時事雑感。

2006年10月13日


最近の報道を見てナンセンスと思う事。

1、日本の外交情報

無論、一市民よりも多くの事柄を知っているだろう。だが、敵国の敵対行為よりも、同盟国の裏切り行為のほうがよほど国益を損なう。日本が一番に知るべき相手は、北朝鮮でなく米国なのだけど、……その辺がなんとも友好関係に依存している。

ああ……この国って、底抜けに平和な国だ。わずか百年もさかのぼれば飢狼のような歴史があるのに。私は結構、日本嫌い、特に日本の指導霊団嫌いだけど、この日本人の後生楽さだけは、損得抜き、理屈抜きで本当に好きだ。

つーか。だれだ、この後生楽な日本人をダメにした奴らは。

 

2、太陽政策(対北朝鮮)

……わがままお坊ちゃま相手に、厚遇して懐柔しようなんて、貧乏人が金持ちを接待するような甘い考えだ。相手が喜ぶだろうと思ったら大間違い、貧乏趣味が小ざかしいと、鼻でせせら笑われるに決まっているだろう。

困っている国民に援助する……で、感謝されるなんて民主主義国の幻想。隣国では犬馬よりも卑しい貧民の飼葉の世話でしかない。あれば便利……それだけのことだ。だって、他者はすべからく搾取の対象なのだから。

太陽政策は日本のものではないが、この感覚のおかしさは日韓共通ではないか?

政治家の生活感覚というのは何で、一般を馬鹿にし、金持ちから馬鹿にされるような中途半端なものなのか?……まじめに霊査を取ってしまったら、まじめに返事が返ってきた。

『あくまで一般論だが……庶民に同情していたら神経が持たない。本当に豊かなら、政治家にならないか、政治家になれない。』

……ついでにボソッと小声で指摘された。

『あれは稀有だぞ、優柔不断で、昼行灯にも見えるが、ちゃんと同情し、ちゃんと主張する。』……どこぞの国の総理大臣のことらしい。ひとかどの霊からほめ言葉を聴いたのは、小渕首相の「あれは、朝晩神仏に祈っている」という言葉以来だ。


コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
12月 2019
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC
1月 2020
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト