霊査事例: 2013年4月13日 京都オフ会


以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例 1

  • 『いろいろやりたくても、ちょっと控えめに。引き際を確保して。』・・・しばらくはトラップに備えて逃げ口を確保してから足を踏み入れましょう。
  • 『意固地になるより、迂回してでも目的地を目指す。(あなたは)最後には勝つ。』・・・まっすぐ向かえば負ける・・・という意味ではありません。真正面から行って無駄に敵を作るな、の意味です。
  • 『ゆっくりと』・・・あなたの考えについてこれる人はあまりませんよ。もっとゆったりとしましょう。
  • 『たとえこじつけでも相手の長所を見つけられる人になりましょう。』
  • 『好き嫌い、清濁併せ呑む覚悟で人生を生きる。努力を続ける限り負けではありません。』

 

事例 2

  • 『胸の病』・・・恋の病の別称ですが、言いたいことが言えずにいると察しました。・・・『出しそびれると意味がありません。』
  • ちょろちょろと走り回る子供を追いかける母親の様子が(霊視)見えて、『才走っている』と聞こえます。・・・知恵や力で解決しなくても、運だけで解決する問題があるのでは?
  • あなたの事について、霊査が取りにくく感じるので、それを問うと、『悲しい思い出が胸に刻まれているからだ。』・・・と聞こえましたが、まあ、どうでもよいことかも。
  • 『首が弱くて、(それが原因で)偏頭痛が生じ、あなたが悲観的になります。』・・・肉体の影響って大きいのです。
  • 『タバコを吸う人には(己の体に)匂いが染み付くように、愚痴をこぼす人は不幸の雰囲気をまとうことになります。心清く生きるとは、愚痴を言わぬのではなく言わずに住むように気配りすることです。』・・・事が起こる前に対策しましょう。

 

事例 3

  • 『人生に痛みはありふれています。(傷つけることを)怖がらなくても良い。相手が馬鹿なら相手にしない。』
  • 龍が頭に乗っている姿が見えます。これは本当の龍が付いているというより、守っているご先祖様の信仰、または、霊統を表していると思います。
  • 『まず、揺るぎのない自分の幸せを作り上げて(後に)、人々にそれを分け与えましょう。』・・・自分を後回しにしないこと。
  • 『人の痛みがよく分かるとは、痛みに振り回される、ということです。(ならば)痛みにまさる価値を見つける。犠牲を払っても良い(犠牲に見合う)ものを見つけましょう。
  • 『答えは二択ではありません。うまくいかないのには訳があります。結果を論じるより(うまくいかない)理由を考えましょう。』
  • 『もっと欲をかいていいのです。欲は苦難を乗り越える一番のビタミン剤(エナジードリンク?)です。(そのエナジードリンクを)飲み過ぎず、でも使わないのはもったいない。』 『良いです。』

 

事例 4

  • 『目的と手段を分けて考える。手段は(実行が)大変でも、目的は着々と進んでいる。』
  • 『(この物件は)廃墟ではなく、抜け殻、です。見はなくても縁起がよい。』・・・家主が成功を収めたからこの物件があなたの役に立つのです。この物件を得てあなたが成功へと繋げられますように。
  • 』理屈を言わさない。』
  • 『人が大勢集まれば、家もまた元気になります。あわてない。(自分の人生を大切にしながら生きましょう 。)』
  • 『もしかすると、この家(物件)にかまけているから、家(家庭)が収まっているのかも?』
  • 『夢を持ち、社会にでる女性は美しい(凛々しい)もの。それだけでも得難いことなのに、(そのチャンスを軽んじて、伴う)苦労について愚痴は言わない。(愚痴は)シワを作る元です。』

 

事例 5

  • 『あなたにも正義が、相手にも正義が。大切なのは正義ではなく善き行いです。』
  • 『三次元戦だ!』・・・とんでも無い方向に解決策があるかも?
  • 『賛同を口にできない人はいるけれど、反対している人は少ない。』
  • 『(今までの)努力の配当を受け取る時期です。』
  • 『(あなたのやっていることは)要するに政治なんです。』

 

事例 6

  • 『理想に身体は追いつけません。』
  • 『(あなたの理想の)賛同者は少なくないが、多くもない。もっと間口を広く、理解者を増やすこと。』
  • 『(そもそも)現実が(あなたの理想に)追いついていません。』
  • 『今は(理想の実現より)出来ることを片付けておく。』・・・出来ないことを思い悩むより出来ることに集中しましょう。
  • 『すでに人の羨むことをやっているのです。結論を急ぐよりも長く花が咲くように生きましょう。』

 

事例 7

  • 『手を動かしても心は動かさない。』・・・たとえお子さんの世話をするのでも、「こんなに手間がかかるなら将来が心配!」等と考えませんように。
  • 『危険と不安は違います。』・・・有りもしないことに心揺るがさぬように。
  • 『(上記のことは)あなただってそうなのだから、他人なんてもっとよ。』
  • 『ご主人と同じお墓に入るでしょう。』・・・仲が良くて何よりです。
  • 『言葉ではなく結果です。』

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
8月 2019
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
9月 2019
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト