忙中小言有り

2007年03月13日


手持ちの書籍の整理に手間取って、メールの返事もサイトの更新も滞っています。お返事が出来ずに申し訳ありません。

・・・・・・・

心霊を学び、修養を積んでいれば経験することですが、心を開けば、答が飛び込んできます。……ところが、長らく放置された問題に対して心を開けば、パニックを起しかねぬほど大量の答が飛び込んできます。

無理に解決しようとせず、一つずつ片づけていけば必ず片付くものですが、あいにくと私も読書が好きなものですから、どうしても手が止ってしまいます。……霊感がなくても出来る仕事に懸命になるのは本末転倒の感がありますが。

というわけで、私の耳元に届いた小言(一部は私宛、または、出しそびれた返事用)を纏めてみました。


本は程々に。

『地上でどれほど本を集めてみようとも、死して霊界に入れば、それが実につまらぬコレクションであることに気がつく。時にも場所にも縛られないのが霊界である。その図書館の豊かさは、地上と比べるなら日光とロウソクの灯火の差ほどもある。

『なれば死者と知識の量を比べることに意義があるか? 地上には地上でしか出来ぬ事がある。……行為をおろそかにしてまで知るべき事があろうか?

『無駄とはいわぬ、だが極端に走らぬように。知と行いとを両立させなければ、成果は得られぬ。どちらが欠けても後悔を招くのだ。』

 

辛ければ手を弛める

『不平不満を心に溜めた、醜い自分に気がつきながら、愚痴は三度までなら許されると、改めようとしない。

『是非を問うのではない。だが、それであなたは幸せか?

『不平不満が生じるから醜いというのではない。不満を溜めたままでいるから醜いというのだ。それであなたは幸せか?

『真剣に生きるから、真面目に努力するから、あなたは周囲とぶつかり腹が立つ。車だって、自転車だって、歩行中だって……前の人よりも速く進めばぶつかることに気がつきそうなもの。

『心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。……それでもなお、気が焦るなら、何か他のことを始めなさい。』

 

焦るから苦しむ

『試して上手く行かないものを、焦ってはなおのこと上手く行くはずもない。焦っているなら他人の忠告も耳に入らず、冷静でいれば気がつくはずのミスも見逃す。

『どんな知識も、行なえなければ役に立たない。知識を役に立てられなければあなたは役立たずだ。知と行いのバランス。あなたに必要なのは行うことだ。

『だが行うと聞けば、直ちに頭と身体を動かし始める。どうやってやろうか……と……考えながらも身体が動いている。

『だが、どんな時でも、一呼吸、二呼吸するヒマぐらいはあるものだ。まずは深呼吸、ついで、よく事態を見極め、タイミングを計って動き出せ。

『失敗が多いから、評価を取り戻そうとしてなお焦る。そして焦るからまたしくじる。……だから、本当に問題なのは、あなたの失敗ではなく、あなたの焦りなのだ。

『人が人である限り、失敗を無くすことは出来ないし、過去の失敗は消すことが出来ない。だが、焦ることは減らせるはずだし、その努力には手が届くはずである』

 

不安とは

『人は未来を予測できても、全ての事態を予測は出来ない。なるほど、人が不安になる要素はいくらでもある。だが、思いつく限りの悪しき要因は、解決や回避の努力が出来よう。

『それでも不安が残るとしたら、何が悪いのか?

『悩んでも仕方のないことを悩み続けて、どうなるのか? 不安に身がすくんで難にはまりはしないか? 難を避けそびれはしないか? 不安が災難を呼んではいないか? 不安が悪霊を招いてはいないか? 不安が不安を集めていないか?

『……そんなことは百も承知というか? よろしい。つまりあなたは、なぜ不安になるかが分らぬということだ。ならばきっと、問題は外にある。

『霊障……あるかも知れぬ。だが地上でもっとも良く目にする不安性は……かんしゃく持ちの親に育てられた心の傷だ。

『それは自分の不安なのか? 自分が取り組むべき不安なのか? 不安を感じていてはいけないのか? 不安だっていい、諦めて前に進むなら。不安だっていい、とにかく前に進めるなら。不安だっていい、希望を捨てずにいられるなら。不安だっていい、心の清さを大切に出来るなら。

『自分の心とケンカをするな。黙って受け入れて前に進め。前に進めば自信が身に付き、自信があれば、不安は自ずと去っていくのだから。自信を育てずに不安だけを追い出そうとするから、挫折するのだ。』


コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
10月 2018
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
11月 2018
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト