‘2000/09’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2000年 9月12日

2000/09/12

 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


 

霊査事例1

 仕事をしていれば、腹の立つ事もあるでしょう。しかし、怒りで自分の体を苛めないで下さい。

「小じわが増える!」と聞こえました。

 怒りにいつまでも囚われず、さっさと忘れるか、対策を講じる方が良いですよ。

 

霊査事例2

 まずは無心に働いて下さい。

 もっと無心に働いて下さい。

 人間はだれしも不完全なのだから、良し悪しを考え出したらきりがありません。今は切っ掛けを育てている時期なのです。

 来るもの拒まず、受け止める覚悟だけして、身体を動かすのです。あなたは考え過ぎます。

 

霊査事例3

 足元に火がついていますよ。

 また悪い癖……何でもかんでも抱え込むが出てきましたか? 家庭も仕事も、優先順位を決めて、一つずつ確実に仕上げていきましょう。

 仕事の前に深呼吸をしてね。

 

霊査事例4

 幸せ一杯といった所でしょうか。周囲がまるで見えていませんね。嫌な事が見えないのは良い事でしょうが、危険を見逃さないようにしてくださいね。

 

霊査事例5

 どうも、お腹が冷えているのを感じるのだけど。

 精神統一しなくてもいいから、守護霊に語り掛ける時間を増やして下さい。あなたも内攻(自分を攻撃)する部分があります。もっと、ゆったりと構えましょう。

 

霊査事例6

 仕事が忙しいね。ストレスが溜まっている感じ。上手に息を吐き出さないと。

 

霊査事例7

一生懸命に生きていればこそ、いらいらもします。でも自分を見失わないでください。

 

霊査事例8

 私もじっくりと霊界と対決しています。どこまで霊界を信じられるか。どこまで霊界に意志を通すか。協調と対立……日々対決です。

 

霊査事例9

 仕事に関しては、あなたががんばるかどうかよりも、環境がそれを許すかどうかなのです。

 

霊査事例10

 (お子さんとの間で)気持ちが通じない事に、焦ってはいけませんよ。気持ち以上のところで、ちゃんと信頼関係が結ばれているのですから。


お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト