霊査事例: 2012年1月14日 横浜オフ会


以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例 1

  • 『忙しい時ほど我を忘れず。』 ・・・その為には。『(優先順の)リスト作成を心がける。』
  • 『今年はもっと忙しくなります。』
  • 『忙中にヒマを求めるより、常に冷静であるように。』・・・ヒマを要求してもダメだそうです。

 

事例 2

  • 『出来ることを見つけて、手伝う。本当に忙しいのはこれからです。』 ・・・その為には。『(優先順の)リスト作成を心がける。』
  • 『動機にムラがあるのは、往々全てしくじる、の意です。』 ・・・どうでも良い時には不自由しない手伝いが、いざという時に全く得られなくなるとしたら、それは、己の幸運を過信していた、または、その程度の絆しか育てていなかったということです。
  • 『教え方も工夫しましょう。』
  • 『ゆとりがなくなると、仏の顔も遠くなり。』・・・何か、手を抜いていなかったかな?

 

事例 3

  • 『逃げるのも手。(その時は)逃げ遅れない。(でも)諦めないことも大切。大局をよく見て。』・・・無理に全てを背負い込む必要はありません。そういう時は逃げ遅れないように。一方。どんなに辛くても、逃げられないことがあります。その二つを間違わないように。
  • 『皆、仕方が無いことには気づいている。あとは(落とし所)話をする機会を作るだけ。』
  • 『腹に辛く力を入れ、上半身からは力を抜く。流されず、自由に動くために。』・・・軽やかに動かすべき部位と、しっかりとスべき部位があります。心にも同様です。
  • 『じたばたせずにいます。よろしい。』
  • 『(子供を抱っこするのは)舐めてかかると腰に来ます。』

 

事例 4

  • 『子育ては、楽しんで吉。』 ・・・この場合の吉、とは、悩んでも良いことはない、という意味のようです。
  • 『下半身を鍛える。よく歩き、階段を使う。』
  • まだ早いでしょうが。『ママ友を作る。』・・・慌てず、でも、心掛けておきましょう。忙しくなってから慌ててもうまくいきませんから。
  • 『(この子は)育てるのが案外楽です。』・・・まあ楽といっても、子育ては大変であることに変わりはないでしょうが。

 

事例 5

  • 『幸運まだ続く。貯金(種まき)を忘れない。』
  • 『(上記)幸運とは、(神様などから)与えられることではなく、暦の如きもの。』・・・天気の良い日は無駄にせず、布団を干す。
  • 『腹に力を』
  • 『水が流れるようにスムースでない事は、悩んでも解決しません。』

 

事例 6

  • 『(あなたは) 頭の重い人です。軽やかに頭をつかうこと。』 ・・・難しく考えないように。答えのでないことは、考えても仕方がありませんし。
  • 『悩まなくても、うまく行きます。』
  • 『何事もなかったかのように、我が物顔で帰ってくる。「四の五の言わない。」』
  • 『(例えば)天気のことはめぐり合わせです。理由は思わぬが吉。』・・・真相は知らぬが仏、ほうっておけば、見えない所で片付いている・・・・と、あとから補足。

 

事例 7

  • 会話をコミュニケーションと思わず・・・確かに、話しても仕方ないことも多いですし、言っていることと本音が異なることも多いもの。
  • 『理解してもらえないのは、動機が複雑だから。』
  • 『去らぬ嵐はありません。』
  • 『世の中、こんなものです。考えても始まりません。』

 

事例 8

  • 『特殊事例は重視せず。』
  • 『教科書的な結論は、グジョグジョな迷走の先に至ったものです。綺麗事だけではたどり着けません。』
  • 『色々話はあるが、ほどほどに付き合う。(本命は)実家にたずねよ。』
  • 『料理の2つや3つぐらい・・・』

 

事例 9

  • 『事の前後。 なぜそうなったのか、(放っておけば)どこに向かうのか。』 ・・・物事には動きがあります。その動きを利用して、思う形にほんの少しだけ動かせば良いのです。
  • 『役職と人望も求めるのではなく、それにふさわしい人であろうとすることで得られます。進んで求めて焼け石を拾わないように。』
  • 『なかったものと思ってい冷静に。うまい話には裏がある。』
  • 『目上の悩み事には手を出さない。』・・・何か、周囲でまずいことが進行していませんか? 暴こうとせず、巻き込まれないように注意深くありましょう。

 

事例 10

  • 『流しこむのではなく、流れこむように (仕掛ける。)(この2つは)大きく違います。』 ・・・相手を動かすのではなく、自らがそう動くようにするのです。
  • 『祖先に手伝わす、抱え込まない。』
  • 姉御肌風の女性ノ姿が見えて、こう言います。 『昔は給料が入ると、まず神棚に上げたもの。悪いことばかりではなく、良いことも神様に「お願い」(お祈りか?)することです。』・・・「お願い」と聞こえたのですが、これ、一般的な意味のお願いと、ニュアンスが異なります。要は、「良い事は悪転しないように」とか、「悪いことは、良い結果に至るための過程でありますように」という具合に、いわば、正しい信仰的生活の意味のようです。
  • 高望みしなければ、なるようになる。』

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
12月 2019
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC
1月 2020
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト