‘霊査事例:2017年’ カテゴリーのアーカイブ

霊査事例: 2017年8月11日、横浜勉強会

2017/08/11

事例1

  • 『春には春の、冬には冬の過ごし方があります。』・・・人それぞれ。です。
  • 『日々、生活中の修行。』
  • 『(配偶者の家族を)別世帯ではなく、家族という意識を。』・・・遠慮はアダになります。
  • 『遠くで頑張る子を、誇りに思う親もいるし、寄り添って生きる事を楽しみにする親もいる。』・・・内心の不平等感から、悪平等に拘るのでは無く、各々にふさわしい気配りをしましょう。

 

事例2

  • 『性格は身体にも宿る。大声を出すのは、どこかにしこりが生じる。』・・・人間関係にも、自分の身体にも。
  • 『帳尻が合う。それで上々。』・・・考えても仕方のない事をあれこれ考え、不平等だ、不幸だといっても仕方がない。逃げようと想えば、いくらでも逃げられる事を、逃げないのは当事者の覚悟。大切なのはどう応援するかだ。

 

 

事例3

  • 『頑張るよりも、出来る事をちゃんとやる。』・・・無理をして結果が出せないよりも、少しずつ結果を積み重ねていきましょう。

 

事例4

  • 『(周りと)一緒になって、(誰かを)バカにしない。』
  • 『終い(仕舞)に気をつける。』・・・終わりを想定して、物事を始めましょう。頑張ったけど出来なかった、では無く、少しでも結果を出していきましょう。

 

事例5

  • 『身体は動かしながら休む。』
  • 『眠いから寝るのでは無く、朝の良い目覚めの為に寝る。』・・・終い(目覚め)から逆算して睡眠を取るようにしましょう。

 

事例6

  • 『滝の水になったつもりで、腹の中まで水を通す。』
  • 『どんなに世の中が変るとも、人の集まりを「世の中」というのであれば、人のすべきことは変らない。』
  • 『終いを考える。 人はいつまで生きられるか知れぬし、健康でいられるかも知れぬ。だからそこは天に任せて、潔く生きよう。』・・・運命に対して、提案が大切なのです。私はコレが出来ます、という。
  • 『人々に好みはあれど、自分の好みを諦めずに済む幸せ。』

霊査事例: 2017年6月17日、横浜勉強会

2017/06/17

霊査事例1

  • 『(今のところ)やる気は人に見せない。家族と「ともに歩く」という意思を大切に。』・・・忙しいと、今その時しか見えないものです。先の事を考えて行動する姿は、余裕のない相手に見せるのは酷です。
  • 『泣くまいとするのもストレスになります。』・・・泣いて良いとか、悪いとか考えず、吐き出し、吐き出す事で自由になる事です。
  • 『あなたの感情に関しては戸惑いを感じます。次の電車(機会)が来るには間があります。今は、時間を掛けても良いです。』
  • 『一人の自分は、いろいろな自分の寄せ集め、無理に一つにするのではなく、どの自分にも平等にしていると、自ずと息が合って調和する。得意な事の自分と、苦手な事の自分。どれも一人の自分と受け止める。』

 

霊査事例2

  • 『頭の芯の疲れ、この時季、夜間の冷気の扱いが大切。』
  • 『不自然を自然に。「まあいいか」があると、流れを阻害して、思わぬ影響が現れる。』・・・横着には、何か見えぬ原因があるのです。
  • 『(質問の件は)デリケートな問題です。』
  • 『(その)仕事が大変なのではなく、人の扱いが大変なのか?』

 

霊査事例3

  • 『苦手な事を考えるのは良いが、空回り。当たって砕けよ。本当に砕けたなら、周りが気遣う。』
  • 『言葉ではなく、覚悟が大切。』
  • 『まあ、そんなに大問題が転がっているわけでなし。』…例えば、蛇嫌いの人にしてみれば、鉛筆ほどの蛇が行く先に横たわっていても大問題でしょうが、放置したからといってどうにかなるものでなし。好き嫌いと、結果の良し悪しとは別問題です。
  • 『右に行こうが、左に行こうが、行き着く先が同じなら、少しでも楽をすれば良い。とはいえ、入り口だけを見て、楽かどうかを見分けるのは難しい。』

 

霊査事例4

  • 身体は疲れているようですが、身体には気が渦巻き、やる気が満ちているのを感じます。しかし『そのやる気は、子供と遊ぶ方向に向けた方が良い。』
  • 『身の置き所を意識しましょう。前でも、後ろでも駄目です。』・・・先頭に立ってば、足を引かれるし、後ろに立って、指示されるのを待とうにも、リーダーシップの持ち主なんて早々いません。真ん中にいるのは大変そうでいて、実は一番有意義な立場です。

 

霊査事例5

  • 『忙しさが腰に来る。よく身体を回しましょう。』
  • 精神統一時の姿勢について、『固めるのではなく、任せる。』事が大切です。
  • 『(姿勢について)だいぶ柔らかくなりました。』
  • 『今時(現代)の開花は定年後』・・・会社勤めをしていれば、なかなか理想は求められません。
  • 『自己実現。他者と関わっていても、あくまで自己実現が目的です。』・・・他者を助けるのは容易に満足を得られますが、なすべきはあくまでも自己実現。自分の身に着かなければ意味がありません。

霊査事例: 2017年5月20日、横浜勉強会

2017/05/20

事例1

  • 『ヤレヤレと、身体を緩めず。休むな、というのではなく、休みすぎると身体を悪くするから。』 『潔いというのは、環境も大事。』・・・人格者だって、いや人格者であればこそ、残される者の事を心配して、潔く死に向かい合う事が難しくなる事もあります。潔く死と向き合うのは、環境も含めて色々と難しいものなのです。
  • 『人は死なず。生き死にを考えるのでは無く、その時、その時のベストを尽しましょう。とは家、貴方に看取られた人は幸せです。』
  • 『(あの世は)行こうと思えば、穏やかにいけるもの。二つは繋がっています。』
  • 『少しずつ、これからの事も考え、実践していきましょう。まだまだ人生は長いのですから。』『もう少し○○なら・・・、というのは時間を無視した考えです。状況が許さぬなかで行えば、後悔が残るかもしれませんが、その時々のベストが大事なのです。あなたは良くやっています。』

 

事例2

  • 『母親である事を、今は楽しみなさい。』
  • 『たとえ成長は遅くとも、収まるところへ収まる。しっかり者の兄に、やんちゃな末っ子。ゆっくり見守りましょう。』
  • 『無理をしても道理が勝つ、だんだんと収まるところに収まります。』・・・これ、食事の際に出た話題の事では?
  • 『その「人目」は、外に非ず、内から己を縛るものなり。』・・・人に迷惑をかけない、ということは人目を気にするつもりでいて、実は自分の呪縛なのです。

 

事例3

  • 『視点を一段上げてみましょう。学ぶとはまねる事から始まります。』・・・自分の視点をひとまずおいて、自分が尊敬する人がどのような視点で物事を見るのか、
  • 『人格とは関わりなく、誰にでも良いところがあり、学ぶべきところがあります。全ての人を師とする事が出来れば、あなたの人生は完成します。』
  • 『遠くの師を求めるよりも、近くの師を見いだす。見いだす事が大切です。』
  • 『他人より先に報酬を求めない。』・・・人の良さを見いだす時には、誰かに自分の良さを見いだしてもらいたいという気持ちになりがちです。でも、それは後回しにする事が大事です。

 

事例4

  • 『(精神統一は)心を空にするのが目的では無く、インスピレーションを受けやすくするのが目的です。』
  • 『技術だけで無く、人事などのマネジメント一般についてもインスピレーションを働かせましょう。』
  • 『出不精は直らず。』
  • 『どうってことないよ。』・・・案ずるよりも産むが易し。

霊査事例: 2017年2月12日、横浜勉強会

2017/02/15

霊査事例1

  • 『気が合う、合わぬと思えても、大切なのは一方向に向けるかどうか。違う方角を見ていれば違うことも言い出す。』
  • 『悩み事は悦びを遠ざける。「穏やかに、穏やかに」』・・・この場合の遠ざけるは、チャンスを見落とす、と、いうことでしょう。
  • 『心揺るがさざる深い禅もあれば、日々、日常の上で生まれる、短い禅もある。どちらも疎かにしない。機縁。』・・・大切にしろ、というのは、積極的に行け、ここでいうのは、消極的、または、受け身の意味で、でも取りこぼしてはいけない状態を指します。自分で進んで得られるモノではないから、チャンス(機会)に巡り会ったら逃さぬつもりで。
  • 『その忙しさもまた、「仏縁」』・・・大切にしましょう。
  • 『「当たり前」を知るのは難しい。』・・・人はカンタンに使う言葉では有りますが、根拠を示す事が出来ない曖昧なモノです。なぜそんなモノが存在するのでしょう?

 

霊査事例2

  • 『人手が足りぬから、大人しくしておれ。』・・・新しく帰幽された方に手が掛かっているので心静かに過ごしているようにとのこと。
  • 『加護が少ないわけではありません。ただ、穏やかにいましょう。』
  • 『「仕方がない」、 折り合いを付ける。この状態はいつまでも続かない。』・・・今、絶頂期に有る人は、環境の変化によって価値観の逆転が起こります。むしろ、今よりも大変になるかも。

 

霊査事例3

  • 『忙しいのは分るが、視野が狭いとミスが増える。』

  • 『ぶら下がること、しょうが、葛根』・・・今の貴方に必要そうなもの。
  • 『積極的に良くしようなどと、一夜漬け的な行動をしていると、「あるべき様」を見失う。あるべき様のないものは、この世にあるべきではない。』

 

霊査事例4

  • 『ストレスから過食気味かも知れませんが、「任せる」という姿勢は良いです。』・・・自分に出来ないことを抱えて苦しむよりも、天に預けるという心構えが良いでしょう。
  • 『朝、お日様の方を向いて深呼吸する。心の中で手を合わせて一日の家族の無事を祈れば吉。』・・・神頼みもまた、自分には出来ないことを心から遠ざける働きがあります。
  • 『出来る事はたくさんあります。』
  • 『過程は順調。仕事は混迷。(ならばこそ)飄々と生きよ。』
  • 『身体が愛情を欲している状態。目に見える助けが必要なのではなく、心のよりどころが不足しているのです。』・・・もしかすると、貴方が心を悩ませている問題の大部分が、取り越し苦労か、貴方の関わるべき問題ではないのかも?

霊査事例: 2017年1月14日、横浜勉強会

2017/01/14

事例1

  • ・『自分の(担当)部分は失敗しないという確信をお持ちです。』
  • 『定職に就く。さもないと、部分しか知らずに成長が止まります。』
  • 『もっと大きな視野で考えるなら、面白いことがいくらでもあるのに。』
  • 『まずは、子供と遊ぶのも大切な仕事。手を抜くな。』

 

 

事例2

  • ・『○○になったらどうしよう、ではなく、○○になっても大丈夫なように備える。忙しくて吉』・・・つまらぬ心配をするようなら、考える間のない忙しさが貴方にとって良い状態です。
  • 『子供のことで苦労が多いのは、(天)罰ではありません。』
  • 『子育てが生きがいになると子離れが出来なくなります。手の掛かる子供でもいずれは家を出ることを忘れずに。』
  • 『色々と苦労を背負い、悲しい思いもしてきたわけだが、それは人生の目的ではなく、幸せになるのが目的である。「マゴ」を諦めるな』
お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
9月 2017
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
10月 2017
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト