霊査事例: 2010年9月18日(東京)


 以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての代表的な霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。  以下に紹介するのは、精神統一の練習中に得た、参加者・個人あての霊査です。当然、対象となる相手によって正反対の霊査も出てくる事でしょう。


事例1

  • 『頭寒足熱。とはいえ、難しいのも事実です。』…冷房で身体を冷やしすぎるのは避けがたいものですからね。
  • 「考えすぎ」が、精神統一の妨げです。
  • 『ジタバタするな』『早め早めに調査して』『政治が不安定なときには不用意に動くな』『目の付け所がつまらない』・・・アイデア倒れ?
  • 『調子に乗るから引くに引けない。』
  • 義母様の顔が見えて、なにやら苦しそうにされているのが見えました。と、その時、あなたも苦しそうに見えたのですが、供養がうまくいっていないのかも。『仏壇前で般若心経でも上げれば』と聞こえましたが、仏壇も無いでしょうし、下手に自宅で読経すれば供養を上げてもらいたい霊が集まりそうなもので、なにやら矛盾を感じますが。
  • 『落ち着きなさい.忘れているのはそれだけですか? 死人は役立たずに非ず、あなた方が重荷に思っているだけです.。』『先が見えぬ、というのは怠慢です.そこ(場所・土地)を好きにならずして、誰が、(土地から)愛されましょう?』『まず墓を立てて、そこをふるさとと思うことです.女が実家にこだわるのは不幸の先駆けです.。(己の境涯を)変化せずにどこに行く(境涯)というのです?』
  • 『幸せは、変わらぬ努力を好みます。急がぬこと、慌てぬこと。他者の意見よりも二人で良く話し合い、夫の顔を立てること。特にあなたは引込みのつかない性格ですから、夫を立てるのが幸福の鍵です。考えすぎるからチャンスを失います。ゆっくりと。おおらかに。』

 

事例2

  • 『「してやったり!」と思うのは良いのですが、身体に無理があるのを忘れないように。』 ――お仕事がうまく行ったようで何よりですが、お疲れのようです。よく身体を休めるように致しましょう。とはいえ、動きすぎではなく、動かないので疲れているのですから、身体を動かすことが大切なわけですが。
  • 「もっと高いところに合わせて」 自己肯定の念よりも、少し上に気持ちをあわせて精神統一しましょう。
  • 『今更言うな』『先読みをせよ』『何%かでも社会投資』『がっつかなくても大丈夫』『仕事に勝る投資なし』
  • 『はっきり言うことです。ズルズルと言わずに於けば、それはつまりどうでも良いと見做されます。つまり意見を言わない人はどうでも良い人です。自分で自分を貶めておいて、誰かが大切にしてくれましょう? 自らが大切にせぬなら、誰が大切にするのか? それがつまり衰退の始まりです。目に見えぬものを侮らぬことです.』
  • 『よく学び、良く遊び、充実した日々を送られています。でも、足元を救われないように。油断は眼を逸らした時から始まります。』

事例3

  • 『身体に気が満ちており良い。ただし、気は道具で満ちるのではなく、気持ちで満ちるものなり。』
  • 「神」を持つことが大切です。・・・自らを委ねるものがないと人は弱いものですよ。
  • 『良い仕事をしている』『(悩む人の悩みを)被らぬように』『大切な仕事です』
  • 『不平は聞かぬ、不満は己が足りぬゆえ。なぜ足りぬかに気付かぬがゆえ.』
  • 最初に、気が満ちていて、良い。と伝えたら、その後、ガックリと気が抜けていたのは、思うことがあるのですよね? でも、今は時期でないから我慢が必要です。
  • 『幸福は自ら掴み取らねばなりません.あなたは遠回りをしすぎました。座してチャンスは来ないものです。 不満に思うことは、己が足りぬと思うことです。人は足りぬから努力するのに。足りぬなら、足すための努力を。足りぬことこそ喜びと信じることです。 あなたは決して不幸になりません。』
  • 『「疲労」ですか? 判り合えないのは確かに辛いものです。でも相手を理解しないのはあなたも同じ。通じぬ思いで息詰まる。それは人として不自然な生き方ですから、いずれ転職が必要となります。とはいえ、経歴以外にも以て会社を出るように致しましょう。』

 

タグ:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
6月 2019
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月 2019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト