‘2003/08’ カテゴリーのアーカイブ

8月22日

2003/08/22

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


 霊査事例1

 物事は考えすぎても、思慮が足りなくてもうまく行かない。結局、今のあなたに必要なのは帰属意識なのです。村社会になじめずにいるから、いろいろと考えなければならなくなります。

 まあ、難しく考えるよりも今日は楽しく過ごしましょう。

 霊査事例2

 英知のコレクターになっていませんか。いくら沢山答えを集めても、それではクリアーできません。だって、心霊知識というのは、死後の世界では当たり前に手に入るものなのです。この世で必要なものを絞り込まないと、陳腐な安物を宝物にしておわります。

 納得する事よりも疑問を持つ事です。問題提起のあとに問題解決力が追い掛けてくるのですから。

 霊査事例3

 お腹がすいていれば、イライラするように、気持ちが穏やかでなければ、周囲の当たり障りの無い会話にすらトゲを感じる事になります。あなたは当然気がついているけれど、でも実践できていませんね。

 あなたが思う半分も、あなたに悪意を持つ人はいません。ただ、相手の善意すら針のむしろに思える繊細なあなたが時折、顔を覗かせるだけです。つまり、一番辛辣なのはあなた自身なのです。

 まあ、あなたの言い分はよく分かります。『みんなは自分に甘すぎる』でも、病気になるほど自分に厳しいのはよくありません。

 霊査事例4

 あなたは主観的に、自分に厳しく、人に甘い所があります。

 ところが、自分に厳しい人というのは、どうも優しさの意味を取り違えている部分があります。自分で優しさを体験しないで、どうして人に与えられましょう。味見もしないで料理を人に出せるでしょうか?

 律すべき時は律する、それは大切な事です。でも、気を抜く時があればこそ、緊張に価値が現れます。今のあなたは、頑張っている時か、へたばっている時かどちらかしかなく、そのどちらも健全な時ではありません。

 霊査事例5

 親心で、お母様は何もいわない、いや気がつきもしませんが、「あなたといると疲れる」という感じがあります。病気ではなく、弛緩する事で躯を弛める癖をつけてください。

 霊査事例6

 泣いている姿が見えます。何か悲しい事があったのでしょうか? まさかテレビを見て……ではありませんよね。悲しそうなのだけど、どうも私には実感がわかない種類の悲しさのようです。……もっとも、私は親が死んでも泣きそうにはありませんが。

 お姉様の持ち込んだ因縁――と見えます。

 話せば長い事ながら……子供の頃は箸が転げても笑いたい頃があります。あなたのそんな年頃に、あなたのお姉様は妙に知恵付いた反抗期にあったようで、あなたの楽しんでいる物全てを、一々つまらないと指摘したようです。

「それ以来この子は、楽しむべきところで、楽しくない部分を探そうとしてしまいます。『そんな事つまらないじゃない』と、きつくいわれるのが怖いのです。当人はすっかり忘れていますが、こういう習性というのはなかなか抜けません。」

 その他にどうも、あなたは生まれつき物事に不平をいわない性質《たち》で、自分が足りなくても平気なのに、お姉様達が足りないと不平をいうと、とても胸を痛めている事がありました。それも物心が付くと、不足するのではないかと思うだけで不安を感じるようになった原因です。

「自分の感覚で感じた不幸で苦しむのではなく、『こうなると人が苦しむだろうな』と思う事で不安になります。人の心配は相手に任せて、もう少し気楽に楽しみながら生きて貰いたいのですが」

 まあ、当人は案外楽しんでいるのですが、楽しい時に出てるはずのオーラの出が悪いようです。これは、あなたの魂がどうも「遠慮する」という因縁をもっているからのようです。

 霊査事例7

 楽しそうに精神統一をしている姿が見えます。そうですね、これも日本との絆です。なかなか、共通の話題も作れませんが、私たちはこうして繋がっているのですね。あなたは将来陽気な性質《たち》で、活動的な事に楽しみを覚える人ですから、やはり霊的な話題を用意するのが苦手で仕方がありませんよね。

 さて、その統一方法ですが、お腹の中に毛布にくるまった虎の子が見えます。むろん比喩ですが、お腹の中に何か言い分のような物を抱えて、表面だけ笑顔で取り繕っているのを感じます。これはあなたの悪意とかではなく、因縁です。

 あなたの父方に、酒乱の気があって、呑んだ上での事故で亡くなった方がいると思うのです。おそらく、お祖父様の弟さんかとおもいます。

 『ご先祖から受け継ぎました事は、私の子孫にも伝えたく思います。善縁は少しでも多く、悪縁は少しでも少なく、伝えられますようにご先祖様もお守りください』と、これから毎日、静かに唱えてからお休みになってください。


8月3日

2003/08/18

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


先祖供養

 私は先祖供養をあまり強くいいません。感謝というのは、自然に心の中に芽生えてくるものが大切だと思うからです。形だけまねてもどうもうまくは行かないものなのです。ですからまず、心の中からわき上がるものを育てようと私は努力しています。

 しかし、HPの運営で出会った人々は、果たして私をどう思っているのでしょうか。私の知識や技能を正しく吸収しようとする人もいれば、便利に利用しようとする人もいます。友達感覚で、ある時は便利に使い、その他の時には侮る人もいる。

 私は別段、尊敬を欲しているわけではありません。でも、時としてはいいにくい事をいわねばならない指導を行なうからには、相手の心に尊敬の念が無ければいうだけ無駄だと思うのです。相手が馬鹿にしているのならば、私がいう真実も私と共に馬鹿にされるでしょうから。

 先祖供養はとても大切なのです。でも、感謝する心を知らない人はどんなに頑張っても先祖供養にはならないのです。

 先祖供養というのは血縁存続だけを敬うという事ではなく、自分が世話になったものすべてに対して感謝する気持ちがまず必要なのです。「先祖供養が出来ない人」というのは、基本的に感謝の念が足りない人だと私は思います。だから、先祖供養を教えるのならば、まず、人から親切を受けたらしっかりと礼をいうことが大切だと思うのです。

 先祖供養、先祖供養といえば、抹香臭くもなりますが、要するに礼節が大切ということなんです。

 霊査について

 防犯のことなどを考えれば、常に誰かに見守っていてもらいたいものですが、その一方でプライバシーも欲しいのが人情です。皆さんは霊の実在を信じておられるわけですが、その霊に常に監視されていたり、霊力で心の中を詮索されたりするのは当然いやな事でしょう。

 また、仮に私がそれだけの確実な霊視能力を持っていたとしても、皆さんの監視に自分の能力を費やすのは嫌ですし、見れば皆さんとの交際が嫌になるような出来事を目撃するかもしれません。

 霊査を取るのにも、その範囲を限定する必要があります。いわば、戸をあけて招かれれば室内に入るが、戸が開かなければ玄関周りだけを見て帰るのが私の霊査です。戸を閉め切ったままでいて、尋ねてこなかった等というのは止めて頂きたいですね。

 運勢について

 人の悩みには外因性のものと内因性のものがあります。つまり、外部に原因がある災難ならば、注意を喚起すれば避けられるかもしれませんが、自分自身に原因があるなら、自分をかえる努力なくしてさけることは出来ません。事故に遭わぬように注意するなら、まず、自己改革を薦めることになりますが、それが嫌だといわれたら、あとは祈る事しかできぬでしょう。

 また、人の苦しみには、事故によるものと、代償によるものがあります。老病死苦などというのは、要するに生きている代償としての苦しみであり、これを取り除くには生まれてこない他に手はありません。

 そのほか、愛すればこそ失うことを恐れ、心配すればこそ疎まれもします。この苦しみを避ける為には、愛する事をやめ、また心配する事をやめなければなりません。……生きるがゆえに、愛するがゆえに苦しまねばならぬならば、神も仏も無いものかと思わず恨みを抱かずにはいられぬものですが、代償としての苦しみを取り除けば得るものがなくなるのです。欲しいがでも代償は払わない……こういう盗人的な根性は決して報われる事はありません。

 でも、人は悩めば、どうも矛盾した事を望みたがります。しかし、望むのはかまいませんが、矛盾している以上解決する事は無く、解決する事が無ければ苦しむだけです。……正しいものの見方をしないがために人は苦しみから逃れられないというのも仏教の思想です。

 霊査事例1

 どうもあなたが親切であるのを当たり前に思い込んでいる女性がみえます。だから、あなたが何らかの事情で、頼みごとを断りでもしたら、その女性はあなたを逆恨みするでしょう。疲れている時ほど表現に気をつけてください。この事は将来、または現在のことというよりも、過去の事であるようです。つまり、不満の種は播かれて、後は発芽する機会を待っているのだと感じます。

 また、あなたが部屋を暗くして精神統一している姿が見えます。額の真ん中からは光まで出ている。しかしながら、あなたはそれほど気持ちよく精神統一できずにいます。

 その原因は、あなたにではなく、あなたが抱えてきた因縁にあります。因縁の掃除が進むまでは雑念も多いが、確実に減っていきますのでここで諦めないで下さい。 むろん、雑念などと仲良くしてはいけません。

 霊査事例2

 あなたの背後に十二単のお姫様が見え、あれこれと、あなたに指図をしている。ところがあなたの勘が鈍くて、お姫様はイライライライラしている。そのイライラに流されないで下さい。うまく気が合えば、センスなどの面であなたのプラスになるでしょうが、いまはどうも、イライラの種になりそうです。

 もう一つ、あなたの心配を拾っているのかもしれませんが、貯金を心がけてください。あなたもご主人も、どうも金銭運には恵まれていて、苦労するようには見えず、むしろ、老後はかなり豊かであると強く感じていますが、とはいえ、とっさの事件までは防ぎようもありませんし、他の事情があるのかもしれません。詳しい原因までは見えませんが、とにかく、あなたは金銭的な冒険が嫌いな人ですから、貯金はあなたの心の安定に不可欠です。

 精神統一ですが、難しい局面に差し掛かっているようです。部屋うちで、暑がりながら統一していませんでしたか?

 お風呂は少々ぬるめにして、ゆったり浸かりながら統一してください。あなた自身は落ち着きもあり、いい状況ですが、周辺環境に心配の種があります。不満を抱えながらの統一では悪いものを拾う危険性が思われます。

 霊査事例3

 毎度毎度、代わり映えも無い話ですが、

 『あれもやらなければ、これもやらなければ』が見えています。でも、あなたも日々成長をし続けるべきであるように、周りの人も日々変るのです。あなたが「やらなければ」と思っている間に相手の気持ちや状況は大きく変わっていますよ。

 ようやく夏物を出したと思ったら秋になっていた……これを繰り返してはいけません。

 統一は……忙しそうですね。あなたが風邪に弱いのは、日常の緊張が原因です。入浴は、ぬるま湯に長く浸かり、熱いシャワーで仕上げて身体を冷やさないようにしてください。

 霊査事例4

 忙しい、忙しいという声が聞こえますが、その割にはのんびりとして見えます。そういう意味ではあなたは損な性質の持ち主ですね。

 忙しい、忙しいと言いながら、本当に忙しく働いているが、周りにはのんびりしているかのように見える。で、背後霊にいわせると、問題の整理が下手だから、細切れの余暇はたくさんあって、結局無駄になっている。むろん休む事も大切だけど、細切れの余暇では心身は休まらない。だからきちんとした余暇を生み出すためにも、仕事の進め方を上手にしなければならない。……というより、休暇の取り方が下手だから、忙しい合間に無駄な時間が出来なければ身体が持たないのではないかな?

 無駄な時間で休むのではなく、働くときは働き、休むときは休む、そのメリハリを大切にしてください。

 精神統一の注意ですが、トイレや、信号待ちなどの小さな余暇時間を、あなたはどうも『忙しい、忙しい』と不満だらけで費やしています。そういう、一分二分の時間を精神統一に活用するつもりで、仕事の順番やら、進め方に問題が無いかどうか、反省する気持ちを持つと良いでしょう。

 霊査事例5

 どうもあなたの職場、というか、会社の社員気質は、文句ははっきりいわず、察さないと、いじめに走るようなところがありそうです。

 霊査事例6

 ここ数ヶ月、やはりあなたの霊査が取りにくくなっています。ものの考え方がとても複雑で、結論も出さずにいつまでも考え事をしている。頭の使いすぎは免疫力の低下につながりますので注意してください。

 そもそも、事実には、真偽しかなく、主観には好悪しかありません。主観の問題を扱うのに真偽を求め、事実を扱うのに好悪を求めては、答えが出るはずもありません。断るなら、偽か、嫌いかで答えればいいし、受けるならば真か好きかで答えればいい。それ以外の屁理屈は時間の無駄というよりも、判断を誤る元です。

 霊査事例7

  感情の折り合いがつかずにいるのはわかります。でも理性や霊性の育成こそが精神統一の目的であり、それは同時に感情に流されぬように務めるということでもあります。


‘, ”, 1, 1, 0, 13, ‘2003-08-03 00:00:00’, 63, ”, ‘0000-00-00 00:00:00’, 0, 0, ‘0000-00-00 00:00:00’, ‘2006-04-12 00:01:04’, ‘0000-00-00 00:00:00’, ”, ”, ‘pageclass_sfx=\nback_button=\nitem_title=1\nlink_titles=\nintrotext=1\nsection=0\nsection_link=0\ncategory=0\ncategory_link=0\nrating=\nauthor=\ncreatedate=\nmodifydate=\npdf=\nprint=\nemail=\nkeyref=\ndocbook_type=’, 1, 0, 12, ”, ”, 0, 906),

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
8月 2003
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
9月 2003
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト