ご自分の仕事はチェックリストを作りながら確実にこなすようにして下さい。

 もう一点。ある程度の規模の会社は一定割合で身体障害者を雇う制度があるはずです。あなたの会社で、下肢の障害を持って、車いすを使っていた人がクビになったという事件はありませんか。あなたが入社してからのことです。

 どうも、弱い者いじめが多いというのが聞こえてならないのです。この雑音と手を切るためには、一通り聞かせて貰いたくて。


お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト