霊査事例: 2004年10月20日


 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


ある天気談義を聞く。

『最近、台風がすごいですよね……』

『はっ、地球がおかしいんだ!』

・・・

 別に自転に狂いがあるわけで無し、太陽の活動が特におかしいわけでもない。人間が環境をおかしくしているとは思わないのだろうか? まあ、他人の批判ばかりしている人なので、それらしい回答ではあります。

 対人問題でも、健康問題でも、悪い結果が出た時、その間に変化があったものは何かを思いめぐらせてみると、往々、原因は自分にあることに気がつくもの。自分をかばおうとするから……事実をゆがめ、結局、ゆがめた事実に自分が騙されたりするのです。

 地球が悪くての異常気象ならば出来ることはないし、相手が悪い対人トラブルならばやはりお手上げです。そういうこともあるかも知れないが……本当は自分に非があるならば、他人を責めている間にどんどん自分の幸せが失われていくことに気がつくべきでしょうね。

 事例1

  •  「満足のいく仕事が出来た」と見えます。が、自分の満足を理解してくれる人はなかなかいないもの。気がついて貰えなからといって腐るよりも、共に喜んでくれる人がどれほど嬉しいものかに気がつくべきです。
  •  おめでとうといわれるのは嬉しいが、おめでとうといってあげられるのはどれほどの力となるか。
  •  実力を眠らせておかぬ事です。

 事例2

  •  ようやく、表に目を向け始めましたね。いえ、元々あなたの目が外に向いているのは確かですが、外を見たら外だけ、内を見たら内だけ、地上の生の楽しさは、外と内の連関なのです。

 事例3

  •  手は動いているけれど、心が動いていません。 嫌だという言葉を飲み込みながら、でも嫌だと精一杯に表現してみたりする。 あなたが本当に嫌がっているのは、嫌なことよりも、「嫌だ!」と言うこと。嫌だといわずに済まない状況を嫌だと感じているから、状況が複雑になっていく。 嫌だといってみたらどうです? 駄目だったら、出ていけばいい。何事も。最初からでていく事を考えるのではなく、最悪出ていくこととして、何が出来るかを考えてみましょう。 いままで、色々やりたいことがあり、でも、手を出せずに来た。で、今は手を出して『やっぱりつまらないじゃない』といえなくなっている。 闇雲に否定をすることが大切なのではなく、選んで、拒絶出来る自由が大切なんです。

 事例4

  •  大切なのは生き方を変えることではありません。あなたの心が感じられるものをもっともっと増やすことです。 端的に言えば、感動のチャンスを増やすこと。 あなたはよいものを見抜けるし、すごいすごいと褒められる人ですが、絶句するような感動の経験がありません。
  •  中道……いつも精一杯に生きているから、微細なことを踏みつけて感動のチャンスをフイにしています。

 事例5

  •  会社に殉じる必要はありません。両親に殉じる必要もありません。 共に生きるために知恵は出しても、共に滅びるために覚悟を決めるのは間違っています。誤った道を選ぶ自由があっても、他も巻き込むのは人として間違っています。
  •  殺人者は誰もが非難するが……災難は悪意よりも未熟さ、不運よりも要領の悪さが招くもの。未熟・不器用な人が迷惑であることは誰も非難しないし、逃げだそうとすると後ろ指をさされるのですよね。でも、安全と見栄とどちらが大切でしょうか?

 事例6

  •  のど元過ぎれば熱さを忘れる。どんなに強く握りしめていても、あなたが捕まえておけるものだけが、あなたのものなのです。 では一体、あなたは何を捕まえておけるのでしょうか? 金、名誉、家族&愛、知恵、人生?……そして自分? どんなに必死になろうとも、立ち去るものは立ち去りますし、失われるものは失われていきます。ただ、神があなたに預けたものだけが、あなたが持ち続けることの出来るものです。努力するだけでは引き留められないから、日常に、心を働かせて、神の意志を感じ取るようになさることです。必死に掴んでいても集中力は長続きしないもの。そっと、しかし、必要な時にはしっかりと握ることが大切なのです。

タグ:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
8月 2019
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
9月 2019
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト