墓地を選ぶには?

 その昔、知人の親族の葬式からしばらくして、故人が影に追われている姿を霊視させられたことがある。
「早くお墓を立ててくれないと、逃げこむところがない!!」と叫んでいる。
『こりゃ大変だ! 助けてあげなきゃ!』と思ったとたん、いわゆる龍神(白っぽい格好の老人姿)が、視界を遮った。
『あれは生前、人付き合いが剣呑だった反動である。やたらに人に怒りを投げつけてきたから、今その「怒り」が我が身を追いかけているのだ。墓などあっても助かるわけでなし。いずれは落ち着くだろうから、放っておいて良い。』という。
 まあ、いくら便利な世の中とはいえ、コンビニ等では未だお墓は買えないし、安い買い物ではないし、買ったところですぐに役立つものでもない。
 知人を急かしてどうなる物でもないだろうし、霊感商法と誤解されても面倒である。
 というわけで放っておいたが、その後どうしたか、私は見ていない。


 その事があって、私は、我が親をそそのかして生前に自分の墓を買わせた。自分で買った墓だから、場所が悪いとか、方向が悪いとかいう苦情は一切受けない。死んでから文句を言っても知ったことじゃない。
 墓に立つのは公園墓地のちんまりした墓石であるが、私は結構気に入っていて、自分が入るにしても好都合に思っている。霊能者・心霊家が豪盛な墓に眠るなんて、人は知らず、私には恥ずかしくて出来ないと思うからだ。
 要は、縁者が訪ねて、額づくだけの場所があれば良い。・・・思い出すことで波長が合い、通信が成立するならなお良い。とはいえ、場所や道具に大きく依存するのもナンセンスだ。・・・これで充分である。


 東京オフ会にて、「義母(から)の供養」に関する霊査が出た。
 ちょっと脱線すると、わが師も精神統一の指導を受けていた頃に、お姑さんの小言を頂いたことがあるという。なぜ我が子に言わず、嫁に言うのかは心霊的問題というより、女性心理の問題であろう。はたまた家庭内権力の問題か、夫婦間の実行力の差か。・・・は、当事者に考えてもらうことにする。
 私が、「心霊勉強しているのに、よく、墓を後回しにするねぇ。」と、いささか皮肉をいえば、当然、どうすべきか、という質問がある。だが私は間に入るだけのことだから、どんな質問にも動じることはない。まあ、答えられるとは限らないけれど。
 で、得た霊査は、『大阪』『都内』『東の方角』『◯◯(そりゃ西だろう!?)』『どうせ三年もすれば向上して墓なんていらなくなる』『デカイ墓』『小さい墓』・・・「いい加減にしてくれ。結論だけでいいってば!
 というわけで、解答は棚上げ。というか、故人の遺志なんてどうでもいいから、夫婦で勝手に決めてくれ。というのが私の結論。

 それではだいぶ乱暴なので、もうちょっと分析すると、(たいていの)故人はおそらく、墓を建てることに過大な期待がある。自分の死後の境涯の低さ、また、その境涯の環境の悪さを、墓や先祖供養の有無・多少のせいと穿っているのだろう。
 また、一部の故人は、墓や先祖供養による利益を感じていないがために、意義を過小評価している。でも、墓が無いと家族の座りが悪いものだが・・・一方、墓があっても座りの悪い家はあるし。

 墓に期待しない故人(霊)であれば口出しせず、墓に期待する故人(霊)は、それぞれ言いたいことを言う。であれば、話がまとまらないのはむしろ自然である。ならばいっそ、建ててしまえば文句も言われまい、と思う。
 思いつきや好き嫌い以外の、いわゆる「道理ある霊査」が降りればそれなりに伝えもするけれど、現状は無意味に近い。というか、今回、一番高位な霊からの霊査が、そもそも、「勝手に買え」というものであるけれど。


 あえていえば、墓を買うなら、霊の加護を求めるよりも、家が収まるように買え、ということだとおもう。収まる家だから霊の加護があるのであって、霊の加護があるから家が収まるというのは、往々、やむを得ないが、本来は本末転倒なんだよね。

 どうも、皆、器を用意せずに、中身を得ることばかりを願っているように感じる。真空パック入の幸福では、さすがに味気なくはなかろうか。


 もとより、このご時世、墓地を選り好みするのは、かなり恵まれた人だけではないか? ならば答えなんて初めから決まっている。

 良いところが得られるように祈って、あとは努力するだけであろう。

コメント / トラックバック 1 件

  1. 老神心霊研究所(7) » Blog Archive » 墓上結婚(?) より:

    […] 関連記事: 墓地を選ぶには? […]

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
6月 2019
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月 2019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト