無宗教で、霊感が無い

2005年 07月 29日


 時折、応援メールをいただきます。――誠にありがたい。と思います。しかし、そのメールには大抵「霊感はありませんが……」という一文が入っているのです。

 でも、霊感てなんでしょう――死者の姿を見たり、死者の声を聞いたりすることが霊感なのでしょうか? それが人生において大切なことでしょうか?

霊感

 地上において、人生の中で善悪を考え、善を心がけて生きようとするのは人間だけ……全部の人間ではないにしろ……です。

 死者を悼み、見えざる監視者を恐れ、為すべき事、為してはならぬ事、善きものと、悪しきものを判断する。……ちなみに仏教でいう、畜生道とは、恩知らずの境涯だそうです……獣たちは自分が必要とするものがあれば、それが誰の物かなど頓着せずにそれを利用しますが、人と獣を分けるのは、火や道具を使うという特徴(カラスは火を利用するという)ではなく、善悪観念の有無でありましょう。

 その、善悪を分別する心の働き……人間の知性の最重要な部分を指して、霊性と呼ぶのですが、すると端的にいって、人と獣を分けるのは霊性の有無ということが出来ましょう。(では具体的に霊性とはどういう働きをするのか…… というのは別な話題といたします)
 そして、 近代心霊思想は、霊界通信を元に、人生の目的と意義は「霊性向上」にあるといいます。

 霊界通信……霊感を通じてもたらされる、死者の視点、死者の叡智の言葉。

 「霊感」を通じてもたらされる人生の目的が「霊性向上」であるとしたら……

 善きものを探す努力こそが霊性の表われ、その霊性の働きを助ける能力こそが、真の意味において「霊感」と呼ばれる能力というべきでしょう。
……死者の姿を見たり、声を聞いたりといったものは、霊感の持つ副作用の過ぎません。まして、正しき行い(単なる法令への追従ではなく)を為すならば、良き結果が待っているのは当然のことではありませんか。ならば予知能力すら、霊感の持つ一つの副作用でしかありません。

「私には霊感はありませんが……」――そうなのでしょうか?
 死者の姿を見たり、死者の声を聞いたりすることなく、正しいもの、善いものを探す努力が続けられるのであれば、それは副作用を受けずに、真の霊感を働かせているということではありますまいか?

 むしろ、善悪を知る以外の使い道に霊感を用いているのは、副作用だけを尊ぶ薬物中毒のようなものと私には思えます。

「霊感があって辛い」――という話を良く聞きます。果たして私もそういう状況の卒業者であります。確かに四六時中、誰かの声を聞いたり、思念を邪魔されたりするのはうざったいし、疲れます。疲労が溜まれば辛くもなります。
 ですがそれは、霊感の真の効果なのでしょうか? 私は、霊感のもたらす真の作用……己を善に導く……を利用せずに、ただ副作用だけが身体に影響を与えているのだと考えます。

宗教は真理の門

 私は、特定の宗教・宗派に拘らぬ普遍的な智慧の学習を目指しています。その智慧を一言で表すならば、「摂理」、または「真理」となります。ですから、特定の宗教宗派のみに伝わる真理があるとしたら、それは真理の定義から外れる事となります。その意味において、「この宗教・宗派でなければ……」という主張は、熱心さの現われとして理解できるとしても、論理的には矛盾があります。

 そもそも、人の数だけ信じるものがあり、考え方・思想があります。しかし、その目的とするものがただ一つの真理であるなら、多くの宗教・宗派とは個人が目指すべきゴールではなく、単なる入り口にしか過ぎない、ということになります。……スピリチュアリズムや神霊・心霊主義ですら、最近できた入口の一つに過ぎぬでしょう。

結論: 無宗教で霊感が無いということは……

 さて、応援メールの中には、「無宗教ですが……」という一文が付け加えられている事も多いものですが、宗教が真理の入り口であると考えるなら、無宗教にも二通りあると考えられます。

 一つは、すべての宗教を否定する考え。

 もう一つは特定の宗教に拘らぬ考え。

 さらに真の霊感が、善を見抜く力であり、世俗的にいわれる霊感が、その副作用に過ぎぬとしたら……

 無宗教で霊感が無いというのは、むしろ、宗教・霊感に拘りや偏りが無いと考えるべきではありますまいか。

 特定の宗教を信じ、また、強い霊感を持って霊信を受け取れるような人の歩みは一見早いようでいて、どうも偏りが生じやすいものです。ならば、拘りや偏りがないというのは、一見歩みが遅くても、また、条件が悪いように見えても、それこそが王道と呼ぶべきです。なにしろ、真っ直ぐな道よりも短い道など有りはしないのですから。


タグ:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
6月 2019
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月 2019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト