どうしたらよく生きられるか

 どうしたらよく生きられるか・・・と、日々、考えている人は多い。

 社会のため、もっと身近な者のために、何か役立つことをしたいと願う人は、多いのである。(社会を不安に陥れるのはごく僅かな悪意で事足りるのだが)

 あなただけが善良ではないし、往々、善の解釈の違いを論点に、善人同士が闘うことも決して少なくない。・・・「善を口実に争うなど、善人の為すことでない」と言われようが、未熟や不完全を理由に人を裁けば、天上天下に罪なき人は無くなる。

 人は善良であろうと苦悩し、苦悩するが故に何かを壊す。・・・ある意味、人間社会にとって不幸なのは、その根底に愛なき憎しみが無いことであろう。悪人ですら愛を求める。時折、愛する対象を間違った者があっても、極端には、自分以外のすべてを憎んでいても、他を憎むが故にむしろ己を愛すものだ。 愛憎は表裏一体。それが自我の本質であって、自・他の区別のあれば、そこに愛なくして残るものはないのだ。

 すなわち、世に愛なき人はなく、ただ、その心が素直か、または捻くれているかの差があるだけである。・・・もしくは、より大きな愛を求めていることにおいて、社会の法に反した罪人、社会倫理を犯した者とて決して人後に落ちない、いやそれどころか、なりふり構わぬ真摯さは、世間でいうところの善人以上かもしれない。

 その事を知る者であれば、「汝の敵を許せ!」ということが無理なく判るはずである。すなわち、善悪では人を裁けないのである。が、行いは結果に至る。善因善果・悪因悪果。つまり、許すことと野放図にするのとは異なるのも道理であろう。

 我々は、裁かれぬ罪と自らを救えぬ未熟さの間に生きている。・・・その間に立った人はどう生きるべきか?

 

 どうしたらよく生きられるか・・・と、日々、考えている人は多い。

 が、どちらに進もうが、人は面倒事に巻き込まれはしないか?・・・どちらに進もうとも、臨機応変、時と場合に応じた対処が求められる。もしくは、求められないはずが無い。むしろ往々、人は面倒事に巻き込まれるために生きているように錯覚することもあろう。

 いや、仮に無事な道が判るとして、人はそうそう自由に歩んでいけるものだろうか?

 人は結局、与えられた道の中で、最善をつくすことしか出来ないのである。

 にも関わらず、

 

 どうしたらよく生きられるか・・・と、日々、考えている人は多い。

 さて、あなたに必要なのは新たな進路であるか、それとも、今の道を歩み通せる自信であるか。

 または・・・踏み外した道を、後戻りする勇気か。・・・その全てを見極めるために、立ち止まり、己の未熟さを省みる大いなる勇気か。

 

 どうしたらよく生きられるか・・・と、日々、考えている人は多い。

 よく生きようとして・・・誰かを愛して、誰かに愛されたくて・・・あなたの生きている道は、素直な道か、醜く捻くれた道か。

 

 どうしたらよく生きられるか・・・と、日々、考えている人は多い。

 その想いは果たして善良な心の表れか。それとも、未熟であさましい自分の本性からの逃避か。

 その想いは果たして素直なものか、捻くれたものかどちらだろう?

 つまるところ、あなたが今、歩む道に正否があるのか、歩むあなたに正否があるのか。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
6月 2019
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月 2019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト