霊格

2006年12月26日


発作的な霊感は誰でも受け止め得る。ただ、霊感を自覚し、また信じるべきものを信じ、拒絶するべきものを拒絶するかどうかが問題だ。

ある者は霊感を「動機」と受け止め、またある者は、誘惑を霊感と受け止める。……善悪の見境なしに。

私は人としての欲望を否定しない。ただ、「弁《わきま》えるべきだ」と主張する。他人を傷つけることはいずれ我が身に返ってくる。人を喜ばすことも、いずれは我が歓びとなって返ってくる。……皆が幸せになるように努力することが結局は自分の幸せなのだ、と。

だからこそ、人は善悪を見極めるべきだ。または、可・不可の区別をするべきだ。または、良い結果を求めて不幸になるような愚行を慎むべきだ。

弁えてこそ、良い霊感を受け止められる。問題は能力ではなく、どこに視点を向けるか……精神性の問題なのである。


興味本位の話題だけで、真の友情が育つだろうか?……利害が合わなければ「さようなら」 逆にいえば、そこに利が有れば、「相手の迷惑顧みず」……それもまた精神性の問題だ。

この二つの精神性の問題は、つまりレベルの問題なのだ。もしくは霊格。


コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
12月 2019
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC
1月 2020
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト