霊査事例: 2005年11月6日(静岡2)


 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

 「気配りが足りぬ」 というのは、他人に対してだけではありません。……自分にも気配りが足りないのです。

事例2

 人を喜ばすことや善し、人を幸せにすることやもっと善し。……では人を幸せにするにはどうするか? それを捜しなさい。

 従業員にも愛情を注ぎなさい。それに応じない人は「従業員」として(割切って)扱いなさい。愛の通じぬ人は裏切るし、愛をむさぼる人も裏切ります。天地相応……天と地は大きく違うようでいながら、お互いに応え合うのです。愛されたければ愛す。でも、相応《ふさわ》しくない相応に多くを求めるのはナンセンスです。

……ナンセンス=くだらない、と日本語だけで解釈せず、”nonsense”= センスがない という解釈を試みてください。この場合のセンスには直覚や、判断力などが含まれます。心霊を学びながら、センスが曇ったままでは、その修行はナンセンスですよ。

事例3

 頭を使う者は往々、身体に気が回らぬ。身体のそれぞれに(マッサージの要領で)気を配るようにしなさい。

 身魂の親と争っているから、意地悪が身に付く。……うまくいかないことがあるとすぐに腹を立てる。自分はさして腹を立てているつもりもないようだが、行き詰った時に全く智慧が浮ばないのは、智慧が出ぬほど腹を立てているからです。

 他人の為すことに、意地の悪さを感じているのは、あなたも他人へのいたわりが足りないからです。


事例4

『人のいざこざに仏の顔ばかりも出来ぬが、鬼のふりしているつもりが本当に鬼と化し、いざこざを大きくしては元も子もない。  仏だけが鬼のふりをすることができる。人はすぐに鬼に化すぞ。』


タグ:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研イベントリスト
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト