霊査事例: 2013年10月13日 大阪オフ会


以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。一般的な回答とは限りません。


事例 1

  • 『まだまだ世の中、捨てたものではありません。目も耳もしっかり開いておきましょう。』
  • 『いいか、悪いかを別にして、一生懸命なんです。だから、人は人、自分は自分。』
  • 『足腰は大切です。ゆっくりでいいから、面倒がらずに歩き続けましょう。』
  • 『愚痴も言わずに生きられる、て、素晴らしいことだと思います。』
  • 『春にまたお会いしましょう。』

事例 2

  • 『勝って驕れば、いずれは堕ちる(負ける)。勝ち続けることこそ難しい。まして大切なのは勝負ではなく、わが子のこと。それを忘れないように。
  • 『みんな、それぞれ自分なりに一生懸命なんです。(そこから)折り合いが生まれます。』
  • 『(やはり)win-winの関係を大切に。』
  • 『何がやりたいのか、目的を主張する。利害を説くのはあと。』・・・先に利害を説明すると相手の仕事を批判することになります。
  • 『仲間のために働く。争うのではなく、理解を得るために。過ちを正すのではなく、もう一つの答えを意識してもらう。良いことです。』

事例 3

  • 『変化に備えましょう。』・・・仕事の環境に変化が出るかも? いくつかのケースを想定して、いざというときに慌てない様にしましょう。
  • 『自分(個人)の幸せを大切に。』
  • 『チャンスはいたるところにあるのに、皆目をつけない。』
  • 『普段から背筋を伸ばさないと、座っているのが苦痛になります。(筋肉が衰えると腰痛になりやすい)若さに頼らない。』
  • 『防寒対策をしっかりと。無理せず、自分を大切に。』

事例 4

  • 『長い時間かかって、身体に染み付いた苦労は、そうそう抜けません。あわてずに自分の身体から抜けていくのを待ちましょう。』
  • 『とにかく笑う。雰囲気を変えるにはまず気持ちから。』
  • 『欲しい物は諦めない。』
  • 『言い掛かりを付けられて(精神的に疲労し) 欝気味? 良く(表に/外に)出るが良い。』
  • 『今まで、夢中で気づかなかった、味方は多くいます。そろそろ、見回してみましょう。』・・・活用してこなかったかも?

事例 5

  • 『お客様で終わるか、どうか、見られていることを忘れずに。スタンドプレーはせず。 着実に。』
  • 『頭ではなく腹で受け止める。ああする、こうすると考えるのではなく、必要なことを身体に覚えさせて、意識せずに働く。神経を高ぶらせないように。』
  • 『書道。墨で字を書く。良い精神統一になりますし、姿勢も良くなります。』
  • 『(書道は)我流で良いので、楽しく書く。良い趣味となります。』
  • 『姿勢、佇まい。あなたに必要なものです。良い時期です。』・・・変化を求めるのに良い時期です。

事例 6

  • 『目の付け所。 いくつも目を持っているけれど、(いま)大切なのは一つだけです。』・・・仕事の時の目、オフの目、家族への目。色々と目の付け所を使い分けていらっしゃいますが、時として、一番厳しい目を向けるべきことがあります。
  • 『勝ち負けではなく、許しあいなのです。他者(ひと)と利害が合うなんて幻想なのです。』・・・似たような利害の持ち主はいても、またク同じとは限りません。それを踏まえて対人関係を構築しましょう。
  • 『(天然に)ダイヤはカットされているわけではありません。原石を見分けられるように。』
  • 『来年、春頃から忙しくなります。空き時間を大切に。』
  • 『長旅は控えて、家事を十分に。』

事例 7

  • 『一番大切な者に遠慮するのを「他人行儀」と呼びます。』
  • 『許されることを、当たり前に想うのは、許しがたいことです。』
  • 『大切なものには気を配る。例えば呼吸は本能に任せない。』・・・意識して息を吐くことによって、気持ちを落ち着けたり、と、意識することによって効果を期待できることが多々あります。
  • 『良い悪いは、口にせず、何が出来るか、どうすれば出来るかを考えましょう。』・・・善悪を口にしてしまうと、話はそれで終わってしまいます。出来るだけ、口にせずに、善後策のみを話しましょう。
  • 『歩きましょう。』

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
6月 2019
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月 2019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト