争いのデメリットを知っているか?

人間関係において、出会い・好かれることより、別れることのほうが難しいことは、往々忘れがちなことである。

出会いに期待を抱くことが、往々、眼を曇らせて人を見誤る。・・・その誤解の結果は、まさに自業自得、自身の弱点が眼前に顕現するようなものである。・・・うろたえ、冷静さを失ってはならない。

しかも悪縁は断ち難い。

私たちの人生において、知り合い、わずかでも共に時を過ごす人は地上70億の中のどれだけであるか? たとえば1万人もの友人を持つ人がいたとしても、その友人の数は地上全人口の70万分の1にすぎない。

つまりは、いかなる出会いも奇跡なのだから大切にしよう・・・ということである。そう納得できる人なら、この先を読む必要はない。

・・・・・・・・

まあ、出会いは良い縁ばかりでないのも事実。いや、むしろ、未熟なのが人の本質である以上、悪縁のほうが多くて当たり前だろう。いや、それは本当の悪縁なのか?

長らく友好を続けた相手と仲たがいをするのは、はたして、相手の非が見えてきたからか、はたまた、成長の差がそうさせているのか?・・・人々は、いつまでも良き関係を維持できるものだろうか?

未熟な人間同士が、影響を与えあう・・・切磋琢磨・・・常に正しく生きようとする人は決して少なくないが、知らずに罪を犯すものも決して少なくない。あなたのその判断は本当に正しいか? 今日は正しくとも、明日も正しいと信じられるか?

または。・・・嫌った相手に世話になる日が来ないと、あなたは信じられるのか?・・・そりゃよかった。

あなたが今、幸せであれば、本当の不幸に出会うまでに、無駄なエネルギーを使わずに済むから。なにしろ、味方を減らしたうえで取り組まねばならぬのである。少しでも力を温存するに越したことはない。

・・・・・・・・

おそらくは、あなたの好むと好まざるとに関わらず、いやおそらくは、あなたが好まぬがゆえに、あなたは大きく揺り動かされる。あなたの思惑を超えたところで。

あなたの思惑を超えたものをどう扱うか?・・・私が思うに、敬意を払い、大切に扱うべきではないか? さもなくば(大げさにいえば)問題を拗らせはしないか?

いやなもの、嫌いなものほど大切に扱ったほうが、結局は災難を最小に留めるのでは?

最小とはいえ、きっと耐え難い量であるとは思うけれど。

「好きになれ」とは言わないが、「嫌い」にならないように、平静を保つべきであろう。・・・自らの怒りに焼かれぬために。

・・・・・・・・

人には守りたいものもあれば、意地もある。・・・あなたが相手を打ちのめそうと思っても、なかなか思う結果が出ないものである。

仕組みを知っている人なら、じっくりと解決に取り組む。だが、感情的になった人は結果を焦って拗らせ・・・墓穴を掘る。

出来事はいずれ、倫理や正義に帰結しようが、不完全な人間社会に完成された答えは期待できない。結論は揺れ動き、あなたの掲げる正義が、あなた自身を責めることもある。

正義を急がず、結論は鷹揚に受け止める。・・・今の勝利よりも明日の勝利を大切に。・・・得なれぬものを追いかけるのは、地獄の責苦の一つであると知るべきである。正義が我が身にあろうとも我が魂が地獄にあって、何の正義だろう?

・・・・・・・・

他者と争うデメリットは、当事者には計り知れないほど大きい。

コメント / トラックバック 1 件

  1. 老神心霊研究所 » Blog Archive » 同床異夢 より:

    […] 関連事項: 争いのデメリットを知っているか? […]

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
9月 2017
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
10月 2017
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト