心の翼、地獄へ

2005年 02月 15日


 理想がなければ人生は味気ない。だが地に足のつかぬ理想、現実との接点がない理想は妄想とどう違うのだろう? 美しくも無意味な理想を抱いて、魂はどこに行くのだろう? 理想に見合った高みに登るのか……それとも、上も下も分からぬ迷宮で惰眠に似た満足を味わうのか?

 肉体を酷使して山に登るのは辛い。だが、空想の中ではどんな高い山でもひとっ飛びだ。それどころか月だろうが火星だろうが行けぬ所はない。心の翼はなんと自由なのだろう!? だが、これが理想の怖さだ。――あなたの理想は、果たして現実の役に立つのか? 役に立たぬのであれば、心の翼は地獄にしかあなたを運べない。

 霊界通信は語る。すべての創造力は霊界から流れ込む。と。だが、霊界起因のインスピレーションのすべてが現実の役に立つのだろうか? もしも役に立つのであれば、霊感の持ち主の社会的地位はもっと高いことだろう。

 すべての魂は、平等に試練に出会う。何を信じ、何を信じないのか。それは試練……というより遙かに試験《テスト》に近い。

 受かって当たり前……そして落ちたら悲惨なのだ。


コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

お知らせBy老神いさお。

・スマートホン
iPhone/Androidで閲覧時に、最適化したページが表示出来るようになりました。よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。

・サイト再構築中
移行途中のデータが時折、トップページに掲載されますが、編集作業の都合ですので、今しばらくご容赦ください。旧作については、本文右上に日付が記載されます。

・ページ更新
 現在:1056㌻
 復旧予定: 残り480㌻位・・・

老研カレンダー
6月 2019
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月 2019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
老研イベントリスト
  • No events.
みにみにぶろぐ
  • ・原発全廃
  • ・その後悔の帳尻が合う生き方をしているか?
  • ・我が国だけが原子力を全廃しても、隣国が原子力発電を推進すれば、危険性は無くならない。
  • ・生きるとは生むことである。
  • ・いろいろなる不平不満はあるだろう。だが人は歩んでいる。
  • ・与えられる事を当たり前に思っている者が飢える。
  • ・なぜ、争うのだろう? 事態はただ現実への妥協を求めているだけなのに。
  • ・ 見せられると信じたくなる
  • ・豊かな者は足りぬものに気が付かず、知りたる者は、知らざることに気が付かぬ。……
  • ・ 心に不満が生じるのは、あなたが焦っている証。もう少しゆっくりと生きなさい。

More »

サイト内検索
アーカイブ
サブ・サイト