霊査事例: 2018年5月12日 横浜勉強会

事例1

  • 『手を広げず、ただ、どこから来て、どこへ行くのかを突き詰める。』・・・チャンスというのは数が多ければより安心できるようでいて、実は注意すべきことが増えるほど、チャンスを逃しやすくなるものです。
  • 『楽しめないのではなく、折り合いが付いていないのです。』・・・義務、勤め。家事や業務の中には、出来れば避けたい事柄は多々あります。しかし、逃げればさらなる苦難が待ち受けていたり、または、その先にある成功に手が届かなくなることも。どうせやらねばならぬ事なら、善し悪しも思わず、つまり、機械的に淡々と片付けましょう。嫌なことを棚上げしたところで、不安からは逃れられないのですから、ならば早めに片付けて、次に進むべきです。
  • 『仕事は楽しい。 楽しむだけでなく、明日のための一歩を入れておきたい、』・・・もちろん仕事は楽しいのが何より大切です。しかし、あなただけでなく、家族の人生を左右する「大事」でもあり、また、どんなリスクが潜んでいるかわかったものではありません。 リスク対策を常に心がけておきましょう。

 

事例2

  • 『ストレス』・・・他人の目、他人の意見を無視できない、軽視できないあなたにとって、ストレスとのつきあい方はとても重大です。
  • 『連想しない。床よりも天井を見る、嫌なことをたくさん聞いている。』・・・ストレスとどう向き合うか、というより、ストレスをストレスにしない心がけが良いでしょう。つまり、悪い話を聞いたとしても、裏読みしたり、連想したりを繰り返して、話を大きくしたり、大げさにしない。悪いことが悪い結果を起こすことを想像せずに、きっかけがどうであれ、良い結果に結びつくところを想像する。そもそも、自分のことであれば楽天的に考えられるものを、大切な家族への心配事には、悲観的になりすぎるのは、家族を大切に思えばこそ。むろん家族を思うことは良いことですが、悪い想像をしても良い結果には結びつきません。
  • 『邪霊あり』・・・簡単に思えることも巧く行かぬ時には、発想を変え、我が心をどう強めるか、に工夫が
  • 事があります。

 

事例3

  • 『道を誤ったかどうか、まずは止まれ。』・・・プロジェクトを進めながら、つまりは、目の前の問題を「何が何でも解決していこう」という覚悟では、反省になりません。場合によっては、今までの投資、経費、努力をあきらめるぐらいの覚悟で、事の成否を考えることが必要です。自分の失敗を認められないものは、本当の意味での成功もあり得ません。
  • 『手間をかける。(そうしないと)大切なものが増えません。』・・・合理的な考えの元では無駄なことも多々あります。例えば、自宅の整理整頓、どうせすぐに使うのになぜ片付けるのか・・・少なくとも、いつも使っているものは、出す片付る、を繰り返す方が、常に状況を把握できて良いと思うのです。大切なものほど、良く構う、そうして付加価値を付けていきましょう。
  • 『歩けるなら、止まることも出来るはず。自由に。』・・・努力し続けるのは苦しいことですが、努力を止めることには、様々な精神的な迷いが出て来るものです。極端に走るのはそれが良いというより、結果を考えなくて良い楽さがあってのことです。すると、どうしても努力することに縛られて、他が見えなくなってしまう。間違いがあっても気づかずに被害を増やしがちです。進むものこそ、立ち止まる勇気を持たねばなりません。

 

事例4

  • 『正義を求めるな』・・・閣下を大切にして、時には妥協もしましょう。正義を求めたいという気持ちはわかります。しかし、「窮鼠猫を噛む」の例えの通り、求めすぎれば犠牲も増えます。何事にも天使の分け前、みたいなものがあるのです。
  • 『一つずつ片付けなくても、餅は餅屋。』・・・プロに任せるという気持ちが大事です。そして、任せるというのは、信じることです。たとえ不利に思えても、プロがそう思うなら理由があるはず。
  • 『自由になる。』・・・上述。前に向かう、正義を求めるだけが選択肢ではないし、選択肢の数が少なく思えるなら、まずは、自分の心が何かに囚われていることに想いを向けるべきです。自分に有利なことだけに囚われるのではなく、あえて不利を受け入れる選択肢の多さ、多さとはつまり自由を身に付けましょう。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
12月 2018
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC
1月 2019
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト